Eur-Asia

西洋と東洋の融合をテーマとした美術展「ユーラシア(Eur-Asia)」の開催を夢見る、キュレーター渡辺真也によるブログ。

7月16日(月)のつぶやき

2012-07-17 01:19:16 | Weblog
16:30 RT from web  [ 566 RT ]
政府の意見聴取会がひどい。東北電力幹部に意見を言わせたのは、その象徴だけど、最初から3つの選択肢しかないのがおかしい。さらに、各選択肢ごとに三人ずつというのもおかしい。これでは、3つが並んで、じゃあ、真ん中にということになるに決まっている。
古賀茂明さんのツイート

16:30 RT from web  [ 912 RT ]
今すぐゼロという選択肢がないのはなぜでしょう?1.今すぐゼロ、2. 2020年ゼロ、3. 2030年ゼロ、4. 同15%、5. 同20~25%という五択のアンケート調査やったらどうでしょう?政府とは全く違う結果が出ると思います。いかに政府のやり方が恣意的かよくわかるでしょう。
古賀茂明さんのツイート

16:33 RT from web  [ 4 RT ]
田中辰明『ブルーノ・タウト』中公新書、読了。ナチの迫害を避けて来日、日本の美を「再発見」し、その後、トルコへ渡る--政治に翻弄されつつも常に前進する「色彩の建築家」の初の本格的評伝。著者自身が建築家で「現存するほぼすべての作品を訪れた」というから、作品と人物を丁寧に繋いでいる。
氏家法雄さんのツイート

16:34 RT from web  [ 774 RT ]
17万人集会の空撮。本紙チャーターヘリコプターより。 pic.twitter.com/fZpGOuol
こちら赤旗日曜版さんのツイート

16:49 RT from web  [ 481 RT ]
宮台真司 @miyadai さんによる「マル激・原発篇」のあとがき。めちゃくちゃ濃い論考。いろいろしっくり来た。賛否両論の論議を起こす意味も含めて必読だと思います。http://p.tl/L8eK
津田大介さんのツイート

16:50 from web  [ 5 RT ]
国民の幸福度を上げることと、エネルギー消費量を下げることは、矛盾しないと思う。問題は、そのビジョンをどう打ち立てるかだ。

16:51 RT from web  [ 584 RT ]
いじめは減らせます。自動車教習所がわかりやすい。(1)教科を自己選択制にし、(2)クラス制度を廃止することでいじめてる暇が無くなる。10年以上前から宮台氏が言っているのに着手せずいじめを温存し続ける。いじめ問題の本質は「システム依存問題」です。
さかもとさんのツイート

16:51 RT from web  [ 98 RT ]
内藤⑪宮台真司さんも批判する「みんな仲良し」教育の問題は本質的には同調圧力をかける事で精神的な奴隷化を進めることだ。しかし学校社会の構造の中にいる人間はこれが素晴らしい目標だと思っている。むしろそれに従わない人間が反社会的で秩序を乱す人間だと思っている。この意識を変えるのは難しい
木下秀明さんのツイート

19:21 RT from web  [ 6 RT ]
木村敏:臨床哲学講義 amazon.co.jp/gp/product/442… 読了。取り敢えず、感想は後回しにして興味深かったところを抜粋。「自閉症とかアスペルガー症候群とか、そういった発達障害は、根本のところで統合失調症と根を等しくしていると考えています。…
schizoophrenieさんのツイート

19:21 RT from web  [ 3 RT ]
…症状や発現形態はもちろん違っていますけれども、「自己」というものが生物学的な「個体」にとどまっていて、個人的・人格的・人称的な意味での自己つまりPersonになりきっていないという点が、その根本のところで共通しているからです」(59頁)
schizoophrenieさんのツイート

19:22 RT from web  [ 4 RT ]
「メランコリー親和型の人が〔下田の執着性格の記載にあるように〕「甚だ厄介な人物」や「紛争者」になることはまず絶対にありえません。テレンバハはむしろ、メランコリー親和型の人は自分が引き下がることで紛争を避けたがる、と言っています」(137頁)
schizoophrenieさんのツイート

19:22 RT from web  [ 4 RT ]
後者の引用は、メランコリー親和型のガラパゴス化の極北として捉えるべきであって、フロイト郵便さんの次の記事などをご参照いただきたいのだが→ bit.ly/A2oG7A 、テレンバッハがうつ病者が「几帳面」だというときに使っている形容詞penibleは、
schizoophrenieさんのツイート

19:22 RT from web  [ 4 RT ]
本来、「(過度に)きちょうめんな、厄介な」という意味を持つ形容詞であって、これを良い性格であると捉えているのはかなりガラパゴスな事態であるとおもわれるのだが、木村自身がそれを追認していることの証言となろう。
schizoophrenieさんのツイート

19:23 RT from web  [ 8 RT ]
ちなみに、メランコリー親和型については最近議論が活発化してきているようで、児童精神医学会では「メランコリー親和型は空気が読めない発達障害」説が出てきているそうだし、ラカン派では仕事への過剰同一化という点から普通精神病psychose ordinaireの一形態とする論者もいる。
schizoophrenieさんのツイート

19:23 RT from web  [ 3 RT ]
再掲ですが、メランコリー親和型の国粋主義化とすらいえるガラパゴス化については、最近でた次の論考は必見です。 →清水光恵:本邦におけるメランコリー親和型をめぐる学説の変遷―日本文化論との結びつきから―.『精神医学史研究』 Vol.16 jshp.blog20.fc2.com/blog-entry-75.…
schizoophrenieさんのツイート

19:24 RT from web  [ 4 RT ]
「皇室芸術はお茶の流れを取り入れて、桂離宮に到達し、将軍芸術は秀吉の豪華絢爛を経て、日光東照宮にたどり着く。これはキッチュ(いかもの)」と指摘してますね RT @ya039_kiyoshi: ブルーノ・タウトは京都の桂離宮を見て、その美しさに涙を流した。RT 『ブルーノ・タウト』
氏家法雄さんのツイート

by curatorshinya on Twitter
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(日)のつぶやき | トップ | 7月17日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。