goo

アース切断 - 電源タップ


 ネットワークオーディオを楽しむためになにか書き忘れたことがあるのではないかと、頭の中でモヤモヤしていましたが、ようやく思い出した。電源タップ内部のアース。オーディオ専用と言われる電源タップの多くが3Pプラグ専用となっていて、タップ内部で、アースがすべて結合されている。これがSTPケーブルなどのアース付きLANケーブルを使用する場合は、アースループを引き起こし、ノイズ混入や音質を悪くするなどの原因を作ります。電源のコンセントでアースが切れていれば安心というわけではなく、タップの内部で写真のようなアースケーブルで機器同士がつながり、アースループを作ってしまうのである。オーディオ専用のアース環境のある一軒家ならいいが、アースがとれない集合住宅でSTPのLANケーブルなどを使ってネットワークオーディオを楽しみたい場合は、3P電源タップのアースを切る必要があります。画像はオヤイデの電源タップに入っているアース線。クオリティ高いですね。しかも切断するのではなく、ネジで脱着できるようになっています。さすがは「オヤイデ」。



電源タップを開けなくても、3P→2P変換プラグを使えば、簡単にアースを切ることができます。写真の変換プラグはオーディオ用としてロジウムメッキ処理されているとはいえ、このようなモノを介して電源を通せば、音質は間違いなく落ちます。良い電源ケーブルやプラグを使ってその効果を出したい場合は、上記のようにタップ内部のアースを切ることで、音質が保たれます。



画像はオヤイデの電源タップ。上記のとおり、内部アースを切ることで3Pでもアースはつながりません。しっかりプラグがタップに固定されることで、音の滲みなどを軽減することができます。もうひとつは、電源ケーブルを自作する方は、インレットプラグとケーブルを繋ぐ際、アースを切る方法がある。この場合は作ったとき「アースあり」か「アース切」のケーブルなどを区別するために印などをつける必要がありますね。あと複数の電源プラグを持つクリーン電源を使う場合は、内部でアース同士が繋がっていて、頼りのクリーン電源自体がアースループ(ノイズ)の原因となったりしますので注意が必要です。笑
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« KANDACE SPRIN... 秋の一日 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。