ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本インターネット大賞2011・日本映画部門

2012-01-10 23:35:51 | 映画
さて、締切ぎりぎりになってしまいましたが、
昨年の邦画、思いっきり個人的なベストを。
29本か~・・・減ったのは否めないけどこのなかから
選ぶとします。



[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

-----------------------------------------------------------------

『 日本映画用投票フォーマット 』

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「 エンディングノート          」 10   点
  「 薔薇とサムライ          」   5 点
  「プリンセス・トヨトミ           」  5  点
  「 もののけ島のナキ          」  5  点
  「 管制塔          」  5  点
  
【コメント】
ホントは、阪急電車とかまほろ駅前多田便利軒とか
  ツレうつ、奇跡、まだまだ入れたいものがあったんですが、
  この5本は譲れませんでした。特にエンディングノートは。
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [砂田麻美 ] (「エンディング・ノート 」)
【コメント】
   人によっては、こういうフィルムは
   家族だけで見るものだときっと言うだろう。
   でも、誰にも訪れる死は決して他人ごとではなく
   この映画を見ることでたとえば、
   親に電話したくなった、
   そんなきっかけになればいいと思う。
   誰もがいつかはおくる、おくられる立場に
   なってしまうのだから

【主演男優賞】
   [砂田知昭 ] (「エンディング・ノート」)
【コメント】
   彼は役者じゃない、でも、
   レビューでも書いたんですが
   まるで誰かに見られることを想定しているかのように
   カメラに映ってた。
   娘さんの第1作目の長編映画の主人公は
   それがドキュメンタリーであるだけに
   これは役者の演技以上のものをもって
   みる人に語りかけてる
   そんな気がしました。


【主演女優賞】
   [宮崎あおい ] (「ツレがうつになりまして」)
【コメント】
   「神様のカルテ」は
    どっちかいうと助演女優かな。
   可愛く、強く、でも正直な感情も見せる奥さん
   とてもよかったです。


【助演男優賞】
   [松田龍平] (「まほろ駅多田便利軒」「探偵はBARにいる」)
【コメント】
   「アヒルと鴨のコインロッカー」の時もそうだったけど、
   飄々とした演技にとても好感が持てました。
   この手のキャラクターでという
   縛りはよくないかもしれないけど
   こんな感じの役をまた見たいです。


【助演女優賞】
   [ 宮本信子 ] (「 阪急電車 )
【コメント】
   オムニバスな映画で
   みんなが主役といわれると
   ここでいいのかどうか迷うけど
   この映画を引き締めてた
   まとめ役といったとこでしょうか。


【ニューフェイスブレイク賞】
   [ 橋本愛 ] (「管制塔」)
【コメント】
   「告白」ですでに知名度はあるから、
    新人というわけではないんだけど
    主役に抜擢されたこの作品では
    ホントにキラキラしてたので。
    これからもっといっぱい活躍してほしいです。


【音楽賞】
  「 ナニワサリバンショー感度サイコー 」
【コメント】
   どの曲と言われたら
  「雨上がりの夜空に」になっちゃうんかな~
   追悼映画みたいなもんだし、
   コント&ライブでいろんな人が出てるんだけど
   見る人が限定される作品だとしても
   やっぱフォーエバー清志郎をここへ。


【ブーイングムービー賞】
  「 星を追うこども」
【コメント】
   この監督の作品の「絵」はホントに大好き。
   背景の美しさは半端ない。(え)
   ただ、この作品をご覧になった方の大半が言うてたように
   あまりにもジブリの既視感が強すぎたことがとても残念。

-----------------------------------------------------------------

【勝手に○×賞】
   [ 安藤政信         ] (「 スマグラー 」)
  
【コメント】
  彼が演じる「背骨」は忘れられないキャラでした~。
  原作コミックがどんなのかは知らないですが、
  なりきり度はすごかっただろうなと。
  若干キモイ動きが入ってましたけど。
  (ブリッジ状態で走るなって)
-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 投げやりにはしょるDVDレビュ... | トップ | 日本インターネット映画大賞2... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ジョニーA)
2012-01-11 05:23:48
宮崎あおいちゃんの主演女優賞には同意♪
だけど、映画の中では旦那さんを温かく
見守ってたあおいちゃんも、実生活では
旦那を見捨てちゃいましたね(`・д´・;)
「ツレがバツになりまして」やねぇ~
Unknown (Ageha)
2012-01-11 11:24:49
ジョニーAさん、どうも。
オチがよろしいようで(笑)

個人的には10本くらい好きなのがあったんですが
持ち点30の配分をしてしまうと
ここまでしかUPできませんでした。
どっちにしろ、
自分にとっての好きか嫌いでしか
判断できないので
こんな結果になりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。