ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

ドールハウスのなかでコビトがドタバタしてるみたいな映画。(え)~「グランド・ブダペスト・ホテル」~

2014-11-09 15:29:54 | 映画
B00HZZ5URGグランド・ブダペスト・ホテル(初回生産限定) [Blu-ray]20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2014-11-12by G-Tools


さて、またまたガラッとかわって、これが寝込んでたときにみた3本目の作品。GyaOにて鑑賞。
は~やっとレビューがおいついてきた。(^_^;)

またすんごい言い方しちゃいましたけども、見終わって感じたのはほんとそんな感じ。
殺人事件が起きてるにもかかわらず、コミカルなんですよね。
んで、ピンク色のホテルもロープウエイもおもちゃみたいで可愛い。
撮影方法ってなことはようわかりませんが、スクリーンにたいして人物がすごくちっちゃく映ってたり
コマ送りみたいな、サイレントムービーでチャップリンが動いてるみたいな映像だったんで
内容のわりにはクスッと笑えてみょうにホノボノしちゃう作品でした。

もひとつ言うと、「ホテル内で殺人事件が起きて、コンシェルジュとベルボーイが
エライ目にあいながら事件を解決する」ストーリーだと勝手に思い込んでたんですよね。

絵画盗んどるやんけ!!!!!
いくら遺言でもって「少年と林檎」はあげるって書いてあったとしてもだ。

そのあと殺人事件の容疑者にされてもて、刑務所入れられて脱獄して
その間にまた殺人事件が起きて・・・ってそこだけあげたら血なまぐさいアクションになるはずが

とにかくユーモアに満ちた、絶妙なセリフのやりとりでもって
なんかケーキのような甘さまで感じる映画だったからびっくりでした。
この内容でハートフルコメディ・・・それこそが謎です。(爆)



亡くなった小説家の彫像の下に鍵がいっぱい・・・っていうあの鍵の謎も劇中登場するんですが
この連携プレーがまたいい。見ててたのし・・いや人に振ってるだけの電話にも見えたんだがええんかそれで。(^_^;)



最終的にはグスタフの至れりつくせりなサービス(ま~言いたいことはいろいろあるが終わりよければすべてよしだ)が
寂しい老婦人の心を癒していたことでもってものすごい遺産がころがりこんでちゃんちゃんなのですが
それよりも、移民でやってきたベルボーイがグスタフによって立派なコンシェルジュになり、現在の成功へとつながっていった
ええ話として受け止めたいですね~。これは。

ジュード・ロウの役ってそれだけかいっ!自分の小説のネタもらっただけじゃん!(爆)
・・・ま~、それをいかにベストセラーにしちゃうかってのが腕の見せどころでってのは冒頭言うてましたけどね~(^_^;)



三谷幸喜の「清須会議」みたいに豪華俳優の共演でも話題になってた作品なんですが
実はそっちのほうはあんましよくわかってなくて(え)
ポスターみてやっと、え?あれ、ティルダ・スウィントンだったの?!ってなすっとこどっこいですから
話についていけなくてどうも。映画みてるわりにはお恥ずかしい限りで。(;´∀`)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 患者から救済者になっちまった男... | トップ | 敵を理解すれば愛しもする指揮官... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして! (スパイクロッド)
2014-11-10 22:00:04
TBありがとうございます!
スパイクロッドと申します♪

「ドールハウスのなかでコビトがドタバタしてるみたいな映画」
って表現はピッタリですね!
まさにそんな感じです!

でもそういうコミカルでかわいらしい世界の中に、
こっそりと毒リンゴが添えられているという、
隠し味的なセンスが最高なんですよね!

またおじゃまさせていただきますので、
これからもよろしくお願いします!
Unknown (Ageha)
2014-11-10 23:18:20
スパイクロッドさん、ようこそ。
コメント&TBありがとうございます。♪

甘いお菓子のなかにハバネロやゴーヤ・・・ですね。確かに。(^_^;)
一癖も二癖もある作品なんですけど
それよりもグスタヴとゼロの
師弟を超えた友情というか家族愛みたいなもんが
きっと見てるもんを優しい気持ちにさせちゃったんでしょうね~。やってることむちゃくちゃなんですけど。(^_^;)
ひいきの (sakurai)
2014-11-12 08:36:53
役者が何人か出てたんで、それだけで満足。
甘い中にビターな味わいはこの監督の遊び心がにじみ出てるんでしょうね。
性格は悪そうだわ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グランド・ブダペスト・ホテル」 □監督・脚本 ウェス・アンダーソン□キャスト レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、       エイドリアン・ブロディ、ウィレム・デフォー、ジェフ・ゴール...
劇場鑑賞「グランド・ブダペスト・ホテル」 (日々“是”精進! ver.F)
コンシェルジュとロビーボーイの、深い絆… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406060000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「グランド・ブダペスト・ホテル」オリジナル・サウンド...価格:2,571円(税込、送料...
グランド・ブダペスト・ホテル / The Grand Budapest Hotel (勝手に映画評)
高級ホテルのコンシェルジュと、その弟子(?)のベルボーイの繰り広げる、殺人犯の濡れ衣を晴らすための冒険譚。ちょっと不思議な感じのする映画です。 過去(1930年代)、若かりし頃(1960年代)、そして今と、スクリーン上の映像サイズ(アスペクト比)が異なっています....
グランド・ブダペスト・ホテル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Grand Budapest Hotel。ウェス・アンダーソン監督。レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、エドワード・ノートン、マチュー・アマルリック、シアーシャ・ ...
グランド・ブダペスト・ホテル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 作品キャラ、アイテムすべて手元に置いておきたい衝動に駆られる(笑)
映画:グランド・ブダペスト・ホテル The Grand Budapest Hotel オールスターキャストで魅了する謎めく物語 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ウェス・アンダーソンの新作。 当ブログ的には、実はちょっと苦手な監督(笑) 彼独特の美学に基づいて、徹底的に展開される緻密な画面構成。 ストーリーも一筋縄じゃいかない、自虐的な展開が多い。 趣味に走りすぎているキライがあると、いつも感じる(笑) さて今....
『グランド・ブダペスト・ホテル』 (こねたみっくす)
いざ、ヨーロッパ旅行へ。 これまでのウェス・アンダーソン監督作品と比べるとファミリーという中核部分が少々物足りないものの、御伽話をより強調したような世界観とシリアスで ...
『グランド・ブダペスト・ホテル』 2014年5月4日 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『グランド・ブダペスト・ホテル』 を試写会で鑑賞しました。 ウェス・アンダーソン監督の作品は2本目ですが、2本とも寝落ち 相性が悪いのか、つまらないのか、、、合う合わないってありますね。。。 前回は、『ムーンライズ・キングダム』 【ストーリー】  1932年、...
「グランド・ブタペスト・ホテル」 失われたものへの郷愁 (はらやんの映画徒然草)
実はウェス・アンダーソンの作品を観るのはこの作品が初めて。 予告で豪華キャストで
グランド・ブダペスト・ホテル (そーれりぽーと)
世界観が面白そうだった『グランド・ブダペスト・ホテル』を観てきました。 ★★★★ いかにもウェス・アンダーソン監督作な世界観が加速していて面白い。 どこかファンタジックな香りのするレトロで豪華なセットや背景、衣装とメイク、世界観の表現に割り切った特撮が凄...
グランド・ブダペスト・ホテル/THE GRAND BUDAPEST HOTEL (我想一個人映画美的女人blog)
6月6日より公開 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」「ダージリン急行」「ムーンライズ・キングダム」などの ウェス・アンダーソン監督最新作 ベルリン国際映画祭で銀熊賞(審査員グランプリ)受賞作 楽しみにしてました~ 試写にて鑑賞 いつもながらに、...
グランド・ブダペスト・ホテル (だらだら無気力ブログ!)
独特な世界観の中で繰り広げられる物語が面白くて楽しい。
グランド・ブダペスト・ホテル (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
グランド・ブダペスト・ホテル '14:ドイツ、イギリス ◆原題:The Grand Budapest Hotel ◆監督:ウェス・アンダーソン「ムーンライズ・キングダム」 ◆出演:レイフ・ファインズ、F・マーレイ・エイブラハム、マチュー・アマルリック、エイドリアン・ブロディ、ウ...
グランド・ブダペスト・ホテル (はるみのひとり言)
試写会で観ました。ある作家が若き日に訪れたホテルで、オーナーから聴いたホテルにまつわるお話を語るみたいなストーリーです。1960年代、作家のジュードさんは休暇に訪れたグランド・ブダペスト・ホテルで、オーナーのゼロ・ムスタファさんに出会います。かつての栄華を...
ウェス・アンダーソン監督『グランド・ブダペスト・ホテル (THE GRAND BUDAPEST HOTEL)』レターヘッドなどのデザイン周りからアスペク... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容に触れています。『グランド・ブダペスト・ホテル』(THE GRAND BUDAPEST HOTEL)ウェス・アンダーソン監督出演者: レイフ・ファインズ、トニー・レヴォロリ、他(多すぎて多すぎ
グランド・ブダペスト・ホテル ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ダージリン急行』などのウェス・アンダーソン監督が、格式高い高級ホテルを取り仕切るコンシェルジュと、彼を慕うベルボーイが繰り広げる冒険を描いた群像ミステリー。常連客をめぐる殺人事件と遺産争いに巻き込まれた二人が、ホテルの威信のためにヨーロッパ中を駆け巡...
「グランド・ブタペストホテル」☆おもちゃ箱みたいな映画 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まるでおもちゃ箱をひっくり返したような、お皿いっぱい積み上げたマカロンがコロコロと転がっていくような、そんな可愛くて茶目っ気たっぷりな映画。 主役級の俳優たちもてんこ盛りで、遊び心いっぱい、楽しさいっぱい、贅沢な作品だ。
『グランド・ブダペスト・ホテル』 ~甘いお菓子にゃ毒もある~ (偏愛映画自由帳)
2013年/イギリス・ドイツ/100分 監督:ウェス・アンダーソン 出演:レイフ・ファインズ    トニー・レヴォロリ    ジュード・ロウ    F・マーレイ・エイブラハム 遺産相続にまつわる陰謀に巻き込まれた、伝説のコンシェルジュと若きロビーボーイと...
グランド・ブタペスト・ホテル (迷宮映画館)
面白かった~。
グランド・ブダペスト・ホテル (心のままに映画の風景)
1932年、東ヨーロッパにある架空の国。 超高級ホテル「グランド・ブダペスト・ホテル」は、完璧なおもてなしで評判の“伝説のコンシェルジュ”ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)目当てのエレガントな客で溢れかえっていた。 ベルボーイ見習いとして働くこ...
グランド・ブダペスト・ホテル(2013)**THE GRAND BUDAPEST HOTEL (銅版画制作の日々)
  “伝説のコンシェルジュ”が究極のおもてなしとミステリーで皆様をお待ちしております。 14日(土)、東宝シネマズ二条にて鑑賞。豪華キャストで煌びやかなこの作品。あのウェス・アンダーソン監督作品です。予備知識なく観たもので、どんな話か...