ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

恋と出世の二兎は追えない。(笑)~「清須会議」~

2013-11-11 10:43:05 | 映画
出てるひとらがね、なんていうかホームランバッターばっかしで
打席にたったら絶対かっ飛ばして悠々と手をふってダイヤモンドまわりたいのに
三谷監督ったら豪華キャストにむかって

あ、キミはフォアボールで出てよね。
あ、キミは足遅くても盗塁してよね。
キミはちょっと痛いけどデッドボールで出塁しようか~。
あなたが打てるのはわかってる、わかってるけど三振してくれる?

・・・ってむちゃぶりしたあとに
大泉洋が登場で

テメー、ここで満塁サヨナラ打たないと承知しないからなっ!

・・・っていうすごい采配をしちゃったね~っていう映画。(え)

このひとそんなチョイ役でいいのってのがわんさかあるんだけど
さすがにスターだからちゃんと存在感はある。
たとえば天海祐希はカッと目をみひらくだけでよい。

剛力彩芽の最後の( ̄ー ̄)ニヤリは意外とすごかったね~。

お市にしても松姫にしても
ただ男の思うままにされておりませぬ。不敵な笑いを浮かべるとき
ひとはひれ伏すんだよな~。


信長亡き後の跡目相続なんだが、正直このふたりどっちもたいしたことない。
要は
秀吉と勝家が誰を立てるか、その成功如何で
織田家での自分の地位が上がるって話で
・・・いや、当然のことながら秀吉はその上を狙ってるんだが

ムサい勝家を嫌っておきながら目的のために手段を選ばないお市と

丹羽長秀をブレーンにして柴田勝家がどこまで秀吉に対抗するのか・・ってはなし。

三谷幸喜の映画はシネコンで見たのは初めて。
「ステキな金縛り」をDVDで鑑賞しただけという三谷ビギナーなんですが
これは面白かったです。個人的にめちゃ相性がよかった。

・・・六兵衛さんも登場~☆(^_^;)

大泉洋とのタッグは三谷さんはじめてなんですが
実にうまく使ってたんちゃいますか?
大泉洋って「ねずみ男」がバッチグーなひとなんだけど(爆)
この秀吉実にハマり役でございました。
明るくて軽くてコメディアンな陽の部分と
策略家で抜け目のない影の部分がちゃんと出てましたね~。(´∀`*)

妻夫木聡のバカ殿さんは出てくるだけで笑えるし
策を練ることが全くできないストレートで不器用な勝家はかわいくてしょうがない。

最近ハリウッドでのお仕事バリバリな浅野忠信さんも
バイプレーヤーに徹して大真面目に笑わせてくれる。(^-^)
多分すべては秀吉の狡猾さを際立たせるために
ホントみんなが秀吉役の大泉洋を盛り立てている・・・そんな気がしました。

裏があって( ̄ー ̄)ニヤリのお市と松姫に対して

中谷美紀の寧々はなんかぱあっと明るいいい顔してましたね~。
この作品でのオアシスだったな~。実にイキイキしてました。

歴史上のことなんで結果わかってる。
古畑任三郎とはまた違うけどオチが「ネタバレ」してることを映画にするにあたって
どれだけひとを楽しませることができるのか。
それはもう、風見鶏なアテ役をさせられた佐藤浩市演じる池田恒興にしても
ただひたすら走っていた阿南健治演じる滝川一益にしてもそこに徹した結果なのでしょうね。

ましてや戦国の世でチャンバラなし。ひたすら駆け引き。
それがこんだけ面白いとは思ってなくて私としてはめっちゃ満足でございました☆(^-^)/

PS:いっこだけ不満があるとしたら、
 鈴木京香さん十分美人やのに、ちっとも「絶世の美女」に見えなかったことが
 スゲー残念だったな~~(^_^;)






ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都散歩の番外編。 | トップ | 「10月フォト」ですいません。... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2013-11-11 12:15:03
 ちょっと調べたら。。。ホントは調べちゃダメなんだけど(笑)
柴田勝家はあの時点で60過ぎ。お市の方は三十路半ばだったそうな。
で、あの新婚さんたちは8ヶ月後に賎ヶ岳の戦いで殺されちゃうって。
実は母親の身分での三男ちゃんも柴田勝家に味方したからって自害させられるそうな。
うつけもののブッキーは70過ぎまで生きるらしいよ。
全然うつけものじゃないし(笑)

 女優は3人とも良かったね。中谷美紀がマナスル登頂した子に似てたけど(笑)
Unknown (Ageha)
2013-11-11 12:27:42
しんちゃん、どうも。

ブッキー(織田信雄)はあれだけアホじゃあ
信長の血をひいてても天下取りへの脅威にならんから
命を狙われる心配が全くなかったのかも。(^_^;)
・・・それはそれであの時代悲しくないか?

女優陣3人ともなぜにそこまでブサイクメイクなんだと
そこはしきりにツッコミましたが
いい演技してましたね~。
中谷さんあれじゃあ珍獣ハンターじゃんって
おもわずプッとなっちゃいました。(^_^;)
それでも美しかったですよ、あのかたは。
Unknown (しんちゃん)
2013-11-11 12:42:39
 ウィキペディアで「織田信雄」検索してご覧。
彼が一番頭がイイかもね(笑)

 ネット上で随分前から剛力彩芽が叩かれてて、可哀想なんだけど、あの最後の「ひと睨み」は、やっぱ彼女の魅力はお子ちゃまにはわからいんだろうなぁ。

 私は一座の前で秀吉が三法師を抱きかかえたところで終わっても良かったと思う。
Unknown (Ageha)
2013-11-11 13:10:11
しんちゃん、ふたたびどうも。

あたしは勝家が秀吉に頭下げるシーンで
大和田常務がかぶって笑っちゃったワン・・・
いや、あのその、さぞ悔しかっただろうなって・・アハハ
こんばんは (はらやん)
2013-11-12 20:02:20
Agehaさん、こんばんは!

>古畑任三郎とはまた違うけどオチが「ネタバレ」してることを映画にする
あ、確かに。
戦国時代ってみなさん歴史の結末を知っているからネタバレですけれど、それでも新しい切り口で楽しめませてくれましたよね。
三谷さんはキャラクターを描くのが得意だから結果がわかっていても魅せることができるんですねー。
Unknown (Ageha)
2013-11-12 23:20:17
はらやんさん、どうも。

滝川一益や池田恒興がほんとにあんな感じだと思われたら
天国であのな~~って言うてるとは思いますが(^_^;)
三谷さんにかかると
地味~なはずの人心掌握合戦も
こんだけ面白くなるんだな~とつくづく感心しました。


実はお市と松姫のてのうえで
男性陣が踊らされていただけかもしれず
不敵な( ̄ー ̄)ニヤリがこれだけ怖いとは
思いませんでした・・・。
こんにちは♪ (yukarin)
2013-11-13 12:52:34
三谷作品が初めてとは思えないほどなじんでたし
大泉洋さんの秀吉ははまってましたね。
ねずみ男とはげねずみ....だから合うのかー(笑)

鈴木京香さん....わざとなのかな。
ほんとちょっと残念ではありましたね。
Unknown (Ageha)
2013-11-13 14:25:42
yukarinさん、どうも。

三谷監督が使いこなしたというよりは
もともと大泉洋が持ってたキャラクターが
秀吉にうまくはまったんでしょうな~。
ねずみつながり?(違)

ね~、鈴木京香さんのメイクは
松姫や寧々より残念でした。
剛力彩芽の松姫は多分あのメイクが功を奏して
最後に見せた笑みがすげーこわかったですけど。
Unknown (cyaz)
2013-11-16 08:51:01
Agehaさん、まいど^^

ま、三谷映画としては及第点でしたね(笑)
俳優陣は豪華でしたが、
十分に色を出せたかどうかはちょっと・・・。
大泉の顔はそのもの“猿”でした(笑)
鈴木京香もそうだったけど、剛力彩芽のあの“顔”も
事務所的に良かったのかなぁ(笑)?

>六兵衛さんも登場~☆(^_^;)
このシーン、最高にウケました(笑)
でも笑ってなかった人たちは前作観てなかったの???
Unknown (Ageha)
2013-11-16 15:28:00
cyazさん、どうも。

そもそもが三谷映画をろくにみてないわけで
たまたま金縛り~だけはみてたというだけで。(^_^;)

あれだけ豪華キャストじゃ
全員が色だすのはむずいでしょ~~(^_^;)
エンドロールの名前でさえ
「あいうえお」順って書いてたくらいで
そもそもその扱いは大変だったんじゃないかと。

あれだけのメンバー集めてようもめなかったなと
「裏清須会議」がしりたいおばちゃんなのでした~。
いや、三谷監督の人心掌握術に拍手なのかな。
Unknown (ふじき78)
2013-11-17 22:40:40
おらあ日本人だから正直者が好きだっただ。

中谷美紀と妻夫木聡と浅野忠信。

役所広司は正直者だけど、押し付けがましいから今回はパス。
でも可愛かったよ?(^-^) (Ageha)
2013-11-19 18:24:51
ふじき78さん、どうも。

よそのブログさんでも何度かおみかけした
セリフなんですが
勝家の「聞いた?」はサイコーでしたよ☆
バッカだね~と思いながら。
天下とるよか嬉しそうな顔してたもん。(^_^;)
Unknown (Nakaji)
2013-12-04 13:37:19
こんにちは♪
そうそう、剛力彩芽の最後の( ̄ー ̄)ニヤリは意外とすごかったですね。
まさに信玄の娘って思ってしまいました。
まあ実際はともかくなんですがね~

妻夫木聡のバカ殿が最高で最高でずっと笑ってました。
しかし本当に市は美女のはずなのにぜんぜん見えないのには不満でした。
Unknown (Ageha)
2013-12-05 10:44:26
Nakajiさん、どうも。

ぶっちゃけ剛力彩芽の演技力どうなん?ってのは
今まですごく言われてたみたいだけど
この作品に関してはがちっとはまったんちゃいますか?
あの不敵な笑みだけでバッチリ存在感残しましたし。

今でもテレビで予告編が流れるたびに
ブッキーかわいい~~(≧∇≦*)って思います。
こんだけ豪華キャストですから
印象にのこったもん勝ちですね。

・・・ほんと鈴木京香さん美人なのに・・・(ボソ)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
三谷幸喜監督『清須会議』とにかく"鼻"です、鼻!役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、他 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・(おそらく重要なポイント)内容に触れています。三谷幸喜監督書き下ろしの小説を自ら映画化した群像喜劇『清須会議』 物語・本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉
映画『清須会議』観てきた(=^▽^=) (よくばりアンテナ)
三谷幸喜原作・脚本・監督作品。 織田信長の死後、後継者を誰にするかを決める会議。 笑ったわ~~ヶラヶラ((´∀`))ヶラヶラ さすが、三谷作品。 歴史に忠実なのにここまで笑える作品にしちゃうなんてすごい。 やっぱりこだわり抜いたキャスティングがすごい...
清須会議/役所広司、大泉洋 (カノンな日々)
三谷幸喜さんが自ら17年ぶりに書き下ろした小説を原作に脚本を書き上げ映画化した最新作です。前作でも落ち武者が出てきますし、TVドラマではNHK大河ドラマ「新撰組!」の脚本などを ...
清洲会議 (花ごよみ)
監督は三谷幸喜。 自らの小説を映画化。 試写会で見ました。 織田信長が亡くなった本能寺の変後の、 織田家の後継者選びと 領地再配分について 歴史上初めて、 会議が開催されたといわれている 清須会議。 秀吉の天下取りの基礎となり、 日本の歴史が動いたこの会議....
清須会議 (はるみのひとり言)
☆公開日: 2013年11月9日☆上映時間: 138分☆監督・脚本:三谷幸喜☆キャスト: 役所広司 / 大泉洋 / 小日向文世 / 佐藤浩市 / 妻夫木聡 / 浅野忠信☆試写会にて鑑賞 本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家と羽柴秀吉が後見に名乗りを上げた。 ...
清須会議 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) これは非常に面白い歴史授業といえるだろう(笑)
「清須会議」 日本のクレイジーな人 (はらやんの映画徒然草)
本作は三谷幸喜さんが脚本・監督をする初の時代劇作品です。 戦国時代を舞台とする時
心理戦。『清須会議』 (水曜日のシネマ日記)
本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決める清須会議の全容を描いた作品です。
清須会議 (だらだら無気力ブログ!)
笑えて見応えあって面白かった。
大河ドラマ「八重の桜」信念の人45時栄の不倫疑惑の噂で同志社が危機に直面し覚馬も会長辞職に追い込まれ八重は時栄を山本家から追... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第45話は八重は襄が留守の間に同志社女学校の運営を懸命に切り盛りするも外国人教師が引き上げるなど一時廃校の危機に直面する。しかしここは結束して何 ...
「清須会議」会議直前の駆け引きの末に見た秀吉の勝家を翻弄した天下一の巧みな人心掌握術 (オールマイティにコメンテート)
「清須会議」は1582年6月に本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれ、羽柴秀吉が明智光秀を討った後に織田家の家督と今後の天下統一の後見人を選ぶ戦国史上初の会議が行われた清州 ...
三谷幸喜『清須会議』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
11/9公開の三谷幸喜監督最新作、映画『清須会議』の完成披露試写会が、10年に1度と言われる台風が接近していた10/15(火)に東京国際フォーラム ホールAで行われた。ホールの1階中央 ...
清須会議 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/11/09公開 日本 138分監督:三谷幸喜出演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助 これは、会議という名の戦である。 [Story]本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭....
『清須会議』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「清須会議」 □監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 役所広司、大泉 洋、小日向文世、佐藤浩市、鈴木京香■鑑賞日 11月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   あちこち番...
『清須会議』を109シネマズ木場1で観て、ゴーちゃんの大逆襲ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★ダメ出しする人もいるけど俺っちは充分面白かった。この差はどこからやって来たんだろう】 三谷がドバドバ、有名キャストを使い切った時代劇。 ともか ...
清須会議 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
清須会議 '13:日本 ◆監督:三谷幸喜「ステキな金縛り」「ザ・マジックアワー」 ◆主演:役所広司、大泉洋、小日向文世、佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、寺島進、でんでん、松山ケンイチ、伊勢谷友介、鈴木京香、中谷美紀、剛力彩芽、坂東巳之助、阿南健治、市川しん...