ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

本編よりエンドロール(おいおい・・・)~「ウルヴァリン SAMURAI」~

2013-09-17 15:49:44 | 映画


私は字幕版で見たのですが、
日本語吹き替え版ではOPにウルヴァリンと東京タワーと富士山がでてきて
あの爪で20世紀FOXのオブジェをギャ~~ってひっかいてから始まるそうな。
(↑※私はこのOPをニュースでみたんですが、「日本限定予告編」だけで、
シネコンで実際流れたかどうかわからんので見た方はご一報を。
でなければここ削除します・・・失礼しました。)

それはさておき。

私よりよっぽど映画みてるくせにいつも自宅でDVDパターンで
めったにシネコンへ行かないダーリンが今回はめずらしく「一緒に行ってやる」と
上から目線ではあるものの連れ出せたので(なんだかな~もう)久々映画デート。
この前は「シャーロック・ホームズ」の2で、その前はスターウォーズのEP3だったから
ほんと数少ないお出かけで・・・どうだったんだろね?
やっぱりスクリーンでみると迫力ちゃうよなってごくごく当たり前のことしか
言うてなかったが。(^^;


不老不死と再生能力ってある意味ヒーローにとってはこれほど
ありがたいもんはないわけですが、それゆえの悩みもありで。
仕方なかったとはいえ、愛するひとを自分の手で殺して
トラウマを抱えたままのウルヴァリンのもとへユキオがやってくる。
かつて自分が助けた男・矢志田がお礼がしたい、一目会いたいと。

で、大富豪のお家騒動に巻き込まれる中で自分の能力が封じられ
初めて死と向き合うことになるわけですが・・・。

う~ん・・・・・。

なんちゃって日本になることは想像ついてたから
ショックというよりは”コメディか?!”って感覚で見てたんですが
やっぱツッコミどころは満載でしたね~。

矢志田がもってた刀の刻印が「不老不死不滅」て。
”ウルヴァリン”て彫ってるようなもんだね。
夜露死苦みたいな当て字漢字でウルヴァリンてどう彫るのかな(おいおい・・・)


東京と長崎がめちゃくちゃ近かったり、
季節が変わるほど今度は遠いのかよという伸縮自在の日本で
銃刀法無視の警察出てこない「映画ならではの」展開なのに
空港でピーピーひっかかるウルヴァリンて、今更そこリアルにせんでもという笑い。
新幹線の上でウルヴァリンとタイマンを張れるヤクザって
真田さんより強いんちゃうんとか。(^^;



増上寺を葬儀の舞台にしたのは背景に東京タワーが絵面としてバッチリだったからかな?
洋画あるあるの”そっから富士山そんなふうに見えんがな”はもうスルー。(^^;

永遠の命を終わらせてあげるって一見聞こえはいいけど
感謝や愛じゃなくてただの欲望だったのね~。助けんかったらよかったんやん。
ひどい話だ。



ということで、なんちゃって日本で治癒能力を奪われ
VS新幹線、VS雪国のニンジャ、VSスーパーロボット大戦(違)と
ウルヴァリンが散々な目にあうおはなしです。
攻めてもの救いはちょっとウフフなラブストーリーがあること。(え)


真田さんがあまりに小者扱いで残念でしたね~。
せめて矢志田なら納得するとこなんですが。
あと、イケメンハラダ。アクションはええのに日本語がたどたどしすぎる。
こういうポジションを任せられる日本人ていないのでしょうか?
まだハリウッドは認めないのでしょうか。
ジャニ系でもEXILEの誰かでもスピードラーニングやって
でてくれたらいいのに(わわわわわ)そのほうがよっぽど盛り上がる。(コラ)





個人的にはマリコ役のTAO OKAMOTOさんとユキオ役の福島リラさん
ふたりともとってもとっても素敵でした
守られるだけじゃない芯の強さと達人だけど女性らしさも併せ持っててナイスでした。☆彡

冒頭タイトルで暴言吐きましたが
本編でなんだかな~の顔してた自分が身を乗り出してΣ(゜∀゜ノ)ノキャー言うてたんが
エンドロールでした。
次のX-MENはよ。(≧∇≦*)

PS:映画の設定上は長崎ですが、ロケ地は”おしい”鞆の浦。(爆)
エキストラで出演したオバちゃんたちが六本木の試写会に呼ばれて
花持ってったときに「あの時はもらえなかったサインくださいな」言うてたのが笑えた。
めざましテレビでやってたよん。♪




ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤城清治ファンタジー展・天... | トップ | 夏の思い出~嵐山妖怪電車の... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2013-09-17 17:11:09
そうそう、あの爺さん、日本人の風上に置けないヤツでしたね。
なんだか日本人のイメージダウンになりそうで心配になっちゃったわ。
オリンピックもあるのに(笑)

昨日はスマスマでヒュー様特番。
確かにそうなんだけど、葛藤が見られます!なんて宣伝が痛々しく思えちゃったです。
Unknown (しんちゃん)
2013-09-17 18:27:16
 私は由紀さおりの「生きがい」に大笑い(笑)
あと、小川直也と角田信朗がエキストラで出てたそうな。。。増上寺のシーンかなぁ(笑)

 お葬式で機関銃構えてたのも笑えた(笑)

 
Unknown (Ageha)
2013-09-18 11:00:30
たいむさん、どうも。

そうなんですよね~。
なんちゃって日本はもうはじめから覚悟してたんですけど、
日本人ってもののイメージが悪くなるのは
やっぱ残念です・・・。
Unknown (Ageha)
2013-09-18 11:03:38
しんちゃん、どうも。

そのへんの選曲はだれがアドバイスしてたんだろね。(^^;

エキストラ?これは気がつかなかった。
ここにいたよ~を見つけた方はご一報を。(^-^)

新幹線の話ばっかいうけど、
ドスがつき立つほど、やわなはずはなく・・・(わわわわわ)
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-09-18 22:42:10
しかしまぁ今の時代によくもこんなトンデモ日本を描いたものですよ。
製作陣もハナからヒットさせる気がなく、ただ単に日本旅行したかっただけちゃうの?レベルの映画でしたね。
Unknown (Ageha)
2013-09-19 10:31:03
にゃむばななさん、どうも。

日本が舞台になるとどうしても
この”なんちゃって”感はどうしようもないんですかね~。
真田さんがいてもこれですか~・・・
ま、原作コミック通りに演じるしかなかったのでしょうけど。

よそのコメントでちょい便乗して悪乗りしたんだけど
舞妓ミュータントとか
くいだおれ太郎ミュータントとか
・・・せんとくんミュータントでもいいや
どうせ観光するんならそこまでいけばよかったのに。(^^;

マリコやユキオのように
女性は比較的登場するものの
日本人男優はいまだに
ハリウッドじゃあまり使ってもらえないし
その扱いもなんだかってのはさみしいですね・・・・・。
渡辺謙くらいですか・・・。ハードル高いね。
Unknown (ジョニーA)
2013-09-21 02:52:26
「政府の力が弱まって、ヤクザが台頭していた」って
最初に説明はしてましたね~。苦し紛れの設定w

>夜露死苦みたいな当て字漢字でウルヴァリンてどう彫るのかな~
「麗針凜」(麗しい針の指、凛としてる♪)とか♪
 あ、これじゃ「うるばりりん」かー
うるばりり~ん☆ヽ(▽⌒*) (Ageha)
2013-09-24 09:04:12
ジョニーAさん、どうも。

(爆)ありですあり。( ̄ー+ ̄)

ダーリンは久々に
テレビじゃなくて「スクリーンでアクション映画を見た」から
なんかそれで十分満足してたみたいですが
ふだんツッコミの激しいひとが
文句言わないのが不思議でございました。ヾ(・・ )ォィォィ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

16 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ウルヴァリン:SAMURAI」みた。 (たいむのひとりごと)
「X-MEN」シリーズのスピンオフ作品であり、2009年の『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の続編ということで楽しみにしていた作品。ただ、日本が舞台となるハリウッド映画には毎度のことながら不安を覚
ウルヴァリン:SAMURAI (2013) THE WOLVERINE 125分 (極私的映画論+α)
 あの由紀さおりの歌が秀逸でした(笑)
ウルヴァリン:SAMURAI (佐藤秀の徒然幻視録)
武士道とは死なないことと見つけたり 公式サイト。原題:The Wolverine(クズリ)。ジェームズ・マンゴールド監督、ヒュー・ジャックマン、TAO、福島リラ、真田広之、ハル・ヤマノウチ、ス ...
ウルヴァリン:SAMURAI (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WOLVERINE】 2013/09/13公開 アメリカ 125分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ、ウィル・ユン・リー、ブライアン・ティー スヴェトラーナ・コドチェンコワ、ファムケ・ヤンセン 散ることのな....
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ウルヴァリン:SAMURAI」□監督 ジェームズ・マンゴールド□キャスト ヒュー・ジャックマン、真田広之、TAO、福島リラ、ハル・ヤマノウチ■鑑賞日 9月14日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は...
『ウルヴァリン/SAMURAI』 2013年9月14日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ウルヴァリン/SAMURAI』 を観賞しました。 ミュータント少なっ 日本人のミュータントはどんなの出るか期待してたんだけど 【ストーリー】  カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救ったことのある...
ウルヴァリン:SAMURAI (Akira's VOICE)
不死と爪の一蓮托生。  
ウルヴァリン:SAMURAI (2013) THE WOLVERINE 125分 (極私的映画論+α)
 あの由紀さおりの歌が秀逸でした(笑)
いろんな意味でビックリ!『ウルヴァリン:SAMURAI』 (水曜日のシネマ日記)
『X-メン』シリーズのメインキャラ、ウルヴァリンを主人公にした人気アクションの第2弾です。
ウルヴァリン:SAMURAI (そーれりぽーと)
同じウルヴァリンの名前を冠する前作は微妙でしたが、『X-MEN』シリーズは全部抑えているので嫌な予感がしつつも『ウルヴァリン:SAMURAI』を観てきました。 ★★★★ 「本編が終わってからがこの映画の一番の見どころ」と皮肉な事になっているんだけれど、本編も『ウル...
ウルヴァリン:SAMURAI (だらだら無気力ブログ!)
ツッコミどころは多いけど、面白かった。
『ウルヴァリン:SAMURAI』 (こねたみっくす)
ウルヴァリン、SAMURAI、トンデモジャパン。 今更、いや今時こんなトンデモ日本を描くとは…。そう思い始めると失笑せずにはいられないこのスピンオフ企画第2弾。原作コミックにも ...
「ウルヴァリン:SAMURAI」 王道で普通 (はらやんの映画徒然草)
アメリカでは「X-MEN」シリーズに登場するミュータントの中でウルヴァリンの人気
ウルヴァリン:SAMURAI/THE WOLVERINE(3D字幕) (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ぜったい2Dでふつうに観たかったのに、有楽町も渋谷も3Dでしかやってないので 仕方なく、、、、3D鑑賞  これ、まったく3Dの意味ないからカネカエセ! 大好きなX-Menシリーズのスピンオフ。 前作「....
ウルヴァリン:SAMURAI (とりあえず、コメントです)
『X-メン』シリーズのウルヴァリンが主人公のスピンオフシリーズ第2弾です。 今回は日本が舞台ということで昨年からいろいろ聞いていたので楽しみにしていました。 相変わらずのワイルドなウルヴァリンの存在感と共に広がる戦いの世界が印象に残る作品でした。
ウルヴァリン:SAMURAI (のほほん便り)
「X-MEN」シリーズの外伝・第二弾だそう噂では、「日本人が見ると、アングリの、とんでも作品」とのことで、その「とんでも」ぶりを、ちょっと見てみようとして、逆に、その「そんなのアリですかぁ」のオンパレードにハマってしまい、最後まで観届けてしまいました。本当...