ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

ミュージカルにしなくたって・・・゜・(ノД`)・゜・~「舞妓はレディ」~

2014-09-25 11:08:42 | 映画

映画.comより引用しました。もしダメなら削除いたしますので
ご報告ください。m(_ _)m

花街版「マイ・フェア・レディ」
ド田舎から出てきた女の子が強烈なお国訛りを克服して
舞妓デビューするまでの1年をおっかけた物語。


しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで
清水寺・銀閣寺・東福寺・平安神宮・随心院・知恩院(これはおそらく~だけど)
北野天満宮・・あ~実際はもっとあったかな。
ほんとに知ってる風景がバンバンでてきて、いったいいつ撮ったんだ~で
まず盛り上がっておりました。

花街のミュージカルシーンを撮ったあの風景は京都じゃなくて
完全にオープンセットを組んでたんですが
上七軒というよりは祇園四条の白川通りのイメージでしたね~。自分のブログには
ちっちゃい写メしか残ってなかったけど。⇒コチラ。


舞妓がひとりしかいなくてもうすぐ30歳になるというのに
後継者がおらんばっかしに笑いもんにされながらもブログを書いているあたり
なんか切実な舞妓事情があり
そのくせ観光客を接待して花街をPRするために
バイトを雇うという現状は、
切実な人材不足はあれど、どうしてもそれはあくまで臨時であって
ホントの舞妓はこんなんちゃいますねんていうプライドと
絶対その伝統は守らなあかんねんっていう使命感みたいなのが見えて。
あと、いちげんさんおことわりってのは「舞妓Haaaan!!!」でも言うてましたけど
単純にお酒を飲みに来てもらうだけじゃなくて
ツアーガイドみたく京都のみどころやおいしいとこを紹介し、お得意様の好みを理解して特別にもてなすためには
お得意さんてものに費やす時間や労力考えたらそりゃ人数限定になるよなってのも
理解できた次第で。

と、前フリが長くなりましたが。


う~ん、やっぱ、なんでミュージカルにしちゃったのってのは
どこまでもひっかかってしまいました。
小難しい用語だったり独特の文化やら考え方をいちいち説明していたら
堅苦しくなって話が長くなってってのはあったのかもしれませんが
今まで周防作品に出演したキャストをこれだけ集めてるのなら
ふつうにセリフを喋っても、その佇まいだけとったって
笑えるシーンはいくらでも挟むことが出来たと思うんですよ。
現に彦摩呂がでてきたシーンはたったあれだけなのにみんな笑ってましたし。(^_^;)

クドカンの映画と比べるわけではないですが、これだけのキャストを集めていながら
どうしてこうなっちゃったんだろうっていう、なんとももったいないというか
モヤっと感が残ってしまいました・・・。
役者さんにはなあんの罪もありません、ただやっぱ着物でああいうふうに歌って踊っちゃうのはどうかという
あくまで個人的な好みの問題です・・・。

ま~あのこわ~い踊りのお師匠さんが「おいどフリフリ」で踊ってたのは最高でしたが。(;´∀`)

上白石萌音ちゃんはめっちゃ可愛かったです。
この主役をやるにあたって、鹿児島と津軽弁のバイリンガルになるだけでもきっと大変だったはずなんですが、

その上に役柄として舞妓の修行あれこれ&京ことばを文字通りマスターしなあかんかったわけですから
彼女自身の成長ドキュメンタリーみたいなもん。
初主演でもって随分いろんな勉強をしたと思うんですよ。
富司純子さんみたいなベテランの俳優さん、草刈民代さんみたいにダンスのプロ、
コメディを受け持つ俳優さんたちやアイドルとの共演、ほんまにええ出会いをできたんではないでしょうか。

ミュージカルは苦手といいながらレミゼもアナ雪も見ました。
でもそれは多分歌のうまさだったり、セリフを喋る以上に歌が感情を増幅して伝えていたからだと思うんですよ。
・・・そういう意味では
これ、例えば、宝塚の舞台とかでまったく同じシチュエーションで見れたら
さぞ感動したかもな~とか・・・申し訳ないけど思いました。
だれでもかれでもミュージカルができるわけじゃないんですよ・・・どんなベテランさんでも。

PS:
予告で見たときはどうにもこうにもミュージカルシーンがすごく違和感だったのですが
冒頭で”おばけ”という設定がでてきてはじめて納得しました。
で、最後の大団円もすんなりと見ることができたのですが、
渡辺えりと竹中直人にあのカッコをさせるためだけにキャスティングしたとしたらもったいなすぎるし
そのための「おばけ」だったのかと思うとちと残念です・・・。これは考えすぎかな。
サービスだったかもしれんけどちょっとな~って思っちゃいました・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平安神宮でパトレイバー! | トップ | 彼岸花・コスモス・猫あるき♪~... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-09-25 22:51:11
> 小難しい用語だったり独特の文化やら考え方をいちいち説明していたら堅苦しくなって話が長くなって

歌でやると堅苦しくないのかもしれんけど、尺が長くなってテンポが停滞するわ
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-09-25 23:00:11
ほんま、ミュージカルにする必要のない作品でしたね。
真っ当に描いても良かったのに…。
Unknown (Ageha)
2014-09-26 09:17:09
ふじき78さん、どうも。

そういやそちらのレビューのほうで1拍が~ってこだわってましたよね。三味線のお稽古シーンでテンポがあってないって怒られてたシーンとかぶりました。(^_^;)

堅苦しさは取れたけどヘンに軽くなってしまった・・・感じがしてどうにももったいなかったのです・・・。
Unknown (Ageha)
2014-09-26 09:20:41
にゃむばななさん、どうも。

大変失礼な言い方なのですが
歌が下手に聞こえてしまった何人かのキャストがおって
それがどうも気になってしまったんですわ・・・。

知らない世界を、あるいは廃れていく文化をとりあげて
面白おかしくなおかつ考えさせてくれる、感動させてくれる、
周防さんの映画ってそういうもんだと思うんです。
今回はそれに加えてミュージカルに挑戦・・・したんでしょうね。
ベタさも個性で日本風というならこれもありなんでしょうが
う~ん・・・普通に描いても十分笑って泣ける作品になったのにな~って申し訳ないけど思っちゃいました・・・。
お久しぶりです (十五夜)
2014-09-26 23:48:16
こんばんは~。ご無沙汰しています。初めてコメントさせて頂きます。m(__)m

楽しく読ませて頂いてますが、今回、本題もさることながら、反応したのは、
「しょっちゅう京都へは遊びに行ってますんで
清水寺・銀閣寺・東福寺・平安神宮・随心院・知恩院(これはおそらく~だけど)
北野天満宮・・あ~実際はもっとあったかな。」

↑超羨ましいです。定年後は京都に住みたいとリアルに思ってしまいました。
また見に来ます~m(__)m
Unknown (みるく)
2014-09-27 02:30:34
京都・・そんなに行ってるの??
て・・・思ったら十五夜さんも・・そこ拾ってるし~~

ミュージカル・・・タモリじゃないけど
私、苦手な方なのです^^;
なぜ、そこで?歌いながら踊る??とか
毎回、心の中で突っ込み入れそうで・・・・・
オホホホ~~~♪

私は京都・・・小学校だと思ったけど修学旅行で
行って 大人になって1度のみ~
今思えば 小学校6年生で寺回っても 
良さは・・わかんないよね~

最近になって 小6で行った京都、奈良へ
同じコースで行ったら感動が違うだろうなぁ~っと
だんだん、おばちゃんになってると実感をしてる
私でした^^;

きゃ~うれしいです(≧∇≦*) (Ageha)
2014-09-27 09:22:42
おヒサです、十五夜さん(^-^)/

あ、京阪電車で特急に乗れば30分程度で
三条まで出れますんで、ほぼ庭です(おい)
通っていた専門学校は河原町通りにありましたし、
「傷心遠足」(爆)とかいうて、失恋すると(!)
学生時代からひとりでウロウロしてました。
くずはに映画館ができるまでは映画もMOVIX京都や
TOHO二条で見てましたんで
そのあとそのまま観光地巡りなんかをしてるせいか
私でもある程度は徒歩で回れます。(^_^;)

ブログのカテゴリにも京都ってありますが
でかけるとTwitterですぐしゃべりまくるので
実際は月に4,5回は行ってますかね~(^_^;)
みるくちゃんも苦手?(^_^;) (Ageha)
2014-09-27 09:27:24
みるくちゃん、おはよ~♪

なぜそこで歌いだすんだ~は今でもあって、
よほどでないとミュージカルは見ないですね。
そのせいかディズニーも苦手だったりする。(え)

うん、確かに小学生に寺はつまらんかも~。(;´∀`)

専業主婦だからダーリンとごちゃごちゃ
ちっちゃいことでもめる以外はなあんもストレスなんぞない。
それでもやっぱ京都ってええとこです。
抹茶が飲めるようになって苦手な和菓子もちょっと克服したら
お庭みながらお茶するだけでもむっちゃリラックスする~。・・・・ジジババ?(爆)
こんにちは。 (たいむ)
2014-09-27 14:12:16
このえいが見た後寝込んじゃったもんで、本調子にはあと一歩って感じ。遅くなりました。

日本人のミュージカルはどんなものでもやっぱ微妙だって私も思ってます。
劇団四季とかも苦手だし。
そういう意味では割と同意見かも。
けど周防監督好きなんですよ。なので甘々(笑)
Unknown (はるみん)
2014-09-28 01:15:01
アナ雪のように歌にすんなり入り込めればいいんだけど、歌が合う場面と合わない場面があったように感じてしまいました。
草刈民代さんの美しい日舞からのダンスには気持ちが萎えてしまいました(^^;
どこかモヤっとや違和感で心の底から楽しめなかったかな(^^;
Unknown (Ageha)
2014-09-28 08:41:46
たいむさん、どうも。
季節の変わり目です~。お大事になさってくださいね。

あ、ゲキ×シネは別です。これは歌って踊ってOK!
あれがよくて、なぜこれはいけないんだってのは
モゴモゴしますが単純に好みとしか言えず・・・。

何に目をつけるのかだったり、そのテーマに対する監督の目線だったりってのは好きなんですけどね~。
ええ俳優さんが集まるのも人柄やと思うし。

好きってのはもうそれで全てになっちゃうな~私も。(^_^;)
Unknown (Ageha)
2014-09-28 08:43:58
はるみんさん、どうも。

うん、もともとミュージカルに対して
なぜそこで歌うんだ~ってのあるんですが
今回確かにそこは歌にしなくてもええんちゃう?ってとこ
心でツッコミいれてましたね~(^_^;)
だからなおさら無理やりミュージカルにした感が
どっかにあったかも~。(;´∀`)
外国人にはウケるかも (ジョニーA)
2015-04-30 05:11:43
渡辺えりと竹中直人の例のオマケ映像は、
あまり大々的に映さず、画面の隅のほう~
でかろうじて映ってる(DVDで、画面をコマ
送りで確認してやっと分かる程度のw)ぐら
いにしておいたら丁度良かったかも知れま
せん。(二人の濃さを薄める意味でも・・・)
Unknown (Ageha)
2015-04-30 22:40:23
ジョニーAさん、どうも。

渡辺えりと竹中直人いうたらどうにも濃いですからね。
ついでにどっちかがでたらもう片方も出さなきゃってことになったんでしょう~。(^_^;)完全にShall we dance?ですわな。(^_^;)

ま~、外人にははいりこみやすいかな・・・?(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『舞妓はレディ』  (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「舞妓はレディ」 □監督・脚本 周防正行□キャスト 上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、        竹中直人、高嶋政宏、濱田 岳、岸部一徳、小日向文世、妻夫木 聡■鑑賞日 9月14日(日)■劇場...
『舞妓はレディ』 (2014) (相木悟の映画評)
京文化を照射する、はんなりミュージカル登場す! 周防作品のハイ・クオリティぶりを実感しはするのだが、いまいち心躍らない一作であった。 本作は、我が国が世界に誇るエンターテインメントの旗手、周防正行監督作。何やら監督が20年来、温めていた念願の企画なの....
舞妓はレディ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。周防正行監督。上白石萌音、長谷川博己、富司純子、田畑智子、草刈民代、渡辺えり、竹中直人、高嶋政宏、濱田岳、中村久美、岩本多代、高橋長英、草村礼子、岸部一徳 ...
映画:「舞妓はレディ」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年9月18日(木)。 映画:「舞妓はレディ」。 監督・脚本:周防正行 撮   影:寺田緑男 美   術:磯田典宏 装   飾:松本良二 音   楽:周防義和 主 題 歌 :上白石萌音 作   詞:周防正行・種ともこ 振   付:パパイヤ鈴木 ...
「舞妓はレディ」:垢抜けなさも芸の内? (大江戸時夫の東京温度)
映画『舞妓はレディ』は、(往年の)周防正行監督らしい「ニッポンの不思議な異世界」
舞妓はレディ ★★★ (パピとママ映画のblog)
『Shall we ダンス?』など数々の名作を手掛けてきた周防正行監督が、舞妓をテーマに撮り上げたドラマ。周防監督が20年前から考え続けてきた企画で、とある少女が舞妓を夢見て京都の花街に飛び込み、立派な舞妓を目指し成長していく姿を歌や踊りを交えて描く。主演は、半年...
舞妓はレディ (映画と本の『たんぽぽ館』)
京都の雨は盆地に降る * * * * * * * * * * 本作は題名を見ただけでも明らかですが、 ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の日本版ともいうべき作品です。 舞妓が一人しかいなくなってしまった京都の小さな花街、下八軒。 老舗のお茶屋・万寿...
『舞妓はレディ』をトーホーシネマズ渋谷6で観て、あの歌は何なのかふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★上白石萌音ちゃんは可愛いと思う】   違和感を感じてしまったのは、 劇中で歌われる歌をあまり好きになれなかったからだろう。 多分、それは呼吸を意識 ...
『舞妓はレディ』 (こねたみっくす)
おおきに、すみまへん、おたのもうします。 周防正行監督が20年前から温め続けてきた企画を、約800人のオーディションを勝ち抜いた新人・上白石萌音さんを主演に作り上げたこの和風 ...
映画:舞妓はレディ オールスターキャストで飾る、周防ワールド・エンタテイメント! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
予告編をみた時は「あっよくあるパターン、ね」とパスを決め込んでいた。 ところがあとで、監督は周防正行と知り、変心。 なんたって「シコふんじゃった」「Shall we ダンス?」他、名作エンタテイメント揃い。 一方で近作は「それでもボクはやってない」 とてもヘビ....
「舞妓はレディ」 おおきに、すんまへん、おたのもうします (はらやんの映画徒然草)
劇場の売り場で「『舞妓はレディ』のパンフレットください」と自分の口で言ったとき、
「舞妓はレディ」みた。 (たいむのひとりごと)
周防正行監督作品。舞妓さんを目指して京都のお茶屋の世界に飛び込んだ少女の成長物語で、ユーモア溢れる和風ミュージカル仕立てになっている。「マイコ ハ レディ」、言うまでもなく『マイ・フェア・レディ』がス
舞妓はレディ (はるみのひとり言)
試写会で観ました。舞妓さんになりたいと花街にやって来た田舎娘の春子が、仕込みさんから店出しするまでのお話です。めちゃくちゃ楽しみにしていた映画でしたが、観た感想はちょっと斬新過ぎて正直う~んだったかな~。ミュージカル仕立てで楽しめるんだけど。なんかいま...
舞妓はレディ  (そーれりぽーと)
周防正行監督最新作は、なんと舞子さんを夢見る少女を描いたミュージカル?『舞妓はレディ』を観てきました。 ★★★★ ミュージカルかな?と思わせる予告編でしたが、がっつりミュージカルでした。 しかも、タイトルで『マイ・フェア・レディ』へのリスペクト感じさせて...
「舞妓はレディ」見習いとなり厳しい稽古指導を受けた先に待っていた舞妓になるための覚悟としきたり (オールマイティにコメンテート)
「舞妓はレディ」は地方から舞妓になりたいとやってきた少女が舞妓になるために様々な厳しい修行を経て舞妓になっていくストーリーである。昨今の人手不足により伝統芸能の存続危 ...
【舞妓はレディ】もう一人の主役、百春 (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
{{{[http://eiga.com/movie/78676/ eiga.com 作品情報 舞妓はレディ]}}} {{{: ■解説:「Shall we ダンス?」「それでもボクはやってない」の周防正行監督が、京都を舞台に舞妓になるために頑張る少女の成長物語を、数々のオリジナルソングが彩るミュージカル仕立てで描...
舞妓はレディ (のほほん便り)
かなり好みは分かれるかもしれませんが、(実際、「Shall we ダンス?」の熱烈ファンなダンナさんが、ミュージカル仕立てになって脱落)斬新で楽しい作品でした。願わくば、出演者全員に「見せ場を!」との、旺盛なエンタメ精神と、徹底した作り込み、と斬新さに、三谷幸...