ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

人をリトマス紙にかけないで(泣)~「ツリー・オブ・ライフ」~

2011-08-31 11:10:50 | 映画



最近、自分の周りで、
書いたレビューの内容でもって攻撃されてるひととかいて、
なんだかものすごく感想が書きにくいんだけど。

正直いうとね、
開始直後に帰りたくなった。(オイ)

話が大きすぎる、あまりに宗教色が強い。

人の営みなど、宇宙ができて、地球ができてなんていう
気の遠くなるような歴史のなかじゃ
めっちゃくちゃちっぽけである。
そんなかのましてやある家族の「幸せだった時間」なんて
あまりに短いやん。

命はそんなふうに繰り返され、今に至ってる。
…神はすべてをみているということか?

ワタシは、そのものすごくちっぽけな人間の
ある家族の話を見たかったんだ、ホントは。

そういう意味じゃブラッドピットやショーンペンは
別に彼らじゃなくてもよかった。
あくまでも客寄せパンダにしか見えなかったんだ。
実際それにつられて見に行ってる約一名はここでしょんぼりしてる。
置いてかれたと思った・・・。


人のレビューをいっぱい見に行った。
ものすごく称賛してるひととケチョンケチョンの違いは
「理解できたかできないか」でまっぷたつだ。
理解できないまでも、心に届いた、感じたよというひともいた。
あくまでも個人の意見だからものすごく誤解されそうなんだけど
好きか嫌いかといえば、嫌いな部類に入る、頭かかえた。
でも、実際に鑑賞して三日たった今はちょっと変わって来てる。

映画の表現はあまりにも抽象的な部分と語りが多い。
んで、クリスチャンならもすこし肌で感じられる部分もあるのだろうなという
俯瞰でしか見れないような作品。

ただ、その中にあって
親と子の意識の違いからどれだけすれ違って
殺したいと思うほどに憎んでも
必ずいつかはわかりあえるものなんだという救いがあったことが
うれしかったかなと。

ブラピ目当てという目的以外にこの映画を見たかった理由がもうひとつあった。




「父さん、あの頃の僕はあなたが嫌いだった」
・・・おそらくはこの1行にどうしようもなく惹かれたんだ。



すでに私の両親は亡くなっている。
この映画と逆パターンで、やたら怖くて厳しかった母と
優しいのか放任主義なのかよくわからなかった父で。

母は重い腎臓病でおそらくそれゆえに人生であきらめてしまったことが
あまりにもいくつもあったんだと思う。
昔はそれだけで結婚するにもハンデだったらしいし。
出産なんてもってのほかで実際に私が生まれるまでに流産を2,3度したらしく
当然のことながらきっと私は彼女にとって希望で夢で
過剰な期待をされてしまったんだと思う。
でもその愛情に対して私は恐怖と反発心しか持てなかったんだ・・・。
彼女は私がまだ小3のときに亡くなった。
めっちゃ親不孝な話だけど「これで解放された」って思ったんだ・・・。

分かり合うことのできないまま死別してしまって
今自分が親になって、ヘンな話物言わぬ相手に向かって
墓参りの度にあーだこーだと心でしゃべってる。
取り戻せない時間ではあるけれど、自分がその年齢になれば
見えてくるものってあるんだ。



ブラッドピット演じる父は確かに厳しかったかもしんない。
俺のいうことが絶対でありながら俺のようにはなるなという
一見ものすごく矛盾したことを言うてるんだけど、
それは子供心にはわけわかめな話なんだけど
今親目線でこの映画眺めるときに
そんなつもりじゃないんだけど、こんなふうにしかできなかった父の姿とか
その心中は察してあまりあるものがあってね。めっちゃわかるんだ。
・・・ってか、一昔前の頑固おやじってみんなあんなふうじゃなかったっけ?
あれ、ふつうだと思った。
反抗期の息子3人おって、お父さんがこわくなかったら
好き勝手するやん・・・(笑)
抱きしめてるシーンも一緒に遊んでるシーンもあった。
けっしてただのわけわからんDVおやじではなかったと思うんだけどな。
その時は親を憎むかもしれないし、めっちゃ大きな壁として
自分を邪魔するものと思うかもしれないけど
社会に出て行ったときの自分の敵はそんなもんじゃない。
強くあれという父の気持ちもわからなくないんだ、
ただ、父も人間だから実は弱くて
子どもは父の身勝手も矛盾も見栄も見抜いてしまう。
父はそれ指摘されると立場ないからよけいに怒るわな・・・。


ものすごく漠然とした映像とあまりに気持ち良くて眠ってしまいそうな音楽で
何を見に行ったのかわからなくなる作品ではあるけど
確かにものすごく人を選ぶ作品ではあるけど
わかったからどう、わからなかったからどうという言い方はあまりしたくないな。
なんだか裸の王様みたいな気分になるし、
そもそも映画の感想なんて自分にとってそれが
すきか嫌いかだけの話だと思うし。
技術的なことなんもわからん人間が見に行って、それが良作か駄作かなんて
判断できるわけもない。
2時間の異世界で何を思うかだけの話だと思うし。

正直わけわからん世界に放り出されてしまったことは確か。
ただ、見終わった時と違って今の自分の心境としては
決して無駄な時間ではなかったと思う。
もいっかいみたいかといわれたら遠慮するけど。(オイ)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 命より大切なもんてないんち... | トップ | 迫力はスクリーンだけど・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同感です。 (えい)
2011-09-04 23:52:18
>そもそも映画の感想なんて自分にとってそれが
すきか嫌いかだけの話だと思うし。

>2時間の異世界で何を思うかだけの話だと思うし。

同感です。
ただ、ぼくは開始直後に
帰りたいとはならなかったです。

数ある映画の中には、
眠くなる映画も
ないではない中で、
これはハマっちゃってました。
Unknown (Ageha)
2011-09-06 14:48:56
えいさん、どうも。

冒頭でも書いたんですが
最近誰々が好きとか苦手とか書くだけで
攻撃コメントがきたりとかあるんで
見に行った映画で
自分の肌に合わなかったものを書くとき
妙に神経質になってしまいます。
・・・とはいえ、歯に衣着せずに言いたい放題ですが。(笑)


この映画のスバラシサがどうして理解できないかな~・・・はつらい。
受け入れられなかったからって
こんなん見に行かなくてもええって
バッサリ斬られるのも悲しい。
映画の感想を離れて
映画を見に行ったひとの感情が
これほどはっきり見える作品はびっくりでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ツリー・オブ・ライフ (心のままに映画の風景)
厳格な父親(ブラッド・ピット)、愛情溢れる母親(ジェシカ・チャステイン)に育てられた長男のジャック・オブライエン(ショーン・ペン)は、人生の岐路に立ち、自らの少年時代に思いをはせる――。 1950...
*『ツリー・オブ・ライフ』* (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:アメリカ映画、テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、 ジェシカ・チャスティン、フィオナ・ショウ、 ハンター・マクケラン出演。
ツリー・オブ・ライフ (あーうぃ だにぇっと)
7月25日(月)@よみうりホール。 いよいよ公開が近づいてきた問題作(笑)。
[映画『ツリー・オブ・ライフ』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆正直、きつかったなぁ。  最初の30分間くらい、延々と「宇宙/地球/生命創造」のイメージ画像が続く。  「物語」で進んでくれているわけじゃないので、退屈なことこの上ない。  でも、恐竜時代のトコでは、妙にCGに金をかけた恐竜描写がある^^  退屈だが、...
ツリー・オブ・ライフ (佐藤秀の徒然幻視録)
宇宙の一生と人間の一生 公式サイト。原題:THE TREE OF LIFE。テレンス・マリック監督、ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャスティン、カリ・マチェット、ジョアンナ・ ...
『ツリー・オブ・ライフ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ツリー・オブ・ライフ」 □監督・脚本 テレンス・マリック □キャスト ブラッド・ピット、ショーン・ペン、ジェシカ・チャステイン■鑑賞日 8月13日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★(5★満点、☆は0.5)<感想>...
いのちを巡る物語~『ツリー・オブ・ライフ』 (真紅のthinkingdays)
 THE TREE OF LIFE  オブライエン家の長男ジャック(ショーン・ペン)は二人の弟とともに、厳格な 父(ブラッド・ピット)と慈愛に満ちた母(ジェシカ・チャスティン)に育てられた。 都会で...
ツリー・オブ・ライフ/ブラッド・ピット、ショーン・ペン (カノンな日々)
カンヌ国際映画祭でパルムドールに輝いた『ニュー・ワールド』のテレンス・マリック監督の作品です。予告編を観ると壮大なドラマという感じなんですけど、そのお話の中身は複雑そ ...
ツリー・オブ・ライフ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 眠い!とにかく眠くなった(爆)
ツリー・オブ・ライフ (Akira's VOICE)
天地創造。生々流転。  
ツリー・オブ・ライフ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間とは何者か、神は何処にいるのか・・・・? 「ツリー・オブ・ライフ」は、商業映画デビュー以来38年で、発表した作品は僅かに5本という、超寡作な異才テレンス・マリックの6年ぶりの新作である。 二世代...
ツリー・オブ・ライフ / THE TREE OF LIFE (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click カンヌ映画祭で、パルムドール受賞 「シン・レッド・ライン」のテレンス・マリック監督/脚本×ブラッド・ピット×ショーン・ペン ブラピは製作にも参加。 maru♪ちゃんのお誘いで試写にて鑑...
「ツリー・オブ・ライフ」みた。 (たいむのひとりごと)
まるで芸術作品のような映画。この映画は、感想としてわかったような事を書きたくないと思う作品。ただひたすら自分が感じたことをモヤモヤと考えるだけで、その考えが纏まらないから書けないとも言える。とても簡単
『ツリー・オブ・ライフ』 (こねたみっくす)
この世界は全て神様の気まぐれで出来ている。ゆえに人の死に答えを求めても無駄である。 寡作で知られるテレンス・マリック監督が第64回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した ...
「ツリー・オブ・ライフ」 万物の理 (はらやんの映画徒然草)
テキサスのとある家族の生活を描きながら、人とは、生命とは、宇宙(世界)とは何か、
ツリー・オブ・ライフ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
109シネマズ名古屋のエグゼクティブシートで初日に鑑賞してきました。予告で観た時から、寝る系統の作品であることはあらかじめ予想していたんですが・・・でも果敢に挑む自分を褒めてあげたい(どこが?) 寝そうな要因としてはBBCのネイチャードキュメンタリーぽい映像...
『ツリー・オブ・ライフ』 (ラムの大通り)
(原題:The Tree of Life) ----この映画、スゴくヒットしてるとか。 でも、途中で退席する人も多いんだって? 「うん。 どうやらカンヌでパルム・ドール賞受賞ということと、 ブラッド・ピット、ショーン・ペンという ふたつの要素で集客しているらしい。 でも、なにせ...
「ツリー・オブ・ライフ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
テレンス・マリック、いつかこういう映画をつくるんじゃないかと思ってた。 “こういう”って? 自然とか神とか精神的なものにググッと寄った、ある意味宗教的な映画。 でも、50年代アメリカの父子の葛藤の物語よ。 そう、そう、そうなんだよ。テレンス・マリックって...