ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゾンビの中心で愛を叫ぶ?!~「ウォーム・ボディーズ」~

2013-10-01 17:47:04 | 映画

かたや、食料を求めてやってきた。

かたや、薬を調達にやってきた。

んで、食うはずだった人間の女の子に恋をした。ゾンビが?!
銃をむける女の子に弾よりさきにハートを射抜かれたという・・・んなアホな。
しかもどんどん「人間化」してくという・・・。


顔色が悪いことをのぞけばなんだかフツーの恋人同士にさえみえる。(^_^;)


お父さん当然、んなもん許しませんわな。(^_^;)

ゾンビ・ミーツ・ガールが
人間にもゾンビにも感染させたものは愛でした~という、
えらいまたファンタジーなコメディです。(え)
Rの不器用さは昔々みたジョニー・デップの「シザー・ハンズ」にも似たものが
ありましたね~。
一生懸命であればあるほど滑稽で、でも、つい応援したくなっちゃうという・・・。

バンパイアと人間でラブストーリーがつくれるなら
ゾンビでもええやんという・・・んなアホな。(^_^;)

これがなかなか可愛かったですね。
しゃべれるわけないやろとか、んなハンサムなわけねーだろとか、
そもそも誰かと繋がりたいなんて思考が残ってることがおかしいやろとか
そこつっこんじゃいけません。

危険を冒して彼女のいる人間エリアにやってきて
彼女の家のバルコニーを眺めるシーンなぞもろ「ロミオとジュリエット」。
主人公のRが化粧をしてもらって少しでもゾンビ色を隠そうとするシーンは
ちょこっとだけ「プリティ・ウーマン」が流れると。
小ネタもちりばめられとります。

Rもええけど、友達のMがなかなかナイスでしたよん☆彡

バイオハザードにトワイライトの要素をブチ込むとこんな感じでしょうか?
そういや、バイハの5、リトリビューションのラストは
ホワイトハウスにしか人間がいない立てこもり状態でしたけど、
アリスが誰かと手をつなぐだけで話が解決したらめっちゃラッキーやのにね~って
・・・・・んなアホな。(^_^;)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりに歩きました。(^-^) | トップ | ワキ毛ボーボー、自由の女神... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リンク&引用させてもらいま! (ジョニーA)
2013-10-12 04:07:23
相変わらず、トラバは出来ませんがーーー
リンク&引用、貼らせてもらいまーーっす
画期的なゾンビの扱い方でしたね~~~。
ワタクシなどは、「身なりが汚い、匂う、自信が無い」
などの要素が共通しているので、「ゾンビ=ヲタク」と
脳内変換して観てしまいました~♪さしずめ、ゾンビ
=イケメンヲタク、ガイコツ=ブサイクヲタクwかな
朝もはよからおこしやす~(*^_^*) (Ageha)
2013-10-12 08:38:40
ジョニーAさん、どうも。

「バイオハザード」は
ゾンビよりアクションに特化して
怖いとかキモイより
ミラ様かっこいい映画に変わっていったし、
「ゾンビランド」は
ロードムービーで赤の他人が
騙し合いの末に家族みたく仲良くなっちゃう作品だった。
・・・映画におけるゾンビの扱い方も
エライ変わりましたよね~。怖くもキモくもないって。

・・・ってことでホラーやスプラッタが
全く見れない私にとって
「ウォームボディーズ」もいれて
大好きゾンビ映画ベスト3でした~。(なんでやねん!)
Unknown (Nakaji)
2013-12-02 15:10:34
こんにちは♪

>バイオハザードにトワイライトの要素をブチ込むとこんな感じでしょうか?

うけました。
たしかに・・・・トワイライトの要素っていうか、顔色悪いだけってとこも要素にいれて(笑)
Unknown (Ageha)
2013-12-05 10:46:49
Nakajiさん、どうも。

とうとうゾンビのラブストーリーまで
作っちゃったか~ってのが正直なとこ。
でもなかなか面白かったでしょ?(^-^)

・・・ほんまや。顔色悪いだけってとこも一緒ですね。(^-^)
Unknown (ふじき78)
2014-02-17 19:52:51
ニコラス・ホルトじゃなくって、ダニー・トレホだったら成立しないんだろうなあ、ってところにモテナイ系としてはちょっとイラダチを感じる。
ニコラス・ホルトでも・・?(^_^;) (Ageha)
2014-02-21 16:02:59
ふじき78さん、お返事遅くなってどうも。

えっとね~。ダニートレホ検索しました。(爆)
「スパイキッズ」「アナコンダ」「6デイズ/7ナイツ」は
見たはずなんですが記憶にない・・(^_^;)
結局メインかイケメンしか覚えてないってのは
確かにありますが。

確かにニコラス・ホルトは
「ゾンビにしてはかっこよかった(!!!)」けど

すいません、個人的好みの問題で
モテる系か?と激しくツッコミ
否定してしまいました。m(_ _)m
ただし、彼に限らず
”こっちからこの角度で撮って~~”で
めっちゃかっこよくあるいは美しく
みえるひとが大勢いることも確かです。
(フォローになってへ~~ん)
答え合わせ (ふじき78)
2014-03-03 22:17:39
こんちは。

ちょっと今更な感じもするんですが、ダニー・トレホはマチェーテさんです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ウォーム・ボディーズ (佐藤秀の徒然幻視録)
Rとジュリー 公式サイト。原題:Warm Bodies。アイザック・マリオン原作、ジョナサン・レヴィン監督。ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマー、ジョン・マルコヴィッチ、ロブ・コードリ ...
ウォーム・ボディーズ/ニコラス・ホルト (カノンな日々)
アイザック・マリオンの小説「ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語」を『50/50 フィフティ・フィフティ』のジョナサン・レヴィン監督が映画化した異色のゾンビ映画。なんとゾンビ化 ...
『ウォーム・ボディーズ』 (こねたみっくす)
ゾンビが人間の女の子に恋をした純愛ラブストーリー。愛は本当に世界を変えちゃったよ! まさかゾンビが出てくる映画で感涙するとは思いもしませんでした。 どんな理由でそんな奇 ...
ウォーム・ボディーズ (だらだら無気力ブログ!)
個人的にはヒロインよりもヒロインの友達の方がタイプ。
ウォーム・ボディーズ/ WARM BODIES (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 全米初登場第1位に輝いた、ゾンビのラブコメ 「50/50 フィフティ・フィフティ」(記事消えちゃった) のジョナサン・レヴィン監督がアイザック・マリオンの同名小説を映画化。 ゾンビ好きとして、楽しみ...
「ウォーム・ボディーズ」☆ゾンビラブコメ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
なかなかに心温まるものがあったわ。ウォーム・ボディーズだけに。 とんだB級ラブコメと覚悟して見たのが良かったのか、なんとなくウルウルするシーンもあり、概ね良かったかな。 この手の映画はツッコミどころなんて、あって当然だから、気にならないし~
『ウォーム・ボディーズ』 (2013) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Warm Bodies 監督・脚本: ジョナサン・レヴィン 出演: ニコラス・ホルト 、テリーサ・パーマー 、ジョン・マルコヴィッチ 観賞劇場: 浅草公会堂 映画『ウォーム・ボディーズ』 公式サイトはこちら。 (2013年9月21日公開) したコメに初参加して...
ゾンビ・サバイバー (Akira's VOICE)
『ウォーム・ボディーズ』 『ローン・サバイバー』