ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

孤悲(こい)の余韻がハッピーエンド。~「言の葉の庭」~

2013-06-02 13:01:42 | 映画

言ノ葉+GREEN MIND 2012(初回生産限定盤)(DVD付)
言ノ葉+GREEN MIND 2012(初回生産限定盤)(DVD付)秦 基博 アリオラジャパン 2013-05-29売り上げランキング : 57Amazonで詳しく見る by G-Tools

劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】
劇場アニメーション『言の葉の庭』 Blu-ray 【サウンドトラックCD付】東宝 2013-06-21売り上げランキング : 7Amazonで詳しく見る by G-Tools

ちなみにこのブルーレイは劇場で先行発売、映画の半券もってたらシネコンで買えた。
あ~~買っときゃよかった・゜・(ノД`)・゜・

15歳のタカオは27歳の女性からみたらただのガキでしかないのだろうと思い、
27歳のユキノは逆に15歳のときの自分に誇れるような大人になってないことを悩んでた。

雨宿りという形で後一歩が踏み出せない自分の避難場所というか
心のインターミッションを描いてた作品でした。
そして、二人に寄り添うかのように、
3人目の主人公であるがのごとく様々な「雨」が映画を彩ります。
アニメで水の表現て難しいんちゃいます?

そして「靴」と裸足があちこちで効果的に使われてて

ユキノさんの足型をとってるシーンが妙にエロティックだったな~。
別にそういうシーンじゃないんだけど、たかが靴を脱いだくらいでドキッとするくらい。
15歳の少年にとって女性の「足に触れる」だけでもすごい体験ちゃいますか?
ましてやこの時はまだ名前も素性もしらない年上の女性でっせ(すごい言い方(^^;)

恋を「孤悲」と書く、
孤独で悲しい、その文字に込められた思いはいかばかりか。
この奥ゆかしい、美しいセンスっていいね・・・。
新海さんのインタビューが載ってる「Other voices」を引用しますが


愛に至る以前の、孤独に誰かを希求するしかない感情の物語だ。
誰かとの愛も絆も約束もなく、その遙か手前で立ちすくんでいる個人を描きたい。

・・・ってことです。このへんの言葉がうまくでてこなくてそのままもってきてどうも。(^^;


雨の日本庭園でイラストを書いている少年と謎めいた女性の出会い。
何の約束もないまま逢瀬を重ねるふたりは
いつしか雨の日をまちのぞみ、雨が降れば会えることを楽しみにしていた。
出会ったころ、季節は梅雨に入ったばかり。
靴職人を目指す少年は、彼女が「歩けるようになるための靴」を作りたいと思い始める・・・。
そして、梅雨が明けてしまったあとふたりは・・・・

全くの余談ですが、新宿御苑ではアルコール禁止です。(^^;
でも、雨の日本庭園でチョコレートとビールを飲んでる美しいおねーさんに
めっちゃ会いたいやんと思った男子はめっちゃおったんちゃうかな。(おいおいおい・・・)
私再現しましょか?コーヒーで。(んなアホな)

15歳と27歳。
学生と社会人という、立ち位置が違うことの格差こそあれど、
お互いに今欠けているもの、今欲しいものに手を伸ばそうとして届かなくてもがいてるものたち。
タカオが「靴をつくってるときだけはユキノのいる世界にいられる気がした」ってのは
子供扱いされたくない、夢を笑われたくない気持ち。
その反面で大人になったって「ファンデーションが割れた」くらいで悲しくなるほど
ユキノは自分の弱さと戦ってた。


このまま淡々と進むのかと思いきや、やっぱりクライマックスでどっと感情が溢れ出すシーンがあります。
それを超えたときにやっと、
「お互いがそれぞれの道を歩き出すことができるようになる」わけなんですが
これはコクってチャンチャンやったらシバく~とおもってただけになかなかいい展開でした。(^-^)


雨が降れば会える、裏返せば梅雨が明けたらもうそこにはいないの?っていうさみしさはあれど
雨が降らなくても私はここにいますっていう万葉集の返歌がここで生きてくるわけで。キャ~~。(アホ)

出来上がった靴は「雪の日」のあのベンチにコトンとおいて
それでもう完結ですね、会いに行かなくてもいい。そういう「余韻がハッピーエンド」な作品でした。

とにかく、めっちゃ好きです、こういうの。(あ~逃げた!そのひとことで片付けるんかいっ)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思いがけないイケメンも混ぜ... | トップ | 愛は蘇生もできます?!(^^;... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (GAKU)
2013-06-08 13:24:42
Agehaさん、こんにちは。
私も見てきました。前回が前回なだけに新海監督の新作には期待していましたが、やってくれましたブラボーです。

やはり新海監督はこういう独白+映像美で魅せてくれるのが一番いいのかなと、改めて思いました。ジブリテイストなんていりません。ショートでも十分心に作品ができると証明してくれたと思います。

ラストもラブラブにはならずにいい感じのバランスで終わって、秦さんの「Rain」がピッタリ過ぎて心に響きました。

※余談。新宿御苑、アルコールだめなんですね。知らなかった。じゃあオールフリーでならOKかww
Unknown (Ageha)
2013-06-08 23:48:02
GAKUさん、どうも。

ですよね。「セカイ系」と言われてる新海さんですけど
十分フツーの恋物語も描けるやんと。
自分のカラーで勝負してけばいいんですよ~~。(^-^)

あれが格差婚とかいう安易なオチやったら
ぶっとばすとこでしたけど
切なくても好感度大の結末やったと思います。

映画の場面でも確か禁止マークでてませんでした?(^^;

あ、いつか
雨の新宿御苑で日本庭園の写メのっけてください(^-^)/
ホンモノがみたいです(ミーハーでどうも)
こんにちはw (たいむ)
2013-06-09 13:08:42
>「靴」と裸足
そうそう!
そこは妙に色っぽかったですよね~(笑)
でも、この物語での靴は別の象徴でもあって、
うまいなぁって思いました。ハイ。

雪とか雨とか、自然の使い方も巧いですよね。
Unknown (Ageha)
2013-06-09 16:13:13
たいむさん、どうも。

でしょでしょ?

ことありきたりな恋愛ものにしないかわりに
ちゃんとそういう部分で魅せてるんだなと。

新海さんの絵ってとくに光が好きなんですが
今回はほんとにいろんな表情の雨を
見たような気がします。
そうそう・・・ほとんどが雨のシーンだったせいもあって
クライマックスの空と
エンドの雪のシーンも印象的でしたね(^-^)
こんにちわ (にゃむばなな)
2013-06-20 11:11:22
そうそう、裸足を触らせるシーンが妙に色っぽいんですよね。
でもそれこそ新海監督が雨を効果的に用いたがゆえの色っぽさでしょう。
そういうところがたまらなく好きになれる映画でしたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
言の葉の庭/入野自由、花澤香菜 (カノンな日々)
名作青春アニメ『秒速5センチメートル』の新海誠監督が手がけたこの最新作は梅雨の季節に出会った靴職人を目指す15歳の少年と不器用な27歳の女性を巡るドラマを描いたラブストーリ ...
人も景色も、闇の部分があるからこそ光の部分はより鮮明に ─ 言の葉の庭 ─ (Prototypeレビュー)
─ 新海誠監督 『言の葉の庭』 ─ 前作『星を追う子ども』が完全にジブリケチャップ味になっちゃったので、そのジブリの呪縛から解き放たれた新海監督の新作『言の葉の庭』は、キ ...
「言の葉の庭」みた。 (たいむのひとりごと)
良い映画だったなぁ~新海作品では『秒速5センチメートル』がぶっちぎりで好きなのだけど、相手を思い遣る気持ちの強い今作の、少し大人な感じが好きかも。さすがに歳の差ひとまわりともなると、そうそうハッピーエ
『言の葉の庭』 (こねたみっくす)
雷神の 少し響みて さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ 万葉集・孤悲の物語を現代の東京を舞台に新海誠監督が映像文学として作り上げたこの作品は、美しさの中に淋しさを内包しつつ ...