ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

ニャーニャー駄馬頑張る。(^_^;)〜「ジャッジ!」〜

2014-01-20 14:21:22 | 映画




ブッキーのせつなげな犬顔って
なんか母性本能くすぐるんだよね〜。


北川景子が演じる太田ひかりも結局は
この「駄馬」を乗りこなしてやろうというギャンブルに打って出る。
(わわわ・・・それ以上いうたらダメですね。(^-^))


バカをいくつ乗っけても足りない正直者で
嘘や不正ができないひと。
そうありたいとは思うけれど、それを通したらめっちゃ
世の中わたってくのに損しちゃうひと。
要領よくなって賢くずるく時には出し抜いていかないと
生きていけないのに
冴えない広告マンがまっすぐ生きようとしたらそらもう
たたかれっぱなし。

・・・ただ、そういうひとが報われるような映画があってもいいじゃん。
心からそう思った。
ダメなものはダメ、いいものはいいと
裸の王様じゃないけど、当たり前のことが言いたいよね。


めちゃくちゃダサいちくわのCMをサンタモニカ国際広告祭で
グランプリとれないとクビ〜ってま〜むちゃくちゃな使命をおしつけられて
英語もロクに喋れない太田貴一郎が
ペン回しとオタクグッズとハッタリでもって
さ〜どこまで頑張れるんだよっていうお話。
同じ太田でもできるほうの太田ひかりを
ラスベガスが近いからギャンブルできまっせで
無理やり夫婦として同行させてさてグランプリの行方はいかに・・・。


トヨエツがま〜すげーやな役なんだけど似合ってるのなんのって。(爆)

損して得とれじゃないですけど、喜一郎にとっては本当に
「無茶」とかいて「チャンス」だったわけですね。
できませんていうのは簡単かもしれないけど
そのピンチを乗り越えた時に間違いなく大きくなるわけです。
実際とってもとってもたくさんの友達ができたわけですし、
この業界にはいるきっかけを作ったひととも繋がったわけですし。(わわわ)


う〜ん、コメディとしては十分面白かったし伏線の回収もばっちしだったと思うんだけど
実は「肝心のCMそのものにぜんぜん魅力を感じなかったこと」と
その「審査のかけひきがチープだったかな〜」というちょびっとの物足りなさが惜しかったかな〜。
(・・・いや問題でしょ、そこ〜〜〜!)


世の中そんなうまくいかへんやろ〜というオチなんですけども
とにかく妻夫木くん演じる太田がイキイキしてて一生懸命で不器用でアホで
ホント応援したくなる作品でした。
彼が笑顔になることでわたしにもできるんじゃないかっていう元気がもらえるような。
・・・劇中、彼のセリフで「CMで世界を笑顔にしたい」ってのがありましたけど
この映画も十分みたひとをハッピーにしてくれるんちゃうかなって思いました。



PS:実はすげーひとだったのね、リリーさん。
去年もそうだったけど、つくづくバイプレーヤーとして頭角を現してきたね〜
ええ役者さんになったもんだと思います・・・(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 優香〜〜〜〜。(モガモガ)☆〜... | トップ | HAPPY・BUMP OF CHICKEN »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ituka)
2014-01-22 20:37:25
これ、今更ながら各情報もらってからチョット高感度アップです。

鑑賞中、序盤の狐のCMなんて見てて涙が出そうなくらい辛かったですし
真面目で小心者の妻夫木くんのキャラでなんとか持っていたようなものでした(笑)
ところが終盤の伏線回収はほんと見事でしたね。

リリーさん、あの方は凄い!憧れる^^
己の考え一切ブレず、まるで匠の技を見てる感じでした(笑)
Unknown (Ageha)
2014-01-23 00:06:44
itukaさん、ようこそ〜。

お父さんが犬っていうSoftBankも
最初どうだったんでしょうね〜。
その斬新な企画自体はよくても
あの吹き替えに北大路欣也んとこ行って
犬ですってオファーに行く勇気・・・。(^_^;)

ニャーニャーmeans”おいしい”のほうが
無茶と書いてチャンスとよむよりムチャな気がしますが
何が幸いするかわからんもんですね〜。まったく。

ああいうとこにいる男ってすげー怪しくて
そのくせじつはすごいのよってひといるのよね。
その期待にきっちり答えてくれるキャラでしたね〜(^-^)
こんにちは。 (みぃみ)
2014-01-23 10:44:40
トラックバック&コメント、ありがとうございました。

はい。この映画を観てハッピーな気分になりました☆。

一見、ありえないおバカな諸々が、
太田の課せられたミッションにはとっても効果的、
観ているこちらは、愉快に笑える。

そんなに世の中甘くないと思うけれど、
人間の持つ良心はいつの時代も同じだと思うので、
こういう大成功もあるかも♪と、
一筋の光のような印象をうけました。

できる方のオオタも、
ラスベガスの博打より、
馬主兼飼育係で太田を勝ち馬にした快感の方が大きかったかと♪。

Unknown (Ageha)
2014-01-23 12:04:38
みぃみさん、ようこそ。

みたひとが元気もらえるような映画って
それ演じてるひとらにとっても嬉しいことやと思うんですよ。
だもんだからチープな部分があったとしても○。
ホント楽しかったです。♪

う〜ん、ダーリンを操ってみたいもんだ。(違)
うんうん、えらいえらいってもちあげといて
手のひらでおもいっきり転がしてみたい〜(え)

・・・すいません、脱線しました。(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
映画『ジャッジ!』観てきたよヾ(=^▽^=)ノ (よくばりアンテナ)
サンタモニカで開かれる世界一のTVCMを決める国際広告祭に 無理矢理参加させられる落ちこぼれ広告マンの太田喜一郎(妻夫木聡)が、 ちくわのCMを入賞させるべく、ドタバタ繰り広げるコメディ。 詳しくは公式HPへ。 笑ったわ〜〜(*´∀`*) ここ最近はダメ男を...
ジャッジ!/妻夫木聡、北川景子 (カノンな日々)
CMディレクター出身で『いぬのえいが』にも参加している永井聡監督が妻夫木聡さんを主演に落ちこぼれの広告マンの奮闘する姿を描いた業界物バックステージ・コメディです。CMプラン ...
ジャッジ!〜トヨタが落選する訳ない (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。永井聡監督、妻夫木聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、荒川良々、玉山鉄二、玄里、田中要次、風間杜夫、でんでん、浜野謙太、伊藤歩、加瀬亮、 ...
ジャッジ! (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(AF) 三谷監督がいう妻夫木くんのイメージはこういうことね(笑)
ジャッジ! 審査員を審査する (そーれりぽーと)
予告編のドタバタ感が面白そうだった『ジャッジ! 審査員を審査する』を観てきました。 ★★★★ ステレオタイプのキャラクター達でCM業界の裏側を茶化して描いたサクセス・コメディー。 監督と脚本家はふたりともCM業界出身なのだそうで、CM業界から中島哲也監督のよう...
映画:「ジャッジ!」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年1月16日(木)。 映画:「ジャッジ!」。 監  督:永井聡 脚  本:澤本嘉光 キャスト: 妻夫木聡:太田喜一郎・北川景子:大田ひかり リリー・フランキー:鏡さん・鈴木京香:木沢はるか 豊川悦司:大滝一郎・荒川良々:カルロス 玉山鉄二:竜也・...
無欲の勝利。『ジャッジ!』 (水曜日のシネマ日記)
仕事の出来ない新人広告マンが世界的な広告祭で自社CMのグランプリ獲得を目指して奔走する物語です。
『ジャッジ!』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「ジャッジ!」□監督 永井 聡 □脚本 澤本嘉光 □キャスト 妻夫木 聡、北川景子、リリー・フランキー、鈴木京香、豊川悦司、       荒川良々、玉山鉄二、田中要次、風間杜夫、でんでん、伊藤 歩、加瀬 亮 ■鑑賞日 1月11日(...
ジャッジ! (とりあえず、コメントです)
CM業界や世界的な広告祭の裏側を、妻夫木聡&北川景子主演で描いたコメディです。 予告編を観て、主人公たちのドタバタしている雰囲気が楽しそうだなあと気になっていました。 予想以上にギャグが登場する展開に、大笑いしながら楽しめるような作品でした〜♪
映画 ジャッジ! (こみち)
JUGEMテーマ:邦画     CM業界を巡るコメディー。   おかまやオタクが威力を発揮する?   きつねちゃんこと大田ひかり(役:北川景子)が   いい味出しています。   審査は汚...
映画「ジャッジ!」☆☆☆ (ドラマでポン)
コンコンコンコン♪ 腰コシ腰、ニャア!(注:これは猫です) いや、どう見てもキツネだから! 作中で何度も繰り返されるクソCMが耳について離れないしw むしろ賞取ってたTOYOTAの ...