ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

ALL FOR ONE.~「orange」~

2015-12-17 00:47:20 | 映画

スターウォーズが公開されるまでの数日間だとは思うのですが、TOHOシネマズくずはモールのTCXで鑑賞ができました。
ラッキー☆


学園ドラマなんてもうこそばくって恋愛ドラマもこのくらいの年齢のやつは照れくさくって
全然見てなかったんだけどね、これに関しては”10年後の自分から手紙が届く”
”未来を変えられるのか”ってのがやっぱものすご興味があってね。

関係ない話にぶっとびますが、娘がカレシィとこれを見に行ったときに、、
まわりが学生ばっかりで、翔が菜穂にコツンとやるシーンとか体育祭のキスシーンとか
まわりで「キャ~~~~~~」いうてて”若いもんにはついていかれへんかった”とえらいこぼしてました。
まだ24のくせに。もう忘れたんですかそういう”きゃ~~”(;´∀`)

・・・よかった、そういう環境じゃなくって。朝イチのでかいスクリーンは邪念がはいらなくてよい。(爆)


26歳の菜穂はこれはこれで幸せな人生を歩んでいるわけです。
授業でパラレルワールドの話をもってきたときに、あ~そういうふうにこの話をもっていったのかと納得。
それならば、一生懸命翔を助けようとしたすべてのことが無駄にならずに済むわけですな。


ラブストーリーというよりは、友情もん。
誰かと誰かをくっつけるとかそういうふわふわの恋愛もんじゃなくって、
友達の命を救うために全員が奔走するって・・・うん、ここまで誰かが誰かを大切にするって気持ち
なんかいい、理屈ぬきで泣ける、なんてええ子たちなんだろうって。
・・・・パラレルワールドなんか信じない、でも友達のいうことは信じられる、
みんなの気持ちがひとつになったとき、翔の未来が変わっていく、そういうお話。

体育祭のリレー選手を選ぶシーンとか、マットもって6人で喋るシーンとか、
バトンパスにいたってはそうとうベタな展開なんですけども、それでも繰り返しますが
みんなで翔を救いたいと思うその気持ちがあまりに真剣で、そこんとこはもうほんとにキラキラしていました。



個人的には菜穂と翔がどうのこうのよりも諏訪くんがあまりにひとがよすぎてもう
なんかそっちにズギューんときてました。高校生の彼も10年後の彼も。
♪誰かの願いが叶うころ、あの子が泣いてるよ♪状態。
翔の精神状態の不安定さとか、抱えてるもんの重さとかわからなくはないけれど、
明るい顔して笑ってたって心で泣いてるやつもおるんやで、笑える状態じゃなくっても笑ってる人もおるんやでって意味では
諏訪くんだって辛いと思うのな・・・。



手紙を信じるとっからしてかなり無理があるんだけども、
翔を救うために、手紙に書かれていた事以上の何かをやらないと未来は変えられないと、
菜穂の手にはおえなくなったときに、実はって諏訪くんが加わり、いつもの仲間も加わる、

本気で相手の心に入っていこうとする、守ってあげようと思う、その心が開くように手を差し伸べる、
う~ん、なんていうたらいいのか、自分がこれくらいの年頃のときに
ここまで誰かのために動いたことあったかなっていう反省も含めて
あ~やっぱり友達ってええもんやな、仲間って最高やなっていう当たり前のとこにたどりつきました。


過去と未来どっちに行きたいとか思いますか?

私は今目の前のことだけみていたい・・・かな。

取り返しのつかないことも、先に起こることを知ってしまうのもなんだかで。

今目の前で起こってるすべてのことも、一応自分ですべて選んだ結果でここにいるのだから
少なくともそのことに関して、結果的に最善でなかったとしても、納得はしていたいですね。

あの時ああしていればなんていうものすごく大きな後悔をしたことがない・・・って意味では
それだけで十分幸せな人生をここまで歩いてこれたんだろうなとも思います。

がんばって思い出したところで、あの時コクっておけばよかったとかいう程度の。(;´∀`)
・・・あ、確かにそれうまくいってたら未来は変わってたかな?(コラコラ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うわ~重たい、笑えない~。でも... | トップ | ~「イニシエーション・ラブ」~ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2015-12-17 06:15:12
 実はこれ、原作みんな持ってて読んでるのね(爆)
娘じゃなく私が買ったんだけど。乙女チックな私です(爆)
舞台となる松本の風景の書き込みがすごく綺麗でね。ちょっとホラーっぽい絵柄でもあるんだけど。

 娘に「見に行こか?」って誘ったんだけど、「原作の面白い奴は映画はなぁ・・・」って(笑)ま、WOWOWまで待つことに。
Unknown (Ageha)
2015-12-24 14:23:56
しんちゃん、どうも。

こういうのって、ロケ地の名所観光案内も兼ねてしまいますよね。
もちろんロケに選ばれた場所はそれをもくろんで全面協力してくれはるのでしょうけど。(わわわわわ)

レビューにも書きましたけどこれ、ワンピースのときとおんなじでスクリーンでコブクロが聞きたいとかいう
そもそもは不純な動機でした。(おい)
でも十分胸きゅんの物語でしたよ。
・・・メインの二人に関しては全然ええとおもわんかったけど(え~~~~!!!!!)
こういう友情ものは大好物です。
演技がうまい下手とかいう意味ではなくて単純にキャラ設定が、
なんていうかかたやもどかしく、かたや暗すぎる。

んで、このふたりのためになんとかしてやろうっていう
友達がもうそこまでしてくれるんかいなっていうとこに
めっちゃ感動したわけですよ。ほんまよかったですよ。
Unknown (ふじき78)
2016-01-01 22:59:00
ホラー映画だと、あの娘(もしくはあの男)がいなければ、私に振り向いてくれるかもって積極的に排除に向かう作品が多いのに、みんないい人という展開は良かったですね。

カケルの運命も変わったけど、ミスコン彼女の真野恵里菜、あの子の運命が一番狂わされたんじゃないたろうか?
Unknown (Ageha)
2016-01-02 00:08:49
ふじき78さん、あけましておめでとうございます~。
最近なかなかコメントにもいけませんが
細々とやっていきますので
今後ともよろしゅうお願い申し上げます~~(^-^)/

うん、みんないい子。それがとってもよかったですね。
実際はこういうの難しいんだろうけど。(わわわわわ)

あ~、あの彼女ね。いかにも~なやなオンナを演じさせられていた感ありますけど、
そのわりにはプールのときくらいでわりとあっさり引きましたね~。そこひっぱるとこじゃなかったのもあるけど。(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
orange-オレンジ-~後悔並び立たず (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高野苺原作、橋本光二郎監督。土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通、清水くるみ、鶴見辰吾、真野恵里菜、森口瑤子、草村礼子。SFテイストと青春恋愛を混ぜ ...
『orange』をトーホーシネマズ新宿7で観て、139分は長いだろふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★いや、普通におもろいけど見る前に時間聞いてちょっとゲンナリした】 おもろいし、見てる間は時間の長さとかそんなに意識しなかったし、ちゃんと楽しませて ...
orange-オレンジ-/土屋太鳳、山崎賢人 (カノンな日々)
長野県の松本を舞台に10年後の自分から届いた手紙によって、悲しき運命を変えようとするヒロインの姿と仲間たちの友情を描いた青春純愛ストーリー。劇場で配布していた第1話お試し ...
orange-オレンジ-  (Break Time)
昨日の、荒れた天候から・・・
orange−オレンジ− ★★★ (パピとママ映画のblog)
高野苺のコミックを基に、未来からの手紙によって運命を変えようと奮闘するヒロインの姿をファンタジックかつ爽やかに描く青春群像劇。手紙により10年後の自分が後悔していることを知った女子高生が、大切な人を救おうと行動する姿を映す。NHKの連続テレビ小説「まれ」の....
「orange-オレンジ-」過去の自分に宛てた手紙に込められた想いの先に知ったその時代の後悔をしないために込めた自分への想い (オールマイティにコメンテート)
12月12日公開の映画「orange-オレンジ-」を鑑賞した。この映画は高野苺原作の「orange」を実写化した作品で16歳の女性が10年後の自分から手紙が届き、その手紙に書かれた事が ...
映画 『ORANGE ―オレンジ-』 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    未来の自分から届いた手紙を見て、翻弄させられる高宮菜穂。   高宮菜穂は何事も前に進めず、いつも自信がない。   現実ではとても面倒見たくない人種ですが   ...
ORNGE (映画好きパパの鑑賞日記)
 人気少女漫画を土屋太鳳、山崎賢人のNHK朝ドラ「まれ」コンビで実写化しました。悪くはなく、切ない部分も多いのだけど、前半は土屋、後半は山崎演じる主人公コンビにイラつかされました。  作品情報 2015年日本映画 監督:橋本光二郎 出演:土屋太鳳、山崎賢人...
映画『orange-オレンジ-』を観てきました (windy's note)
映画『orange』を観てきました。後悔しないように生きていこう。そう感じた映画でした。 [E:clip] 映画『orange-オレンジ-』公式サイト