ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

ありがとうのひとこと。・・・~「晴天の霹靂」~

2014-05-27 00:19:35 | 映画

柴咲コウがこんだけお母さんの顔になるとはおもってなくて
なんかびっくりでした。ふ~ん、こういう役もできるようになったわけですね。(えらそう~~(^_^;))

チョコレート食べちゃダメだよってひとことがぐっと来ちゃいます。詳しくはWebで。もといスクリーンで
お確かめください。m(_ _)m


「影日向に咲く」に続く劇団ひとりの原作映画化。
あ、初監督作品なんですってね。てっきり前も自分で撮ってたのかと思ってた。(^_^;)

話は飛ぶんだけど、夜のニュース番組の中でたけしが
芸人が映画監督するってもうそりゃ俺いじめられたしみたいな話をしてた。
わかんない専門用語をわざと使ったり、こう撮りたいってのを受け入れてもらえなかったり
今でこそ世界の北野とか言われてるけど
フロンティアが味わった挫折とか苦労とか身にしみてわかってるから
劇団ひとりにはほんと頑張って欲しいんだというような話をしてて。

う~ん。どうでした?



冴えない40歳のマジシャンがタイムスリップした先でであったのは
どうしようもないオヤジと自分を捨てていった母親だったと。

・・・ただ、自分が生まれてくるというその年に両親に会ったことで
親ってもんの愛情とかありがたみとかそういうものに触れることができたと。

えっとね、
予告編で何度も何度も見たシーンだけで
「オチは見えてる」わけで
ある種「古畑任三郎みたいに」
そのオチにむかって登場人物がどう動いたのかを
追っかける形で映画を眺めることになってしまったと。
見たくなるようには作られてるけど見せすぎだよね~・・・・。


同じ時間に同じ人間は二人存在しない。
じゃ~いつ帰るのか、今でしょってのがもうわかっちゃうんですよね。
マジックってのを実にスマートに使ってましたけども。(^_^;)


それでもいいな~と思えたのは大泉洋の演技力のたまものかな~。
ま、惚れた弱みであまあまな評価かもしれませんけども
「探偵はBARにいる」よりこっちのほうが断然好きだわ~個人的には。


劇団ひとりのほうはコインを少し操る程度なのですが
大泉洋はマジでいくつものマジックをマスターしなあかんかったので
演技よかそっちのほうが大変だったんじゃないかな?

誰もが愛されて生まれてくる、ただ子供のほうは
案外それわかってなかったりするわけで
んでいちいち全ての事情を子供に言うわけではないので
なおさら子供のほうは自分がめっちゃ不幸だと思ってたりするわけで
・・・タイムスリップは神様のいたずらかもしれないが
じつは春夫にとってはとっても幸せな体験だったんじゃないのかな・・・。

親孝行したいときに親はなし。
自分自身の話になっちゃうけど
・・・今はぶっちゃけ墓参りで手を合わせることしかできないんだけども
今思えば、私の母だって、
私を産みたいと思わなければもう少し長生きしてたかもしんない、
んで、私に対して厳しかったのは
そういう状況だからこそ尚更、その時の自分にできる精一杯をしてくれてたんだろうなと。
ま、そういうことが理解できるようになるにはこれだけ時間かかっちゃったけどもね・・・。

母の日と父の日の間にこういう映画が公開されることで
親に感謝する気持ち、みてるひとが改めて感じてくれるといいなって
なんだか映画の感想とちと離れた気持ちを持ちました。
・・・なかなか親に対して「ありがとう」って改まって言わないですしね。
言葉で伝えられなくたって、家族で仲良く暮らせることの幸せってやつを
改めて感じることで大切にできるといいですね。
・・・ってなんか優等生の発言だなや。(^_^;)

PS:ナプキンのバラが赤い生花になっておちたとこで終わってもよかったんちゃうのかな~?
このあとのラストシーンがどうもイマイチだった気がしたのは私だけ?
そのひとことを言わせたいがためにしてはここまできてそれはないだろ~という
もやっと感が残ったのが残念でした・・・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナレーションと音楽に賛否両論?... | トップ | 4人4様の父はよかったのにな~... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いと~ (cyaz)
2014-06-03 17:47:36
Agehaさん、こんにちは^^

ほんの一言、
「ありがとう」

なんちゃって(笑)

同じgooなのにTB入りにくいときありまんなぁ?
いと哀し・・・。
Unknown (Ageha)
2014-06-04 23:04:20
cyazさん、どうも。

はい、私のほうがcyazさんにもありがとう言わないとね~。
やたら強引TB飛ばしてお邪魔して
まとわりついてます(^_^;)
今後ともよろしゅ~に~~(^-^)/

TBの問題でseesaaからgooにお引越ししたのに
いとかなしやわ~、それ・・・・゜・(ノД`)・゜・
Unknown (ジョニーA)
2014-06-23 05:09:24
最後に年をとった劇団ひとりが、もっとしっかり登場
してたら、せっかくの涙台無しで、批判の嵐だったで
しょうから、顔をボカしていたのはギリギリセーフだっ
たでしょうねー。自分も、ラストの展開はない方がス
ッキリしたと思います。もしや、ひとりさん、あわよくば
、パート2、パート3も創ろうと思ってませんかぁー?
バック・トゥ・ザ・フューチャー的な構想まで、あったり
してネーw
Unknown (Ageha)
2014-06-23 18:23:44
ジョニーAさん、どうも。

う~ん、こんどは大泉洋が年取って
息子が未来からやってくるとかね(おい)

レビューでもちらっと書きましたが
芸人が映画撮るなんてするんじゃね~よって
本職のひとらがなかなか受け入れてくれなかったって話
世界の北野でもそんなフロンティア時代があったわけで
すべてはこれから。
”ネタ”は頭の中にあるのだから
あとはセリフにしろ見せ方にしろ
どんどん腕磨いてオリジナリティーだして
劇団ひとりも監督として回を重ねることによって
うまくなってってほしいです。(^-^)/(えらそうだな~~(^_^;))

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
青天の霹靂/大泉洋 (カノンな日々)
ちょっとテレビで宣伝し過ぎな感もありますが、大泉洋さんも劇団ひとりさんも面白いのでついつい観てしまうんですよね。さらに柴咲コウさんも加わった先日の「ボクらの時代」のト ...
映画『青天の霹靂』★生きる理由~生まれてきて良かった☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/162997/ ↑ あらすじ・配役はこちらを参照ください。     映画レビューしました。(ネタバレ表示ですが結末はボカしています) http://info.movies.yaho...
青天の霹靂 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。続けざまに試写会で上映されてるから、てっきり空いてるかな?と思ってたら、会場は満席で吃驚でした。ひとりさんの初監督作品で期待されてるのかな。売れないマジシャン轟晴夫が、40年前の浅草にタイムスリップして若き日の両親に出会い、出生の秘密...
『青天の霹靂』 2014年5月10日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『青天の霹靂』 を試写会で鑑賞しました。 なんだか久しぶりな気がする、よみうりホールでした。 【ストーリー】  場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)がホームレス...
青天の霹靂 (そーれりぽーと)
芸人が監督した映画にはいつもあんまり気が乗らないのだけど、予告編を見る限りは面白そうだったので『青天の霹靂』を観てきました。 ★★ 演出は荒削りだけど、初監督作にしてはスピード感のあるカメラワークや、派手なエフェクト、金のかかった1973年を再現したセ...
『青天の霹靂』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
映画・青天の霹靂 (読書と映画とガーデニング)
2014年 日本 劇団ひとり、初監督作品 売れないマジシャン・轟晴夫(大泉洋)生れて直ぐ父・正太郎(劇団ひとり)の女性問題で母・悦子(柴咲コウ)は家を出てしまう正太郎に育てられたが、高校を卒業後、家を出てからは絶縁状態になっている もう20年も薄汚れた...
青天の霹靂 (のほほん便り)
劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さん...