ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

伝説はひとりじゃ作れません・・・。(^-^)〜「ヘラクレス」TCX3D〜

2014-10-31 01:56:46 | 映画

てっきり、とんでもない魔物と戦うシーンが目白押しなのかと思ってたんですわな。

違ってた。

清く正しくムキムキに。(違)

あくまでも「人間ヘラクレス」が描かれるわけで、
雷鳴とともにゼウスが出てくるとか、声だけでもお告げがあるとか
なんかやるのかとおもったらそのへんは全くないのでご注意。
予告で流れたあれやこれやは予告なみにさら〜っと流れてしまいました。(え)


これ、どうやって倒したのかってのは、エンドロールでご丁寧にネタバレしてくれます。(^_^;)
ただ、12の試練のうち、巨乳がどうのっていう敵(!)に関しては映像なかったな〜。
(;´∀`)そこツッコミするか〜。(;´∀`)
会話の中では2,3度でてくるのに。(まだ言う)



RPGみたく、旅の仲間が増えて行って
それぞれがナイフだ弓だ槍だとお得意の武器があって、
口ばっかとはいえ、”ヘラクレスを「伝説の男」にすべく武勇伝を語り継ぐ話のうまい青年がおって、
預言者まで連れて。
この仲間それぞれの戦いっぷりも十分かっこよかったし
連携が取れてるのな。
この友情というか絆というか、このメンバーが魅力的だったんで
十分楽しめましたよ♪




ファンタジーやなくて肉弾戦です。
たとえがイマイチですいませんが、運動会のマスゲームをド派手にしたみたいに
たくさんの兵士が陣形を変えて進んでいくシーンとかそれだけでも(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-と思っちゃいます。
TCX3Dでみたおかげもあるんですが、臨場感はバッチシ。戦闘シーンはかなりの迫力でした。
ヘラクレスと仲間たちだけで倒すわけではなくて、兵士でもない一般市民をいっぱしの兵士に鍛え上げちゃって
軍隊を完成させちゃうんですが、そのビフォーアフターはみちがえるほどちゃいますんで
後半のアクションシーンのほうがそりゃかっこよくなりますわな。

・・・その鍛え上げてしまった兵士たちに追い詰められるってのはあまりに皮肉。
ハメられた上に、心にずっと抱える深い悲しみを抱えた事件の真相もここで明らかになります。
いやもうそこまでイジめるの〜ってくらい、運命はヘラクレスにあまりにも残酷。

えっとね〜。いくらなんでもそれはできないんじゃねーのっていう場面があるにはあったけど
ハーフゴッドやし、怪力だったんだし、自分を信じればできるっていう(メンタルだけの問題で解決!)納得させちゃうのが

実はドウェイン・ジョンソンの筋肉!!!!!肉がすべてをまるっとおさめちゃいます。(違)

・・・・・あんだけムキムキしてたら、現実でもやりかねへんのとちゃう?ってくらいのリアルさがあってね。(;´∀`)
この作品のためにさらにムキムキしたそうで、筋肉増量したその鋼の肉体ならあるあるって思えるのよね・・・。



神の子かどうかなんぞどうでもよくて、ひとりで倒したかどうかもどうでもよくて
どんな強敵が現れてもヘラクレスと仲間たちはそれを倒していったという
確かな事実が彼らを強くしていく、
文字通り伝説になっていくんだよっというオチでよろしいかと思いまする。(^-^)/
頭空っぽにして楽しめるアクション映画なんで気楽〜に楽しみませう〜〜〜♪

PS:やっとこさ、ダーリンをシネコンへ引っ張ってくことができました。
家だと絶対吹き替えでしかみてくれないし、この手の作品は映画館でみてナンボやろ〜ってのを
脳にたたきこんでもらいたくて問答無用で「TCX3D字幕版」にしました。
TCXのDolby Atmos! 完璧やんとこっちは思ってるが、そのへんはあちゃらは初体験であまりわかってないようだったけど、
単純に(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-ってえらい迫力に喜んでおりました。

正直ダーリンが見たいと言わなかったら自分からは絶対選ばない作品だったんですが(!!!!!)
思ってた映画と違ってたわりには予想外に面白かったので実は大満足でございました。
・・・こういう描き方の伝説もあるのな。(^-^)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不器用で優しい姉弟愛。〜「小野... | トップ | Pingpon Pumpkin!〜JR大阪うめ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (BROOK)
2014-11-01 13:06:11
十二の難業を映像化しているのかと思っていたのですが、
全く違っていました。

神の子ではなく、人間の子としてのヘラクレスを描いていた感じですね。
ただ、ラストの巨像を倒す辺り、やはり神の子なのかな?とも思ってみたりと。

本編よりも、仲間たちとともに十二の難業をクリアしていったというエンディングロールの映像がお気に入りになりました♪
予告があれだとね〜(^_^;) (Ageha)
2014-11-01 13:40:43
BROOKさん、どうも。

多分見に行ったひとみんな、
12の試練をあてにしていって
どんなごっつい怪物がでてくるんだろうって思いますよね。
&「ひとりで倒した」と思ってますよね。

そこんとこでもって思ってた映画とちゃう〜って
ちゃぶ台ひっくり返したひとは多分辛口コメントになるだろうな〜ってのを、もう見てる時から想像しちゃいました。(;´∀`)

あ、確かにエンドロールかっこよかったですね。(そこかいな〜)
こんにちは (ituka)
2014-11-01 16:33:02
そのシネコンのシステムって今流行りのアトラクション系ですよね(笑)
いちど話の種に体験したいものです。

神の子というより史劇版のエクスペンダブルスって感じでした。
12の難業あまりにあっけなく、何これ!でしたよ(笑)
でもいいんです、端から期待してなかったし、紅一点のお姐さんも好みじゃないし(それじゃダメでしょ)^^;

TOHOのマイレージ感謝祭、これ助かるわー(爆)
無理にレイトにしなくて無済むからね^^;
来週から変則10日間あるんですよね。
Unknown (Ageha)
2014-11-01 17:06:42
itukaさん、どうも。

私はブルクもTJOYもMOVIXも行くので
東宝系だけでもちゃんとTOHOシネマズで見てれば
も少しマイレージも貯まるのでしょうが
開始時間とはしごできるかどうかと
「ついでにどっか行く目的地に近いかどうか」で選ぶので
大概3000行かないうちに期限がきちゃいます。(>_
こんばんは♪ (yukarin)
2014-11-02 22:53:32
私は仕方なくで3Dで観ましたが、TCX3Dとやらはもっと迫力があるのですね〜うちのほうには無いですが。

てっきりヘラクレスはひとり頑張っちゃうのかと思ったらチームだったとは...
ムキムキの人はあまり好まないのですがドウェイン・ジョンソンは好きだったりします。長髪もいいかも〜とか思いつつ観てました笑
Unknown (Ageha)
2014-11-03 00:46:25
yukarinさん、どうも。

私の行く範囲でのシネコンでは
くずはのTCXが一番おっきいですからね〜。
で、音響もいいとなると確かに迫力ありました。
箕面にはIMAXがあるのですが、思い立って即でかけるにはちょっと遠い。
同じ理由で京都桂川もちょっと不便。
URTIRAや座席が動くTBOXも一度は体験したいですが
よっぽどじゃないと3D料金に+1000円はね〜。(>_
Unknown (Ageha)
2014-11-03 00:49:31
あれ、コメントが途中で切れた。・゜・(ノД`)・゜・

yukarinさん、私もムキムキは苦手です〜。
理想はブルース・リーみたいな体型で、
細くてしなやかな強いひとなんで。(?!)
でもドウェイン・ジョンソンはなんか愛嬌がある。(え)
長髪似合ってましたね〜(^-^)/
Unknown (ふじき78)
2014-11-03 23:30:36
あっ、そうだ。ロック様、長髪やん。んな事忘れるくらい映画としては没頭できた。けっこうロック様率いるチーム・ヘラクレスはいい人も退治してるよね。
Unknown (Ageha)
2014-11-04 10:12:56
ふじき78さん、どうも。

単純に「300」が好きで、「トロイ」が好きで
ついでにいうと神話や騎士ものがダーリンはお好きなので
(で、パーシージャクソンみたいなちょっとおこちゃま向きもなぜかシネコンで見てる!)
もう、チラシ見せた時から大好物(!)って顔してましたもん。バッチシ連れて行くことはできたんですが。
・・・私個人は始まるまで「おつきあい」のつもりだったんですが
すっかりその世界にのめりこんでました。
これはもうけもんでしたよ、意外でした。
・・・チーム・ヘラクレス最高(≧∇≦*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ヘラクレス ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ギリシャ神話に登場する半神ヘラクレスを主人公にしたアクションアドベンチャー。全能神ゼウスと人間の間に生まれたヘラクレスが、さまざまな戦いを経て英雄へとなる姿を追う。監督は『X-MEN:ファイナル ディシジョン』などのブレット・ラトナー。『オーバードライヴ』な....
劇場鑑賞「ヘラクレス」 (日々“是”精進! ver.F)
ヘラクレス、降臨… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201410240001/ ★枚数限定ポスター★【ドウェイン・ジョンソン】ヘラクレス 映画ポスター (HERCULES) [DS]価格:6,800円(税込、送料別) 【楽天ブックスならい...
ヘラクレス/ドウェイン・ジョンソン (カノンな日々)
ギリシャ神話に登場する半神半人キャラとしてトップスター、英雄ヘラクレスを主人公にしたアクション・アドベンチャー作品です。ギリシャ神話は大好きでもちろんヘラクレスの物語 ...
ヘラクレス (あーうぃ だにぇっと)
ヘラクレス
ヘラクレス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★☆【2.5点】(11) 上映時間98分と割と短めなのにずいぶん長く感じる映画だった。
『ヘラクレス』 2014年10月19日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ヘラクレス』 をジャパンプレミア試写会で鑑賞しました。 ドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック様)はでかくて良い男だった 【ストーリー】  人間と全能の神ゼウスの間に誕生した、半神半人の男ヘラクレス(ドウェイン・ジョンソン)。神さえも恐れおののく並外れた...
ヘラクレス (そーれりぽーと)
ロックの泥臭い芝居には興味無いけど、とりあえず上映館数が多い話題作なので、『ヘラクレス』を2D で観てきました。 ★★★★ 全然期待していなかった状態で観始めたところ、最後までずっと変化球を投げ続ける感じで飽きさせない展開なところがほんと良かった。 VFX技...
ヘラクレス (だらだら無気力ブログ!)
案外、神話の英雄譚とかってこうやって作られていくんだろうなぁ。
ヘラクレス (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Hercules監督:ブレット・ラトナー出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン、ルーファス・シーウェル、アクセル・ヘニー、イングリッド・ボルゾ・ベルダル、リース・リッチ、トビアス・サンテルマン、ジョセフ・ファインズ、ピーター・ミュラン
ヘラクレス(3D吹替版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【HERCULES】 2014/10/24公開 アメリカ 98分監督:ブレット・ラトナー出演:ドウェイン・ジョンソン、イアン・マクシェーン、ルーファス・シーウェル、ジョセフ・ファインズ、ジョン・ハート、レベッカ・ファーガソン、アクセル・へニー、イングリッド・ボルゾ・ベルダル....
「ヘラクレス」伝説のつくりかた (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
実はあまりマッスル映画は好きじゃないので、基本的にはさほど期待しないで観に行ったのだった。 ところが!案外面白いよ〜♪ 12の難行をこなした勇者ヘラクレスが、全能の神ゼウスと人間の息子として伝説が神話となって語り継がれるようになったいきさつが良く解って、...
『ヘラクレス』をミラノ座1で観て虚々実々だふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★筋肉こそ愛、筋肉こそ力、みたいな映画】    予告と本編の関係が「いがみ合ってる」みたいで大笑い。 予告のヘラクレスは伝説のヒーローであり、 本編の ...
[映画『ヘラクレス』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・私はホモでないのでマッチョは嫌いだし、どうにも、神話をベースにしたものは超能力などを前面に追し出したものじゃないと話が単調になりやすいので乗り気じゃなかったのだが、見ようと思っていた「プリキュア」の時間が合わなかったので、こちらを見た。 と、メ...
ヘラクレス (Hercules) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ブレット・ラトナー 主演 ドウェイン・ジョンソン 2014年 アメリカ映画 101分 アドベンチャー 採点★★★ 誰も知らないってのをいいことに、結構みなさん自分の過去についてついつい美化して語りがちですよねぇ。「オレも昔はそれなりにワルだったんだぞぅ」...