ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)~「オール・ユー・ニード・イズ・キル」~

2014-11-19 14:06:14 | 映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]X-MEN:フューチャー&パスト 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray] 300> ~帝国の進撃~ ブルーレイ &DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] ダイバージェント [Blu-ray] トランスフォーマー/ロストエイジ ブルーレイ+DVDセット(3枚組) [Blu-ray] ニード・フォー・スピード ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] by G-Tools


ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。

劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まったのでみたらこれがなかなか
面白かったよと。

戦争に全く乗り気じゃない広報のウィリアム少佐がいきなり最前線に強制的に送られちゃって
戦闘経験全くないもんだから当然即死亡。ところが目が覚めたらおなじところへ何度も何度も戻ってくる。


で、その戦闘のなかで偶然助けたリタが同じタイムループの経験者だったことから
今度こそラスボス倒しに行くぞ~ってことになるんだけども。

オメガのところへたどり着くどころか、いきなり送られた戦場を抜け出すだけでも
ま~何回も死んじゃうのなんの。
でもって、そのたんびにリタにしごかれ、体験した記憶でもって切り抜け
ちょっとずつ話が前にすすんでいくんだけど、実際どんだけ同じこと繰り返したやら。



このかっこみてこっちにリンクしてました。↓余談ですけど。

もうこういう装備で戦うアクション映画もできるようになったんですね~というへぇ~ボタン。
さぞ重たかったろうな~。

しっかし、はいやり直しって何度も銃殺されちゃうトムちんてどうなんすかね。(^_^;)すごい映画ですな。
んでどんどんどんどん強くなっていって、紙で手を切ってもギャ~なひとが地球救っちゃうわけですよ。
SFアメリカンドリームってやつですか?(;´∀`)
ま~おかげでミッションインポッシブルがどんどんポッシブルポッシブルになってくわけですわ。(え)
でも、セーブポイントあったらええのにね~。(おい)

けがをして骨折とかしたらもう動けないからリセット、話が前に進まね~ぞでまた銃を向けられてたら
おいおいって感じなんですけども、事故ってその手当に輸血とかされちゃうとタイムリープできなくなるんですね。
一応これで「もうやり直しはできませんぜ~」っていう縛りをもうけたことで緊張感がアップはしたんですけど
・・・無事ハッピーエンド。
韓国映画だったら絶対死んでるでしょあれは。(わわわわわ)

安全装置の解除もできなかったひとが自らを犠牲にオメガを倒すヒーローものなんですが
なにせ全編ゲーム感覚のため、かる~いポップコーンムービーになりました。
スクリーンで見たらそれなりの迫力で迫ってきたと思うんですが、
「ギタイ」の動きが早く、画面暗い、モンスターも黒いとなるとち~と見づらいとこもあったかな。
ま~恐怖感だすのにこういう色合いになって
モンスターの嘘くささをごまかすにも若干暗めにはするだろうけど。(わわわわわ)

タイムリープによって生じる都合の悪い部分は一切排除してて、テレビゲームの主人公がトム様でっていう映画。
うん、楽しかったです。楽しかったんだけど感動まで行かなかった~(わわわわわ)

PS*よそ様のレビューで気がついたのですが、どうやらオメガの血をあびたことで
確かループできなくなってたはずの縛りがとれてしかも自分が送られるはずだった戦地へ赴く前(つまり”2日前”)に
戻ってたんですね~。で、全部まるっとおさまったわけですね。納得~。ええやん。(^_^;)

ついでにいうと、記憶や経験だけが過去の自分へ送信されて蓄積していくという感じで
亡くなるたんびに体ごとタイムリープしてたわけではないらしいですね。(^_^;)
まだまだ読みが浅いわ~~(;´∀`)




ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (10)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナ雪ツリーと時空の広場。~JR... | トップ | ぶっちゃけそんなカテゴライズ出... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Nakaji)
2014-11-19 19:41:25
こんにちは。

>韓国映画だったら絶対死んでるでしょあれは。

うけますね!!!!間違いない!!!!!
Unknown (ふじき78)
2014-11-19 22:55:07
インド映画だったらとりあえず踊ってるでしょあれは。
Unknown (Ageha)
2014-11-20 18:15:13
Nakajiさん、どうも。

こんだけヘタレで何回も死んじゃうトムちんは
初めて見ましたね~。
そのくせ最後はまるっと収まるっちゅうか
その日おこったやなことが全部ふっとんでましたね。

何回もリタにチュドーンされてましたけど(爆)
おわりよければすべてよしな映画でした~(^_^;)
Unknown (Ageha)
2014-11-20 18:16:24
ふじき78さん、どうも。

もう十分何十回(何百回?)死んだわけですから
踊ってもええですよね~(違)
貧弱であり、ゲームであり・・ (メビウス)
2014-11-20 20:32:18
Agehaさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

戦場行きたくなーいってダダこねてる貧弱トムっていうのも珍しいですが、ループモノとはいえここまでそのトムを死亡させてる作品もそうはないですよねぇ^^;ただそういった最強じゃないトム(笑)だとか、死ぬたびにコンティニューを繰り返すゲーム的な要素も込みで個人的には結構魅力があった作品ですね♪ゲーム好きなので何度『あるある』と頷いた事かw

あー、でもギタイの動きとか画面については自分もおんなじ不満ですね。ギタイは凄いスピードで暴れてたので『取り敢えずヤバイ』というアバウトな脅威しか無かったのも然もありなん。スロー映像も多用して欲しかったかもしれませんね。
Unknown (Ageha)
2014-11-21 10:34:40
メビウスさん、どうも。

逆にね~、シャーロックホームズとか300(スリーハンドレッド)とかめちゃくちゃスローを多用してる映画見てると
これはこれでアリだったのかも。
でも、中ボス「アルファ」と戦えるものなら
その戦闘シーンくらいゆっくり見せて欲しかったな~。
・・・あ、こいつを倒すとタイムループだから無理なんだけど。(^_^;)

劇中ま~何度も死にまくったので
最後は生きてますよ~ってオチになったんですかね?
原作とは随分違うハッピーエンドらしいんですが
ホントに日本のテレビゲームを実写化したような作品でした。
こんにちは。 (みぃみ)
2014-11-21 10:34:58
インポッシプルをポッシブルにするあの方が、
インポッシブルをポッシブルにするまでの過程、
トムさん主役ゆえより楽しめたように思います。

画面でははしょってましたが、やり直しになる度
ゲームでいうとオープニングから頑張ってるのね、大変だわっ。と思ったりも。

最後、これぞトム・クルーズ!!を見れたのもポイント高いです~。
Unknown (Ageha)
2014-11-21 10:44:50
みぃみさん、どうも。

トムちんがヘタレ。トムちんがめっちゃ死ぬ。
それだけでもすごいのに(え)
トムちん、やっぱり生きてたか~~。(;´∀`)という話。

いや~ギャップの勝利で余計カッコよくみえたわけで(!)
ヘルメットしないで出撃するシーンなんて
最初に比べりゃものすごいドヤ顔になってて(!!!)
やっぱりトム・クルーズやねって作品でした。
俺ってイケてる・・・んだろな~。(わわわわわ)
くくく (たいむ)
2014-11-21 21:29:48
なんだかんだいっても、トムちんを愛でる映画なわけで、こまかいところは突っ込みなしよ、ってね。
まぁどんだけ都合よくハッピーエンドにしたのかって感じではあるんだけどね、ここまでくると笑って許せる感じですわ(^^)
Unknown (Ageha)
2014-11-21 23:57:15
たいむさん、どうも。

どなたかのブログでチラ見したと思うんですが
原作のほうじゃ、彼女をアンテナにしてタイムリープしてて
「彼女を殺さない限り先に進めなくて」相棒を殺しちゃうようで。
そういう意味でもやっぱりトムちんがめっちゃかっこよくなっていってラブストーリーもめでたしめでたしの
ごっつハッピーな結末になってましたが
細かいこと突っ込まなければ(実際その元ネタ知らないし)「なんだかんだ言いましたけど」楽しかったです。(^-^)/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ (カノンな日々)
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
オール・ユー・ニード・イズ・キル~戦場の広告屋 (佐藤秀の徒然幻視録)
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
オール・ユー・ニード・イズ・キル (あーうぃ だにぇっと)
オール・ユー・ニード・イズ・キル@TOHOシネマズ日本橋
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた~ (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (to Heart)
原題 Edge of Tomorrow 製作年 2014年 上映時間 113分 原作 桜坂洋『All You Need Is Kill』(集英社スーパーダッシュ文庫刊) 脚本 クリストファー・マッカリー/ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース 監督 ダグ・ライマン 出演 トム・クルーズ/エミリー...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を109シネマズ木場1で観て、トムちんのSFは難し目ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ぶひょひょひょひょんって宇宙人は大好き】   時間を操れる敵に勝てるのか。 時間を操れるなら、ドラえもんじゃないけど、もっと上手く操れるだろ、 って ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (こねたみっくす)
良くも悪くもライトノベル原作。独特の世界観とキャラクターは面白いが、伏線のない物語は何も印象に残らない。 桜坂洋先生の原作をハリウッドが実写映画化したことで大いに話題 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(11)(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) (相木悟の映画評)
ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D (そーれりぽーと)
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
『オール・ユー・二ード・イズ・キル』 (ラムの大通り)
(原題:EDGE OF TOMORROW) ----この映画、トム・クルーズの新作だよね。 また、SFニャんだ。 「うん。『オブリビオン』に続いてのね。 しかも、トム・クルーズらしく いつもながらの変化球」 ----えっ、どういうこと? 「じゃあ。 まずはその設定から。 舞台は宇宙から....
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け...
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
運命は自ら支配せよ~『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。 (たいむのひとりごと)
先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (はるみのひとり言)
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...