ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

親の心、子知らず。〜「麒麟の翼」〜

2012-02-01 14:02:14 | 映画


いきなり、中井貴一が麒麟像の前で死んじゃうんですが、
実際は主役みたいなもんでしたね〜。(わわわわわ)

東野圭吾の「容疑者Xの献身」は確か小説の段階でも
コレはミステリーなんかじゃないとか言われてましたが
あの映画にしても、この麒麟にしても
誰かを愛する気持ちの強さ・・・まあ、その方向が多少ズレたり
伝わらなかったりするもどかしさはあれども
そこに感動する作品だったんじゃないでしょうか?

原作は未見で、予備知識は全くいれずに鑑賞しています。
ドラマ版新参者によって、
すっかり加賀恭一郎=「阿倍寛がもつ独特のキャラ」で
眺めているんですが
加賀らしさはこの映画で生かされていたのでしょうか?

被疑者の日常生活と全く関係のない
人形町をうろうろさせるのに理由をもたせたのは
街おこしでしょうか?(わわわわわ)

ともあれ。

自我が芽生えてしっかりしてくる年頃になると
親の忙しさもあいまって子供との会話なんて
時間作らなきゃできなくなっていく。
こんなに愛してるよってのを伝えるすべがない。
父と子に限らず、夫婦だって恋人だって
なんでもわかってるようでわかってないこと
こういうときに白日もとにさらされて
良くも悪くも愕然となることってありますよね・・・・・。
でも、死んじゃったら・・・・どうしようもない。
受け止めた愛をまた他のだれかに渡していきながら
生きてくしかないんですよね・・・。

親は子供のためなら命はります。
ホントは大好きでもそれが表現できないひとはいっぱいいます。
殺された青柳武明は、命尽きることがわかっていながら
警察を通りすぎ、誰も助けをよばず
白い折り鶴を持ってどうしても麒麟像へたどりつかなきゃなんない
理由があった。
・・・それがわかったとき、息子と同じくらい
涙出ましたね、ホントに。

ミスリードとはいいませんが、
ガッキーの存在は意外と軽かった気がしますね。(わわわわわ)
なんで自分の彼氏が容疑者にされてしまったのか
その理由づけでしかなかったような・・・・・。


『死にゆくもののメッセージを受け止めることは
生きているものの義務だ。』


・・・・田中麗奈の言葉は重たかったな〜。
私、父母両方とも死に目に会えなかったし
正直良い関係とは言えなかったから、実に…耳が痛かったです・・・・・。
だからこそ、これからでも
今自分が人の子の親になって
・・・・・娘たちに伝えられる何かをもった大人になりたいと、
そんなふうに思いました。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベタでもいい、素直に楽しむよろ... | トップ | 懐かしい未来〜「ドットハック ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も・・・ (しんちゃん)
2012-02-01 15:39:51
 「子ども達にとってはいいこと」って信じて劇団ひとり先生のような処置をしてるだろうなぁ・・・もっとも、彼は「いじめ」の現場を見てないので、特にそう思うんだけどね。

 しかし、そのことが彼ら3人を苦しめることになるわけで。でもまぁ、桃李クンはやっぱ3人でお参りすべきだったね。それが一番残念かも。

 原作を損なうことのない映画でした。文庫になったら読んでみてね。
TB&コメントありがとうございました♪ (テクテク)
2012-02-03 12:49:53
こんにちは
この映画、決して面白くなかったわけではないのですが…
ちょっとエピソードに手を広げすぎちゃって
いろんな事が御座なりになってしまっていた気がします

ガッキーの存在もまさにそんな感じでしたね

凄く練り上げられたストーリーだっただけに
2時間で無理やり詰め込んじゃったのが
勿体無い作品だったと思います

父親の想い、それを受ける子供の気持ち…
そこは感動的だったんですけどねー
Unknown (Ageha)
2012-02-04 12:23:33
しんちゃん、どうも。

子供って時に残酷だ。
でも、その責任を取るすべを知ってるかどうかってのは
まわりの大人にも責任はあるんだろうな。
まっすぐ育ってくれるには
自分がどれだけまともな大人なのか
そこんとこもリトマス紙にかけられてんのかもしれない・・・。


かかわってく人たちの中で
自分で選びちゃんと考えて
正しい行動がとれるかどうか。
何かを学ぶってことに終わりはないんだよね。
Unknown (Ageha)
2012-02-04 12:32:54
テクテクさん、オヒサです〜。
なかなか鑑賞本数が増えませんけど
またよろしゅうに〜

小説の展開がどうだったのかはわかんないのですが
鶴はもっとはやい段階で出てきただろうにとか、
茂みにかくれて電話してしかも逃げたら
俺が怪しいですっていうてるようなもんやんとか

謎が謎をよぶ推理はノンストっプで続くのに
?とか?!ってとこがちらほら。
こんだけややこしかったのにオチはそれかいとか・・・(わわわわわ)

どこまでも真犯人を見つけようとする加賀の粘りがグッドだとか
(ふつうどの刑事もそうあってほしいんですけど
親子の愛に感動するとか
そっち方面で十分堪能できたのでま、いっかと。(わわわわわ)



Unknown (Nakaji)
2012-03-02 13:47:04
こんにちは。
泣けました・・・
バカップルが前じゃなかったらもっと泣いていました(笑)

なんか親子像ほんとうに感激しまいた。
ちょっと東京いったら、このロケ地めぐりでもしてこようかな〜
Unknown (Ageha)
2012-03-06 09:39:32
Nakajiさん、どうも。

外出はできないわ、PCこわれるわで
ご無沙汰してました。
またぼちぼちやりますね。(*^_^*)

ダーリンが単身赴任で東京行ってたときに
ちょうど「ALWAYS三丁目の夕日」の2作目を見た直後にこの麒麟像をカメラに収めたのに
・・・・PCクラッシュで外部データに残してなかったから
・・・・パーです。うぅぅ。
単純に橋の彫刻としてもコレめっちゃ
かっこよかったんですけど・・・あ〜〜もう。

ミステリーというよりは親子の愛情を語る
泣きのドラマでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (佐藤秀の徒然幻視録)
日本橋だョ!全員集合 公式サイト。東野圭吾原作、土井裕泰監督、阿部寛、溝端淳平、新垣結衣、中井貴一、三浦貴大、松坂桃李、田中麗奈、劇団ひとり、山崎努、菅田将暉、竹富聖花 ...
麒麟の翼〜劇場版・新参者〜 (2011) 129分 (極私的映画論+α)
 この写真・・・微妙にネタバレ(笑)
麒麟の翼 劇場版・新参者 (LOVE Cinemas 調布)
原作は人気ミステリー作家・東野圭吾の「加賀恭一郎シリーズ」。その中の「新参者」をベースにした同名テレビドラマの映画版。東京日本橋の翼のある麒麟像の前である男が死亡するのだが、その容疑者も逃亡中に事故に遭い死亡してしまう―。主演はドラマと同じく阿部寛。...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜/阿部寛、溝端淳平 (カノンな日々)
TVドラマ『新参者』は一度も観たことがなかったのですが、その後に単発スペシャルで放送された『東野圭吾ミステリー 新春ドラマ特別企画 赤い指〜「新参者」加賀恭一郎再び!』を観 ...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (新・映画鑑賞★日記・・・)
2012/01/28公開 日本 129分監督:土井裕泰出演:阿部寛、新垣結衣、溝端淳平、松坂桃李、菅田将暉、山崎賢人、柄本時生、竹富聖花、聖也、黒木メイサ、山崎努、三浦貴大、劇団ひとり、鶴見辰吾、松重豊、田中麗奈、中井貴一 人は最後に何を願うのか TVドラマ「新参....
麒麟の翼  劇場版 ・新参者 (花ごよみ)
  東野圭吾の小説「麒麟の翼」の映画化。 監督は土井裕泰。 阿部寛主演で放映された、 連続ドラマ「新参者」と同じく 阿部寛が主人公で、 刑事、加賀恭一郎を演じる。 共演は新垣結衣、山崎努、中井貴一、 そしてテレビドラマにも登場していた 黒木メイサや溝端淳平....
[映画『麒麟の翼〜劇場版・新参者〜』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆かなり面白かったが、気になる点も多々ある物語だった。  ・・・日本橋付近で刺殺事件が起こり、被害者は瀕死の重傷の中で、わざわざ「麒麟の翼」像まで歩き、辿り着き息絶える。  一方、容疑者は逃走中、車に轢かれ、危篤状態となる。  被害者は、日本橋とあまり...
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」隠ぺいされた真相に辿り着いた先に待っていた真実は誰にも欺けないキリンノツバサ (オールマイティにコメンテート)
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」は2010年4月に放送されたドラマ「新参者」の続編となる作品で、日本橋の麒麟像の下で亡くなった男性とその周辺に被害者のバックを持って交通 ...
「麒麟の翼〜劇場版・新参者〜」 何も知らない (はらやんの映画徒然草)
東野圭吾さんの小説、加賀恭一郎シリーズをドラマ化した「新参者」の劇場版です。 例
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (とりあえず、コメントです)
東野圭吾著の『麒麟の翼』を映画化したミステリーです。 テレビドラマの時から面白かったので、映画も楽しみにしていました。 謎解きの面白さと共に、息子を思う父の愛の大きさを感じるような切ない余韻の残る物語でした。
詰めが甘い。『麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜』 (水曜日のシネマ日記)
東野圭吾のミステリー小説「加賀恭一郎シリーズ」で2010年に阿部寛主演で放送されたテレビドラマ「新参者」の劇場版作品です。
「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」謎解きに感動! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[麒麟の翼] ブログ村キーワード  東野圭吾 原作、人気小説シリーズの映画化。「麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜」(東宝)。阿部寛演じる“刑事・加賀恭一郎”の活躍を描いた本作。なかなかよく出来た、上質なミステリー大作に仕上がっています。  東京・日本橋の麒麟...
麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜 (だらだら無気力ブログ!)
中井貴一の存在が良かった。