ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

”峰不二子”>美女コレクション(おい)~「鑑定士と顔のない依頼人」~

2014-01-03 00:24:30 | 映画

新手のオレオレ詐欺映画?(わわわわわ)

ネタバレを含みます、これから見る方は鑑賞後に。m(_ _)m



欲しい絵画は仲間と組んで安価で競り落としてマイコレクションにしちゃうんだから
決して清廉潔白なおじいちゃんじゃないです。
あれだけクレアに対して怒りMAXだったくせにそれでも鑑定に通ったのは
結局オートマタのため。当然オンナよりコレクションで近づいた。

それでもココマデイジメルノ???


この人形にどれだけの価値があったとしても
引換えになくしたものがあまりにも多くなかったですか?
そして愛を無くした途端にその人形もガラクタに見えちゃったからなお悲しい・・・。

高価な絵画より生身の女性やでっていう、
めっちゃ高くついたけどええ勉強になったでしょって
・・・いうにはあまりにも残酷。

姿を見せない、広場恐怖症の女性。たまたまこっそり顔みれたらこれがめちゃ美人。
当たり散らしたかとおもうと泣いて謝ってしおらしくなる、
ヴァージルは病気のせいだと思って寛容に接するけどもうこの段階で毒牙にかかってる。
わからんかアホ~ってめちゃツッコミいれてた。(^_^;)


バラの花束持ってったときはもう
恋は盲目バカ丸出しじゃんって笑ったけど、
それでも恋に免疫のないおじいちゃんにしてはメチャ頑張ってることを応援してもいたんだよ、内心。
不器用で初恋でどうしていいかわからんといいながら
女性を紳士的に扱うその仕草はとってもスマートで
おやホントに恋したことないん?これで?とも思ったんだよ・・。

いつもならミステリーな映画って私ちっとも読めないひとなんだけど、
この作品、最初から最後まで不穏な空気がず~っとあって、
それは多分、撮り方であったり、バックに流れる音楽だったりのせいで
言葉としてうまく説明できないんだけれども
あ~絶対うまくいかないなって見えちゃってね・・・。
ただ、ここまでコテンパンにされるほど悪いひと?ダメージ大きすぎない?



クレアと出会ったことでヴァージル自身が、
助けようとして、助けられてもいた、
・・・それでもこんなふうに自分の周りの人達から裏切られたとしたら
女性不信どころか人間不信になってしまうんちゃいますか?

自分のコレクションを根こそぎもってかれてそれでも訴えることもしなければ、
さらに「ナイト&デイ」で待っているラストシーンをどう思いましたか?




正直なとこ映画を見終わった段階では
ヴァージルに対して気の毒感MAXでものすごくやりきれない気持ちになってて、
実はごっそり持ってかれたコレクションは全部贋作で
本物は別にあるねんアホ~っていうオチにでもしてくれたらよかったのにとも
思ったんですけどね。(^_^;)


・・・今はちょっと変わってきてて
もしかしたらホントに、時間はかかるけど、彼女帰ってくるかなと・・・。
案外希望的憶測でもってプラハに引っ越していつまでも待ってるのかなと・・。

十中八九ないと思うけど思い切りお人好しな解釈をしたとしたら
「何があってもあなたを愛してる」ってセリフはあながち嘘ではなくて
・・・贋作だと思っていた愛にもいっこだけ
真実があったかもしれません。
愛は完璧に偽れるともいいましたが、
どんな贋作にも贋作を描いた人間にしか表現できない光があって
それにはちゃんと価値があるとも云うてましたから。

PS:映画は約2時間の別世界を楽しむもんだと思ってて
 それはできることならハッピーエンドであって欲しいと思ってて
 そういう意味では正直どよーんとしてしまう作品だったんだけど
 それでも人の数だけ解釈がかわるとしたらこれ実はすごい作品だったかなとも。
 謎解きだのラブストーリーの結末だのが問題なんじゃなく
 これをみたひとが自分のなかでどう咀嚼するのかを
 監督がニヤニヤしながらその反応を待っている・・・そんな気がしました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2013年MOVIEで言い残した... | トップ | 2013年MOVIEで言い残した... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-06-19 23:56:02
虚像を追いかける人生から実像を追いかける人生に変わったという意味ではありがたい結末なのかもしれないのだけど、虚像を追いかけていた時間が全くの徒労に帰すというのはやっぱりバランス感覚から言って、ちょっと違うんちゃうのと挙手したい感じです。
Unknown (Ageha)
2014-06-20 14:53:23
ふじき78さん、どうも。

もともとアコギなやり方で集めたコレクションですから
ある意味自業自得とも言えるのですが
それでも今までそれに費やした時間もお金も
棒にふって
いくら人生のお勉強でも高くつきすぎだよな~と。
それでも悔いがないとしたらめちゃ度量がありますけども
実際ラストシーンは痛々しくみえてしまいました・・・。


うん・・・やっぱわりにあわない結末だな~~~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
鑑定士と顔のない依頼人 (そーれりぽーと)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督×音楽エンニオ・モリコーネ最新作『鑑定士と顔のない依頼人』を観てきました。 ★★★★★ ジェフリー・ラッシュの怪演と、謎に満ちた展開に想像力を掻き立てられ、ああでもないこうでもないと結末を想像しながら観る王道ミステリーの中で...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人」 □監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン ■鑑賞日 12月2...
鑑定士と顔のない依頼人/ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを主演に美術競売人が謎めいた女性からの鑑定依頼に ...
鑑定士と顔のない依頼人 (佐藤秀の徒然幻視録)
生身美女vs.絵画美女 公式サイト。イタリア映画。原題:La migliore offerta、英題:The Best Offer。ジュゼッペ・トルナトーレ監督、音楽:エンニオ・モリコーネ。ジェフリー・ラッシュ、シ ...
鑑定士と顔のない依頼人 (to Heart)
原題 LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER 製作年度 2013年 製作国・地域 イタリア 上映時間 131分 脚本:監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽 エンニオ・モリコーネ 出演 ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド/フィリッ...
ジュゼッペ・トルナトーレ監督、ジェフリー・ラッシュ主演、エンニオ・モリコーネ音楽『鑑定士と顔のない依頼人(THE BEST OFFER)(La m... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(ネタバレ)、台詞、ラストに触れています。ジュゼッペ・トルナトーレ監督によるミステリー『鑑定士と顔のない依頼人(THE BEST OFFER)(La migliore offerta)』出演は
鑑定士と顔のない依頼人 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年1月1日(水) 16:25~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービス・デー) パンフレット:未確認 老いらくの恋と思いきや。 『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイト ミステリーなどという宣伝文句を知らずに観た。 最後の15分位から、驚くべき展開。まあ...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (こねたみっくす)
この恋は贋作、でもこの恋心は本物。 切ない、あまりにも切な過ぎる。ラブストーリーとして見ると、この結末はあまりにも残酷です。ただ予告編通りにミステリーとして見ると、至 ...
『鑑定士と顔のない依頼人』 (ラムの大通り)
(原題:La migliore offerta) ----この『鑑定士と顔のない依頼人』って、 人気の高いジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品だよね。 「そうだね。 日本では『ニュー・シネマ・パラダイス』が異常なほど人気が高いものね。 フォーンは知っていると思うけど、 あの映画、...
鑑定士と顔のない依頼人 (だらだら無気力ブログ!)
これは見応えあって面白かったなぁ。
リピート鑑賞~鑑定士と顔のない依頼人 (はるみのひとり言)
鑑定士と顔のない依頼人、リピート鑑賞して来ました。めちゃネタばれで書きますけど、この映画簡単い言えば初老のおっさんが騙される話です。観た人なら分かると思いますが、上映時間のほぼ前編おっさんがどのように騙されていくかって話です。そんなん何がおもろいねん...
鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。 美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、 潔癖性で、常に....
鑑定士と顔のない依頼人 / La migliore offerta (The Best Offer) (勝手に映画評)
姿を見せようとしない女性の依頼人からの美術品鑑定依頼。当初は、姿を見せようとしない依頼人に反発を覚えていた鑑定士のオールドマンだったが、ある時、依頼人の姿を隠れ見て、その美しさに引かれていってしまう・・・。 互いに時には非常に失礼な態度を示し反発し合い...
鑑定士と顔のない依頼人 (とりあえず、コメントです)
ある鑑定士が謎の依頼人と出会ったことから大きく運命を変えていくサスペンスです。 予告編を観て、どんな結末になるのだろうと気になっていました。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督の紡ぎ上げる物語は、かなり心がぞわぞわするような展開になっていました。
『鑑定士と顔のない依頼人』 2013年12月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『鑑定士と顔のない依頼人』 を鑑賞しました。 今日は14日なので東宝で(笑) もちろん満席御礼でした この映画は見逃せません ベスト1候補に急浮上です。(この年末で印象深い映画になった) 【ストーリー】  天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマ...
鑑定士と顔のない依頼人  THE BEST OFFER (映画の話でコーヒーブレイク)
NHK「あさイチ」で紹介していたのを見て、面白そうだったので鑑賞決定。 邦題がなんともミステリアス。 豪華なセットに凝った小道具、不思議な雰囲気のある作品です。 時代設定は20世紀初頭かしら?と思っていたら、携帯が出てくるはネットでオークションに 入札するはで....
映画・鑑定士と顔のない依頼人 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イタリア原題 La migliore offerta英題 The Best Offer 一流の鑑定眼を持つオークショニア、ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)世界中の一流オークションからのオファーが絶えない男だが、芸術への熱烈な愛に比べ、人間、特に女性が苦手....
鑑定士と顔のない依頼人 (試写会) (風に吹かれて)
どんなものでも偽れる偽物の中にも本物はある公式サイト http://kanteishi.gaga.ne.jp12月13日公開監督: ジョゼッペ・トルナトーレ  「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上