ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

眠たい、気だるい、でもなんかいい。(≧∇≦)b〜「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」〜

2014-01-14 16:29:20 | 映画
実際に映画鑑賞したのは1週間ほど前だし、
ぶっちゃけ、前日に3時間ほどしか眠れなくて所々オチた。

おまけに音楽がなんとも言えずかったるい。(わわわわわ)
別にヘビメタが聞きたかったわけでもないし、
クラシックはさらに辛かったりするひとなんだけども(え)
・・・ところがこのかったるい音楽が
実にこの映画にマッチしていたと見終わって気がついた。(;´∀`)

レコード盤がくるくる回って
それがアダムの部屋、イヴの部屋をも
おなじようにゆっくりと回す冒頭のシーンからしておしゃれだったな〜。


チョットツッコミええですか?
バンパイアでしょ?さっと飛んで行くとかないん?(^_^;)
夜しか移動できないもんだからものすごくややこしいルートで
飛行機を手配して乗り継いで行くんですなこれが。たくさんの本をスーツケースに詰めて。


アンダーグラウンドの世界では有名人なミュージシャンである、アダム。
当然追っかけもいるんだけど、私生活には誰もノータッチという環境を
相棒のおかげでどうにかこうにか保って暮らしていた。
・・・この部屋で登場する楽器は詳しい方ならうわ〜で
そこだけで十分盛り上がる話なんだけどもすいません、スルーで。(^_^;)


永遠の愛も何百年てな話になるとマンネリしそうなもんなんですが
ま〜愛し合ってることだけはわかりますな。タンジールとデトロイトで
別居してましたけど。(え)
んで、久しぶりに会いたいわでイヴがアダムのもとへやって来る。
ふたりだけならなんてことはなかったんだけど、イヴの妹エヴァがやってきて
再び問題を起こして・・・。
・・
ミア・ワシコウシカの自由奔放ぶり。あれ、こんなキャラだったっけ?
「永遠の僕たち」と「アリス・イン・ワンダーランド」しか知らないけどね。(^_^;)


不摂生な生活、喫煙、添加物バリバリの食事をとるゾンビ(現代の人間たち)の血液は
お腹を満たすどころか瀕死の病になっちゃうというえらいまた皮肉めいた話で
彼らは決して安易にカプっといきません。
で、純粋な”ヴァンパイアの体にいい”血液だけを
特殊なルートで入手して飲んでるんですが、それがまあどれだけおいしいのかってのを
ほんとに恍惚とした表情で画面いっぱいに見せるわけですよ。
あと、そのおいしい血を凍らせてアイスキャンディにしてみたのってふたりで食べてるんですが
不謹慎にもちょっとほしいなとか思っちゃいましたね〜。このあたりの見せ方は面白かったです。

ストーリー自体はあるあるで、平穏な夫婦の生活を妹がぶち壊して
そのために結局カプっといかなきゃならなくなったという話なんだけども。

ガツガツしてない大人のラブラブカップルはなんかスタイリッシュでかっこよかったんですわ。
「退廃的」・・・とも言いますが。


とにかく
オトナじゃ〜んという、しっとりとした(眠たいっちゃ眠たいんだけどもね、
イマイチどっこも盛り上がりないから・・・)作品でございました。
どっちかいうと姉さん女房的にイヴがアダムを支えてて
何か子供をあやすように扱ってた気もしますけどもそれでもとにかく
「かったるいのにめっちゃ素敵やん」
というその気持ちだけがどこまでも残った不思議な作品でございました。

・・・去年見てたらあたしゃ〜間違いなくベスト10に入れてたぞ、コレ。(^_^;)

PS:近々公開される、「マイティー・ソー」見に行く気なかったんだけど、
ロキがみたくなったAgehaさんなのでした。(結局どこまでもミーハーです☆)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Innocent World・Mr.Children | トップ | 天体観測・BUMP OF CHICKEN »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (映画好きパパの鑑賞日記)
2014-01-29 13:07:28
こんにちは。のんびりした時間も含めて
非常に贅沢な映画だと思いました。
みているとヴァンパイアになりたい気持ちも(笑)
Unknown (Ageha)
2014-01-30 01:02:59
映画好きパパの鑑賞日記さん、ようこそ。

グラスに入れた血液も
凍らせた血のキャンディもすごく美味しそうで
それを味わうのがいかに至福の時なのかってのを
あれだけ見せられるととっても優雅でいいなと・・・。
夜しか出歩けない不便さも
長く行き過ぎて持て余してる感もなくて
悠々とすごしている・・・
飽きそうなもんだけどラブラブでいられる、
いろんな意味でおしゃれでかっこよかったです・・・
こんばんは。 (えい)
2014-02-02 18:54:50
なるほど、飛べばいいのに…ですか?
『アンダーワールド』シリーズだったら、
それもありですよね。
でも、この飛べないところが
もどかしくて面白かったりも…。
こういうのをオフビートというんでしょうね。
苦手なジャームッシュだけど、
これはけっこう、とっつきやすかったです。
Unknown (Ageha)
2014-02-03 09:25:12
えいさん、おひさです〜どうも。

ヴァンパイア映画でフツーにある、
スピード感てのを徹底的に排除してる・・・んかなって
思いました。
たとえば、飛ぶとかいうのも
別に急がなくてもええしっていう・・(^_^;)

そこは人間世界の縛りに「合わせて」たくせに
そのくせヴァンパイアにしかわからん感情を
(汚れのない血がめっちゃおいしいという)
画面いっぱいにこれでもかと表現する。
なかなか面白かったです。(^-^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 2013年12月2日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 を試写会で鑑賞しました。 思えば長く生きたもんだという、ヴァンパイアの話(笑) 【ストーリー】  吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンとして活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。ア...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/トム・ヒドルストン (カノンな日々)
『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督が『リミッツ・オブ・コントロール』以来になるという最新作です。予告編は一度も目にする機会がありませんでしたが、 ...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (佐藤秀の徒然幻視録)
ヴァンパイアは量子力学を操る? 公式サイト。原題:Only Lovers Left Alive。ジム・ジャームッシュ監督、トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハー ...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 2013/12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ 123分監督:ジム・ジャームッシュ出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト、スリマヌ・ダジ、ジョン・ハート 世紀を越...
ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』トム・ヒドルストン、ティルダ・スウ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブロークン・フラワーズ』『リミッツ・オブ・コントロール』のジム・ジャームッシュ監督約4年ぶりの新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』出演はトム
映画:オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive 大衆を冷ややかに見下す吸血鬼たち (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
約4年ぶりのジャームッシュ。 前作は「リミッツ・オブ・コントロール」(2009年09月08日当ブログで記事アップ) <舞台がスペインのマドリッドで、各シーンで工夫はみられたものの、マジック度数が薄く、 <過去の作品に比べて「オーラ」を明らかに発していない。次に期....
『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Only Lovers Left Alive) ----ニャんだか、舌を噛みそうなタイトルだけど、 これって、ジム・ジャームッシュ監督の新作ニャんだって? 「そう。 それもドラキュラ映画なんだ」 ----へぇ〜っ。 ドラキュラっていうと 映画では、 これまで耽美的に作られていた気が...
映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-2.オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ■原題:Only Lovers Left Alive■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:123分■料金:0円(1カ月FP9本目)■観賞日:1月3日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジム・ジ...
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ (とりあえず、コメントです)
現代に生きるヴァンパイアを描いたジム・ジャームッシュ監督の最新作です。 ティルダ・スウィントンとトム・ヒドルストンの映る予告編を観て、うわっ妖し過ぎる〜と気になっていました。 気だるそうに夜の時を生きる彼らの姿とダークな音楽に、異世界に引き込まれるような...