ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

なんでアニメなんだよ。(わわわわわ)~「コクリコ坂から」~

2011-07-17 22:58:52 | 映画





これはあくまでも
私が感じるジブリ作品の特徴なんだけども。


そこまで顔にでますか~というくらい
表情が豊かで、喜怒哀楽が激しく、

ケンカするんだけど、
それがやたらほほえましく大人げないものだったり、

やたらオンナが強かったり(笑)


ものすごく身近にあるちっちゃな幸せを
とってもキラキラする宝石のようにみせてくれたり、

「オトナから子供まで楽しめて、わかりやすく」

んで、最後に、ココ大事なんだが。

「オチがわかっていても何度でも見たくなるし
見ても飽きない」んである。

…最近この最後のコレが薄れつつあるんだけども。(わわわわわ)

で、


そういう目で「コクリコ坂から」をみると
正直、子供には盛り上がりに欠けるつまらないものに
見えはしないだろうかという老婆心ムクムクだったんである。

「ゲド戦記」の印象が、
あのときのまあいろいろありました~なもめごとが
コチラの頭にも残ってるから
宮崎吾朗というひとがジブリをしょっていくには
まだまだ偏見もあるだろうし、
大きすぎる期待と、
お父さんと同じじゃあかんけど、お父さんの映画が好きなひとに
自分らしさを認めてもらうにはまだ何がしかのハードルがあるって
・・・どうしてもそういう感想になっちゃうことを
お許しくださいませませ・・・。

物語はものすごく淡々と進んでいく。
じゃあ面白くないのかといわれたらそんなことは決してない。
ただ、ちっちゃい子向きでないことは確か。
どちらかというと、60年代をすこしでもかすってる人間にとって
心がほのかに優しい気持ちに包まれる作品。
誰かが書いていたがファンタジーというよりはノスタルジー。
時代背景が「ALWAYS三丁目の夕日」とほぼ同時期なので
アニメよりは実写で見たかったなという映画。
声優陣がけっこう豪華な「俳優たち」だったせいもあって
そのまんまやればいいじゃん!という作品だった・・・。
アニメの絵のきれいさというたら
新海誠さんとか見てるからコチラの期待度もあってちょっとね・・・。
3Dに十分対抗できたポニョとも違ってたし。
なんでジブリがこの題材を選んだのか、しかもこういう描き方しちゃったのか
そうじゃないだろ~ってのが少しひっかかってしまった。

ドンパチシーンがなくても反戦メッセージはこめられる。
昔の高校生のほうがイマドキの若者よりしっかりしてたのかなとも思う。
物を大切にしていた、背筋のばしてけなげに生きていた、
そして何より誠実だった・・・古きよき時代の話(わわわわわ)

ただ、表情のメリハリだったり物語の起承転結だったり
一番もりあがるとこどこだったん?っていわれると困る・・・ことからも
夏休みにラピュタやトトロのような映画を期待していった子供たちには
どうなんだろうな~っていう作品だなって・・・
(ゴメンナサイこんな言い方で)

PS:ただね~も一つ言わせてっ

手島葵の声大好き~~~
あの人の歌は魂を浄化しますっ♪(またおおげさ)
あの声聞くためだけにシネコンもいっかい行ってもいいくらい
(そこまでいうか)
実際予告であの声聞いたときに
コレ見たくなったくらいだから(おいおい)
さよならの夏~コクリコ坂から~ (コクリコ坂から・主題歌)
さよならの夏~コクリコ坂から~ (コクリコ坂から・主題歌)手嶌 葵 ヤマハミュージックコミュニケーションズ 2011-06-01売り上げランキング : 87Amazonで詳しく見るby G-Tools
スタジオジブリ・プロデュース「コクリコ坂から歌集」 テルーの唄 (ゲド戦記 劇中挿入歌) コクリコ坂から イメージアルバム~ピアノスケッチ集~ コクリコ坂から サウンドトラック 脚本 コクリコ坂から (角川文庫)


彼女は宮崎吾朗にとって絶対に女神です(笑)


ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (10)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウィルスミスとジャッキーチ... | トップ | 最後の分霊箱~「ハリーポッ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2011-07-18 00:20:45
海たちの恋物語、カルチェラタンの学生たちの青春物語、それぞれ好きだしノスタルジーに浸れたんですが、結局ドコに主眼を置いてみたらよいのかが曖昧になっていたように感じました。主人公は2人ですからどうしてもこの2人の関係に主眼を置いてしまうけれど、お話は必ずしもそうでもないし。
私は何かどうもチグハグな感じが拭えないんですよ。
Unknown (Ageha)
2011-07-19 15:49:40
KLYさん、どうも。

原作を知らないので実際はどんなストーリーだったのかなと。
映画はもちろん全部を描くわけではないのですが
ゲド戦記同様、
原作の人が小説(マンガ?)で伝えたかったことと
宮崎吾朗が映画化にあたって表現したかったことが違うような気がしました。

「上を向いて歩こう」
・・・おそらくは宮崎駿が書いたと思われる
この文字でさえも
この映画とこの言葉が
あってないような気がしたんです。
それはそのまま、またしても
お父さんと息子の頭にある「コクリコ坂から」が
実は全然違っていたんじゃないかと。

あくまでも想像です。
でも私もKLYさんと同じ感想ですね・・・
こんにちわ (にゃむばなな)
2011-07-20 16:41:43
>オチがわかっていても何度でも見たくなるし
見ても飽きない

そうそう、ジブリ作品の特徴はこれですよね。
これが好きだからこそ何度でも見ちゃうんですよね。
多分この作品も私はTV放映されるたびに何度も見ること間違いなしですわ。
そうなんだよね (たいむ)
2011-07-20 20:32:19
ジブリだから・・・って気持ちで観に行くと「えー」ってなる作品かなと。
ジブリだから良い、ジブリなのにダメ。
のういう見方しか出来ないファンが多いようでは、やっぱりジブリに先は・・・(わわわ)

焦点が絞り込めていないところはあったけれど、イイ感じの作品ではあったと思います。
吾朗監督には、少しずつでも自分のスタイルを固めて入って欲しいです。

>手島葵
彼女の歌は良いですよね~~~
Unknown (Ageha)
2011-07-21 15:48:39
にゃむばななさん、どうも。

お気に入り作品になりましたか?

実写でもよかったんとちゃうん?っていう書き方をしましたが
この作品そのものだけを考えれば
あったかくて優しい映画やったと思うんですよ。
ただ、多分
よくも悪くも
ジブリってこんなんだろ~ってやつとは
違ってた。
それをみてるこちらもまた受け入れていく必要がある…そう感じました。
同じじゃいけないのに、
同じ路線を期待していってしまうことの
ジレンマですかね・・・。
Unknown (Ageha)
2011-07-21 15:54:26
たいむさん、どうも。

そうなんですよね。
ただ、ジブリを背負ってくってだけじゃなく
今までと違う新しいものを
また構築していかなきゃいけない。
でもジブリというとんでもないブランドもまた
そこにある。
その銘柄をこんな感じと認識してる私は
きっとその固定観念をまだぬぐえない。
だから、
宮崎駿が全部自分でやってたら
きっとこの映画も違っていただろうと
やっぱり思ってしまうわけで。

これがね、
サマーウォーズみたいに
ジブリの看板でない誰かの最新作なら
また違った評価になっただろうってのも
想像がつく。

この辺がトンデモなおやじに闘いを挑まなきゃいけない息子にとって
すんごい壁になるんでしょうね、
本来なら親の七光りで
何もしなくても観客動員集められてええやんって
思うんでしょうが・・・

手島葵~ (cyaz)
2011-07-23 09:25:47
Agehaさん、こんにちは^^

うーん、どこにターゲットを絞ってるんじゃおまえはって感じで(笑)

>手島葵の声
アルバムも聴きましたが、
いいですね~彼女の声
アルバム聴きながらコクリココクリコしてしまいます
(そりゃ~コクリコクリやろ~・・・フェイドアウト)
Unknown (Ageha)
2011-07-31 18:00:14
cyazさん、オヒサ~。
いきなり寒いって。(笑)

手島葵の声がホントいいっ。
これだけはもう絶賛。(わわわわわ)

うん、ど真ん中にドンとすえたもんが
正直わかんない。
でも意外に周りのブロガーさんの評価が
いいんだよね~。

嫌いじゃない、むしろ和む作品。
ちょっと優等生だけどね。

んで、これがジブリブランドじゃなかったら
ワタシの感想もきっと変わってた。
そういうどうしようもない偏見がとれないかぎり
どうしても私は息子さんのアニメに
辛口なコメントを書いてしまうんだろうなと。
原因はこちらにありです・・・
Unknown (GAKU)
2011-08-13 08:01:06
Agehaさん、こんにちは。
今までgoo事務局にスパム扱いされていたので、できなかったTBもコメント入力も可能になりましたo(^^)o

とそんなことはさておき、この作品はやはり賛否両論わかれてますよね。やはりジブリに求めているものが細分化されてきているからではないかと思います。

ただジブリサイドとしてもラピュタ・トトロの延長線上で今後も進んで行っていいのかというのもあるし、新しい波を吸収して変化していくのであれば、今がその過渡期に当たるのかもしれないなぁなんて思ったり。
Unknown (Ageha)
2011-08-14 00:02:05
GAKUさん、どうも。

賛否という意味では否のほうなのかな~・・・
ゴメンナサイ。
ワタシにはちょっと合わなかったな~。
いい子すぎるんですよ。おとなしすぎる、
真面目すぎる。
その時代の少年少女がそうだったといわれたら
それまでなんですが。


ジブリもいつまでも今の路線でいられない。
ネタ切れもあるだろうし
人も飽きていく。
七光りやなくて看板におしつぶされそうになりながら自分のカラーを出していくことや
変えていくこと、
息子さんに課せられた課題はあまりに大きいのかもしれませんね・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

22 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
コクリコ坂から (Akira's VOICE)
じわりじ~んわりと効能を発揮する良作。  
コクリコ坂から (佐藤秀の徒然幻視録)
終戦世代の青春と喪失感 公式サイト。高橋千鶴・佐山哲郎原作、宮崎駿企画・脚本、宮崎吾朗監督。(声)岡田准一、長澤まさみ、風間俊介、大森南朋、竹下景子、石田ゆり子、柊瑠美、 ...
『コクリコ坂から』 ('11初鑑賞94・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 7月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 12:15の回を鑑賞。
『コクリコ坂から』 (こねたみっくす)
スタジオジブリが目指す新しい世界観。それが故・近藤善文監督が描いた等身大の淡い恋心。 ついに鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿、高畑勲に続くスタジオジブリ第3の監督に宮崎 ...
コクリコ坂から/長澤まさみ、岡田准一 (カノンな日々)
一番最初に目にした映画チラシに宮崎駿さんの寄稿が載っていたのでてっきり宮崎駿監督作品なんだとばかり思っていたら、その息子の宮崎吾朗監督の『ゲド戦記』以来5年ぶりの作品な ...
映画『コクリコ坂から』 (健康への長い道)
 企画:宮崎駿、脚本:宮崎駿・丹羽圭子、監督:宮崎吾朗。『耳をすませば』以来の、少女漫画を原作としたジブリ最新作を、シネ・ピピアにて鑑賞しました。宮崎吾朗さんにとっては『ゲド戦記』以来、5年振り2回目の監督作品です。また、厳しい批判にさらされるのかなぁ・...
コクリコ坂から (LOVE Cinemas 調布)
1980年に「なかよし」に連載された同名漫画を『ゲド戦記』の宮崎吾朗監督が映画化。企画・脚本を父親の宮崎駿が務めている。60年代に生きる高校生の男女の青春物語だ。主人公の少女の声をを長澤まさみ、少年の声を岡田准一が演じる。共演にも竹下景子、石田ゆり子、...
「コクリコ坂から」みた。 (たいむのひとりごと)
これは子供が見ても楽しくないかも?かといって、アニメファンじゃない大人がワザワザ観に行くにはちょっと物足りないというか、出来過ぎというか。とはいえ、派手さはないものの、しっとりと穏やかで心地良い風の吹
映画:コクリコ坂から 1枚の写真に込められた想い。映像のみずみずしさが魅力。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジブリの最新作。 1963年頃の横浜を舞台に、繰り広げられる高校生たちの青春。 この時代の風景が、ただただ美しい。 そしてみずみずしい。 これを眺めているだけで、心が満たされていく。 一方で、ノスタルジーっぽい気分だけに終始させないところが腕の見せ所か。 (そ....
[映画『コクリコ坂から』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆嗚呼! 非の打ちどころのない傑作でした。  しっとりと感動しました。  『もののけ』『千と千尋』の頃から、『ハウル』『ポニョ』と、面白いけど物語が破綻しまくっていた宮崎駿が、この作品では見事な伏線と収束に至る脚本を練り上げていた。  『ゲド戦記』でケ...
少女よ君は旗をあげる なぜ。『コクリコ坂から』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。「なかよし」に連載(1980年1~8月号)された高橋千鶴・佐山哲郎の同名コミック『コクリコ坂から』を原作に宮崎駿が企画・脚本(脚本・丹羽圭子)「ゲド戦記」に続いての第2作
コクリコ坂から (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
本作はお釜で炊いたご飯や洗濯機の絞り機が手回しのロールだったことを覚えている、中高年向けの内容だと思う。その時代の記憶がない人には、当時の風俗が全く共感できないかもしれない。ガリ版で印刷物を作り、肉屋や魚屋で食品を買ったことがあれば当時のことを思い出せ...
『コクリコ坂から』 忘れ去られたモデルとなった事件 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  なぜ1963年なのだろう?  マンガ『コクリコ坂から』が少女マンガ誌『なかよし』に連載されたのは、1980年である。もちろん、その時代を背景に、その時代の少女たちを対象に描かれ...
映画レビュー「コクリコ坂から」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
コクリコ坂から (角川文庫 み 37-101)◆プチレビュー◆ファンタジックな要素を排したストーリーは、ジブリとしては新機軸。ビビッドな色彩が目を引く。 【60点】 1963年、横浜。高校 ...
『コクリコ坂から』 (ラムの大通り)
----これって、宮崎吾朗監督の新作だよね。 「うん。 実を言うと、この監督の前作 『ゲド戦記』のとき、 ぼくはけっこうほめちぎって、 周りの信用(?)を失ったことが…(汗)。 そのせいもあって、 今回は、少し引いて観てみたんだけど…。 いやあ、これは一言で言えば...
コクリコ坂から (悠雅的生活)
そうとも、これが青春だ
「コクリコ坂から」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
1960年代の横浜の港町を舞台にした、高校生の淡い恋の物語。詩情豊かなアニメーションの佳作。 本気でそう思ってる? なに、そのトゲのある言い方。惨憺たる「ゲド戦記」の宮崎吾朗監督の映画だからって、最初から虫めがねで観てたんじゃないでしょうね。 それを言う...
映画「コクリコ坂から」@ニッショーホール (新・辛口映画館)
 日曜日、昼間の試写会、客入りは若干空席がある9割くらい。スタジオジブリ作品と言う事で小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。
コクリコ坂から (試写会) (風に吹かれて)
説明が足りない公式サイト http://kokurikozaka.jp同名少女マンガを時代設定を変えて映画化監督: 宮崎吾朗東京オリンピックの前年、1963年の横浜。港の見える丘にある下宿屋を切り盛り
コクリコ坂から (とりあえず、コメントです)
高橋千鶴著の同名コミックを原作に原案・脚本:宮崎駿、監督:宮崎吾朗で創られた青春物語です。 生まれる前の観たことの無い横浜が舞台なので、どんな物語になるのか楽しみにしていました。 東京オリンピック以前の日本の姿はこんな雰囲気だったのかとしみじみ感じるよう...
『コクリコ坂から』・・・少女よ君は旗をあげる (SOARのパストラーレ♪)
東京オリンピックを目前に控えた日本。舞台は横浜。純真な少女と少年の恋模様は途中ドキリとするような展開も交えつつ、それでも最後は実に清々しい希望あるエンディングへとつながってゆく。 ジブリならではのファンタジー色はほとんどないが、登場人物すべてが優しくて...
記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ コクリコ坂から ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ 記憶とリンクするディティールこそ大人向けジブリの真骨頂 ─ 今年のジブリは『ゲド戦記』以来2回目、宮崎駿の息子さん、宮崎吾朗の監督作品ということで個人的にかなり気にな ...