ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

アナログ刑事と二人のニノ。〜「プラチナデータ」〜

2013-03-30 12:52:29 | 映画

ぐるナイでしかみてないんだけど
杏ちゃん、足長い。バイクで颯爽とくるとこカッコイイ

ノルウェイの森でインパクト大だった水原希子ちゃんめっちゃ可愛い☆


トヨエツ渋かったです。キャストバッチシだね〜。

・・・鈴木保奈美だけがな〜・・・・(わわわわわ)
演技どうのこうのの前に
もちっとメリハリのついたひとのほうがよかったんじゃない?
野望と狂気、それと反した母性をあわせもった科学者ってのは
ちょっとな〜・・・。原作と性別を変えてまで
彼女をキャスティングしたのがようわからんかった・・・

DNA捜査なんてのはすでにやってるんちゃうかったっけ?
ただ、あちこちに監視カメラが設置されてて
もしあんなシステムがあったとしたら
プライバシ−もへったくれもないよな。
・・・そういや、何作目かの踊る・・・でも
お台場に山盛りの監視カメラがあったってそれだけでもえ〜〜っって
設定だったのに、これは更に倍。

でも、人間のつくるもんにはどっかしらやっぱし欠陥があって
抜け道があるし
どんなすごいシステム作っても
それはもともとそれを作り出した人の願いとは裏腹に
一部のひとに都合のいいように作り替えられてしまう。
そら、日本を超えて世界がモーグルを狙って当たり前。
近未来小説の中の話とはいえ、案外こんなことができる時代がすぐやってくるような気がした。

DNA万歳で、あとはあんたら警察がつかまえてくりゃええねんってふんぞり返ってた神楽が
自分のシステムに犯人だと断定されちまって一転逃亡者になってまうという話。
んな機械のことは知ったこっちゃないが、
自分の勘と経験を武器に真相にたどり着くアナログなトヨエツがえらいかっこよかったですね。
執拗に追い回しながらも真実を追いかける手段として
容疑者とタッグを組むっていう展開も面白かったです。

それでもどこか物足りない。なぜだろな・・・。
無駄に追っかけっこシーンが長いって書いてる人が結構いたけど
神楽のお父さんとロボット陶芸家の話とか
神楽とリュウの話をもっと掘り下げてくれたらよかったのになっていうのは正直なとこ。
そのなかで、水上教授のキャラももすこし描けたのになって。

東野圭吾の原作映画化ってね、
謎解きよりも、登場人物の、誰かの誰かへの愛情が浮き彫りになる作品が多い気がするのね。
「容疑者Xの献身」も「麒麟の翼」も。
今回トヨエツとニノのバディムービーとしてみるなら
後半面白かったけどなんかこう・・・もう一声。
人と人との心のやりとりがイマイチ中途半端だった感が否めなかったです・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋するオンナはアホですか?〜「... | トップ | スキマスイッチライブビューイン... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しんちゃん)
2013-03-30 23:03:07
 「レインボーブリッジ」が公開されたのが2003年だって。あの当時はだれもがあんな捜査最低!なんて思ったんだけど、現在では防犯カメラは当たり前になって、できればもっと設置っして欲しいくらいだし(笑)
 ってことは、この「プラチナデータ」の近未来の世界もいずれ実現するんだろうね。
 ただ、この映画ではその「怖さ」がもひとつ表現できてなかったかな。原作では「あなたの三等親以内に犯罪者が生まれるはずがなければDNAサンプルを取ることに協力してください」っていうのがあって、それを拒否したら差別されるみたいな感じがあったわけで。

 そういう「恐怖」と今現在の「個人情報保護法」の胡散臭さがすごく面白かったです。そこが描けてなかったかも。

 ま、あまり書いたらネタバレになるのでこれくらいで(笑)
Unknown (Ageha)
2013-03-31 11:17:25
しんちゃん、どうも。

う〜ん、さすがにあの捜査システムはやだな〜・・・。

本人の意思とは関係なく
早けりゃこの世に生をうけた段階で
「お前はすでに登録されている」(なぜケンシロウ風・・・)

あ、でもさ。
整形したらバレないんじゃない?
ゴールデンスランバーみたいに。(^^;

背が高いの気にして猫背で歩いてた女の子が
モデルになってウォーキング変わったら
本人ビンゴの確率下がるんじゃない?

と、どうでもいい抜け道を頭カラカラ回してみました。(爆)
Unknown (しんちゃん)
2013-03-31 22:34:33
 整形してもDNAは変わらんけどね(笑)
ま、DNAで犯人が特定されても整形すりゃ見た目はわからんか(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
プラチナデータ/二宮和也、豊川悦司 (カノンな日々)
東野圭吾さんによる同名小説を『るろうに剣心』の大友啓史監督が二宮和也さんを主演にして描くミステリアスなサスペンス・ドラマです。予告編を観るたびにどうして二宮くんが「プ ...
『プラチナデータ』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「プラチナデータ」□監督 大友啓史□原作 東野圭吾□脚本 浜田秀哉□キャスト 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏■鑑賞日 3月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想...
プラチナデータ (2012) 134分 (極私的映画論+α)
 ニノの写真はアップ出来ません(笑)
「プラチナデータ」DNAで犯人にされた先にみた真のプラチナデータの目的と意味 (オールマイティにコメンテート)
「プラチナデータ」は東野圭吾原作の「プラチナデータ」を映画化した作品でDNAデータを元にした捜査で冤罪率が激減するシステムを作り上げた天才科学者がある事件でDNAデータが一致 ...
【プラチナデータ】DNAは人間の全てを語るのか (映画@見取り八段)
プラチナデータ    監督: 大友啓史    出演: 二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村育二、萩原聖人 公開: 2013年3月16日 2013年3月20日。劇場観賞。 原作は東野圭吾氏の同名小説、未読です。 え〜…あんまり高評...
プラチナデータ〜天才てんこ盛り (佐藤秀の徒然幻視録)
この美形さえも、DNAで決まるのか。 公式サイト。英題:Platinum Data。東野圭吾原作、大友啓史監督。二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子、遠藤要、和田聰宏、中村 ...
映画「プラチナデータ」を観ました!!(2013-06) (馬球1964)
映画「プラチナデータ」を観ました!!
プラチナデータ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/03/16公開 日本 134分監督:大友啓史出演:二宮和也、豊川悦司、鈴木保奈美、生瀬勝久、杏、水原希子 この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 [Story]政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報...
映画「プラチナデータ」 (FREE TIME)
映画「プラチナデータ」を鑑賞しました。
プラチナデータ (とりあえず、コメントです)
東野圭吾著の同名小説を二宮和也主演で映画化したサスペンスです。 予告編をもう何回も観ていたので、ようやく公開日が来た!と初日にチャレンジしてみました(^^ゞ こんなシステムが出来たら便利な以上に怖いなあと思うような作品でした。
プラチナデータ (to Heart)
この愛さえも、DNAで決まるのか。 彼は天才科学者だった。 連続殺人犯のDNAが自分と一致するまでは――。 製作年度 2012年 上映時間 134分 原作 東野圭吾『プラチナデータ』(幻冬舎刊) 監督 大友啓史 音楽 澤野弘之 出演 二宮和也/豊川悦司/鈴木保奈美/生瀬勝久/...
映画「プラチナデータ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「プラチナデータ」観に行ってきました。東野圭吾の同名小説を原作とし、男女逆転「大奥」1作目および「GANTZ」二部作で主演を担った二宮和也、および豊川悦司の2人を中...
プラチナデータ (いい加減社長の映画日記)
予告編が面白そうだったので・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 警視庁捜査一課の刑事・浅間は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する天才科学者・神楽龍平と出会う。 神楽は事件現場に残されたDNAから犯人の特徴、身元までを特定できるDNA...
「プラチナデータ」 クールさが立つ (はらやんの映画徒然草)
全国民のDNAデータをデータベースに登録し、それにより犯罪捜査を行う。 映画の冒