ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

算哲も岡田くんもホントに愛されてる、支えられてる。~「天地明察」~

2012-09-17 07:30:49 | 映画



とにかく、脇を固める人たちの演技がいい。(え)
フォトギャラリーには出てこなかったけど、染五郎も実にいや~なお公家さんを好演。
猿之助もそうだけど、歌舞伎役者さんは水を得た魚みたく
生き生きしてました。似合うな~とっても。

で。算哲を支える妻えんを演じる宮崎あおいがまたいい☆


・・・ただ、完全に岡田くん食われてました。(わわわわわ)
だもんだから、最初のうちの
あたふたおたおたの若い頃のシーンはとっても愛すべき主人公として
くすくす笑いながら見てられるんですけど
そっからあとはなんていうのか、この算哲の設定以上に
共演者におもいっきり支えられてる・・・気がしました。

あと、えんの算哲を思う気持ち、尽くす気持ちが勝ってしまって
偉業よりもラブストーリーになってしまったような気もします。
これ、岡田くんにはちょっと荷が重かったかな~・・・

原作は読んでません。
ところがエンドに天地明察を原作とするが、映画化に際して創作した部分もあるってな内容の断り書きが出てきたし
一部史実と違うところもあるみたいなことまで出てくるってことは
・・・?!こりゃ原作読んで見に来たひとはんなアホな~になってるんとちゃうやろか???
映画と原作、アプローチも表現方法も違うんだから
毎度のことながら別ものだと思って行かないといけないんだけど
それでも
最後にこういう一文が出るってことはどうなんだろね?
ってことで、予備知識なしで行ったほうがいいようです。(わわわわわ)

天を相手に戦いをいどんだ男の話。
暦の改暦ってそないに大変なものなんですね。
地球が丸いことも知らない時代に彼の偉業はホントすごい。
しかも権力に押しつぶされそうになりながらなんどもくじけるんだけど
彼に夢をたくした人、彼を信じ支えるひとたちによってまた立ち上がる。
ボロボロになって、最後の大勝負のあとにう~ん、ええシーンなんだけどそこへ落ち着いちゃったか~(わわわわわ)

「私より先に死なないでください」
算哲もえんもこの言葉を口にするシーンがあるんですが
結局はそれを守りましたというオチになってしまうとそこまでのむっちゃ大変だった話が
ぜんぶそっちへもってかれちまったという・・・(わわわわわ)

だから、算哲とえんのラブストーリーだとおもえば感動するんだけど
冲方丁さん、これでよかったの???(今回やたら「わわわわわ」連発でお送りしました

PS:クライマックス前のシーンで、カメオのはずの冲方さんがむっちゃ目立つ。(笑)
岡田くん自身、その視線が気になる気になるって苦笑してましたけど
ホンマスクリーンのなかで岡田くんを見守る原作者の姿に笑っちゃいました。
それも含めて実に「共演者の愛を感じる」映画でございました。
ストーリー上でもキャスト愛にしても。

・・・角川映画、これ完全に今年の皆既日食にあててきたでしょ?(笑)
本屋大賞受賞作、アイドルの起用、脇を固める俳優さんたちの絶対的バックアップ。
これで当たらないわけないって(わわわわわ)





ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 香川照之にキューンキューンキュ... | トップ | シンガーインザダーク~「KOTOKO... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2012-09-17 13:46:03
岡田君も良い俳優になったと思うのだけど、ド新人でもないだけに、ここまで脇がスゴイとやっぱりかすんじゃいますね。

ラブストーリーもどきなのは原作もそうだったから、冲方センセ的にもありでは?
でも、確かに、カッコよすぎてご夫婦が目立ってましたねぇ(笑)
Unknown (Ageha)
2012-09-17 16:38:34
たいむさん、どうも。

演技ができるんなら
冲方さん夫妻がそのままやってもええやんっていう
貫禄でしたね。(わわわわわ)

岡田くんの俳優修行としてはええ経験だったのでは?
決してへたではないんだけどなんかあとひと押し足りないもんがあって

完全にまわりに負けちゃってる感があったのは
ちょっと残念でした。
こんにちわ (にゃむばなな)
2012-09-17 17:04:00
改暦って歴史を変えるほどの大事なはずなのに、なぜか盛り上がりに欠けるのは、やはり監督の実力が右肩下がりになってきているからなんでしょうかね。
俳優陣は凄く良かっただけに、映画として面白味が欠けていたのは残念でしたよ。
で・・・ (しんちゃん)
2012-09-20 23:18:26
 この映画の共演で「妻を寝取られた!」ってきやつが吠えたんでしょ?(笑)
 あれも宣伝だったのかも(笑)
Unknown (Ageha)
2012-09-23 11:17:55
にゃむばななさん、どうも。

ホントは偉業の部分がメインのはずなのにね~というのがなんとも(^^ゞ
キャストひとりひとりの演技がめっちゃいいのに
盛り上がらないってのは
やっぱ監督の采配なんでしょか?(わわわわわ)
Unknown (Ageha)
2012-09-23 11:20:52
しんちゃん、どうも。

寝取られたってだれが???
リアルダーリンでっか?

最近やたら映画の番宣で
本来でたくもなかろうがってひとたちが
やたらワイドショーやらバラエティにでるし
よほどのことがなければ
スキャンダルさえも逆手にとるようなとこあるからね~。

・・・・ほんとにいい作品なら見に行った人の口コミだけえも
大騒ぎになるんですけどね。
最近はテレビ局がバックにつくからもう
また出てるよが増えてなんかうんざりなとこあります・・・
未読が良かったのかも? (メビウス)
2012-10-04 20:23:21
Agehaさんこんばんわ♪こちらにもコメント有難うございました♪

自分も原作を未読ですから、なんか暦の重要性を再認識させられたような作品でしたねぇ。普通で当たり前にあるものでも、そこには先人の人達の途方も無い努力が隠れているんだと思うと見方も少し変わるかも?
加えてキャスト陣も素晴らしかったですし、宮崎あおいのえん役も芯の強い女性で魅力的でしたね。(でも個人的には『帯を緩めて欲しいんですけど・・』っていうセリフに一番グッと来たりっ!w)

そいえば自分も最後辺りに冲方さんがカメオしてるというのを聞いてはいましたが、その冲方さんの顔を自分は一度も拝見したことが無かったので見事にスルー・・(汗)。そんなに目立ってたのですか?
Unknown (Ageha)
2012-10-06 21:58:30
メビウスさん、どうも。

冲方丁さんの顔って微妙に内野聖陽に似てるんですよ。
なかなかハンサムな方です。☆
最後の勝負の時に
自分の奥さんとツーショットで(!演技はシロウトなのに
夫婦でカメオです!)
なんか偉い先生みたく妙にどっしりと落ち着いた感じで
堂々としておりました。岡田くんを見上げる顔が
まるで算哲のせんせみたいで。( ´▽`)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「天地明察」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は2010年に読書済み。(感想はこちら)今年の5月、日本全国老若男女が”金環日食”で盛り上がっていたのは記憶にも新しいが、何故その前後にこの映画が公開出来なかったのだろうと、非常に勿体ない事だと思
『天地明察』 (こねたみっくす)
算術バカの一代勝負記なのに人間ドラマが薄い。キャラクターがどれも魅力的なのに映画としては全く面白味がない。 第7回本屋大賞を受賞した沖方丁先生の原作を名の通ったスタッ ...
「天地明察」:ほど良く平明 (大江戸時夫の東京温度)
映画『天地明察』を試写会で観ました。滝田洋二郎監督が『おくりびと』('08)でア
「天地明察」数多くの失敗を重ねて知った暦を司る算術の答えと才能を見抜いた良き理解者 (オールマイティにコメンテート)
「天地明察」は江戸時代前期に暦の改暦という重大な命を受けた安井算哲が算術と星の尺度で暦の改暦に挑むが様々なしがらみに阻害されながらも改暦を成し遂げるストーリーである。 ...
天地明察 (とりあえず、コメントです)
冲方丁著のベストセラー小説を滝田洋二郎監督が描いた時代劇の人間ドラマです。 主演の岡田准一&宮崎あおいのコンビがキャラクターにぴったりなので楽しみにしていました。 観測と計算で暦を作ることの難しさと、暦を変えることの政治的な難しさを伝えてくれる作品でした...
『モニター試写会/天地明察』 2012年3月27日 角川試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『モニター試写会/天地明察』 感想は書いてはいけないということなので今度ね もう一般向けの試写会も行われてきたので、勝手に情報解禁! 【ストーリー】  太平の世が続く江戸時代、算哲(岡田准一)は碁打ちとして徳川家に仕えていたが、算術にもたけていた。もと...
映画『天地明察』観てきたよ~~♪ (よくばりアンテナ)
原作でめっちゃ感動したので、 楽しみにしてたんですよ~~ 原作の感想はコチラ ストーリーも↑の原作の記事に書いてある通りです(^_^;) 映画を観ての感想は、 うん、北極星の観測に使う道具とか、大...
天地明察 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
天地明察クチコミを見る改暦という大事業に挑んだ星オタクのまっすぐな生き方を描く「天地明察」。学術的な素材をエンタテインメントとして面白く描いている。太平の世が続く江戸 ...
天地明察 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】滝田洋二郎 【出演】岡田准一/宮崎あおい/佐藤隆太/市川猿之助/笹野高史/岸部一徳/渡辺大/白井晃/横山裕/市川染五郎/中井貴一/松本幸四郎/他 【公開日】2012年 9月15日 【製作】日本 ...
天地明察 (悠雅的生活)
初手天元。北極出地。真剣勝負。(試写会にて)