ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日のあたる場所、月との約束。~「あん」~

2015-07-01 23:01:08 | 映画


ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。
ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。

36年ぶりのデュエットだったらしいね~。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし
リアルタイムで見てるんでこの歌歌えます、。(;´∀`)
・・・あのからおばあちゃん役をしてたわけなんだけども、今度はおばあちゃんになってから
「お化けのロック」とか「林檎殺人事件」とか歌って踊るのはさぞ大変だったろうなと。
・・・いや、ほんとに息切れして大変だったのか、「大変だったわよ」という演技だったのかそれすらわからない、
樹木希林てひとはすごい。(;´∀`)

ちなみにワカナちゃん役の女の子って希林さんのお孫さんなんですね~。(*^_^*)
まだちょっと垢抜けないような感じもしますが素朴なええ子って雰囲気がでてましたね~。(ほめてます。(*^_^*))

「やり残したことはありませんか?」につながるものは
徳江さんが勇気を出して外の世界へでていって「働きたい」「ひととふれあいたい」っていう願いを叶えたおはなしともいえるのですが

そもそも甘党でないからまる1個たべたことがないというどら焼きを作り続ける店長は
ただ借金を返すためにしかたなく雇われ店長をしているだけで
もちろん、過去に犯した自分の罪をずっとずっと背負って生きていて。

家のことも娘のこともほったらかしの母と暮らすワカナちゃんは
自由になりたくてもまだまだ中学生の子供で

そしてハンセン病ゆえに隔離されて家族とも引き離されて何十年も生きてきた徳江さんはもっと
”カゴの鳥”で。

でもふたりと違って、
自分を閉じ込めるものからどうやって心を解き放つのかを
徳江さんは千太郎やワカナちゃんに教えてくれたんですね・・・・。
彼女とであったことで、千太郎やワカナちゃんが
自分らしく生きていくすべをみつける・・・そういうおはなしだったのではないでしょうか。

しかし噂、差別、偏見って、わかっちゃいるけどひどいもんですね。
外出できる段階でそれはもう感染するとか隔離されなきゃいけないとかいう病気ではなくなってるはずなのに
中途半端な知識でもってあの病気は「昔」こうだったから近寄っちゃいけないとかって
・・・ほんとはそこんとこ怒りをこめて否定してくれるひとのひとりやふたりいてほしかったな~・・・
少なくとも千太郎やワカナちゃんは徳江さんの味方でしたけどね・・・。

置かれた環境やら他人の仕打ちやらを嘆いていた時期が徳江さんにもあったからこそ
最後のテープレターは余計に大きな意味をもって語りかけてきます。
自然の言葉に耳を傾けるようになるのは逆にいえば、人と触れ合うことがなかなかできなかったからとも言えますけど
そうやって研ぎ澄まされた感性が美味しいあんをつくることにも一役かっているわけで。
・・・どんな辛いことも怒りも悲しみも寂しさも
そうやって自分のなかで昇華していく徳江さんてどんだけすごいひとだったんだよって・・・。



PS:ぶっちゃけ和菓子は苦手なひとなんですが、わたしでもどら焼きが食べたくなりました。(;´∀`)

セリフの一字一句は忘れてしまいましたが、「みたりきいたりするだけでもわたしたちは生まれてきた意味がある
いきてる意味がある」といったような言葉があって、
それはそれは、自分なんかとか自分なんてって思ってるひとにどれだけ優しいだろうって
思いました。
・・・実はそれこそが徳江さんがやりたかったこと、やり遂げたこと・・・じゃなかったのかなと。


あ~、とってもとってもいい作品だったのに、うまく書けませんでした。どうも。(^_^;)




ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坐摩(いかすり)神社 6・25 | トップ | 至れりつくせりの奥さん。~... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キキキリン一番絞り! (ジョニーA)
2015-07-02 04:23:46
「音楽の日」の動画も、さっきようつべで観てみましたー。
キキキリンさんの「イッヒイッヒヒイヒイヒ」♪
という搾り出すような歌声に感動。
ビジュアルも、歌声も、36年前と遜色ないと感じ、中坊だったころの思い出も同時に甦って
感動に打ち震えてしまいましたー。
『あん』は、周期的に何度も観たくなる傑作ですね♪
お茶目なキキさんの姿にキュートさも感じまして・・・6月のギザ萌えヒロインランキング
に入賞させる運びとなりました~♪
ガンなどに負けず、長生きしてほしいですヨ!
どら焼き… (BROOK)
2015-07-02 07:01:34
ハンセン病を題材にした作品で、
患者に対する差別も克明に描いていたと思います。

浅田さん演じる店のオーナーが言っていたことって、
今でもきっとあるんでしょうね。

いろいろなことを考えつつ…
風景描写も綺麗で、最後まで見入ってしまいました♪
Unknown (Ageha)
2015-07-02 10:37:57
ジョニーAさん、どうも。

全身ガンですって微笑みながら言うてしまうひとですからね~。
実際お体の具合はいかがなのでしょう。
この映画の後半であ~あまり体調が良くないんだなっていう演技としての「徳江さんの弱った姿」を見せてますけども、
ま~どんだけしんどくても絶対表に出さないでしょうからね~。
無茶して郷ひろみとのコラボもやってのけちゃうし。
・・・最近特に彼女の出演作品を偶然にもたくさん見ている気がするからなおさら
お体を大事にしてただきたいものです・・・。
・・・って映画本題に全く触れてない~~(;´∀`)
・・・このままいったら今年の主演女優だわ~とつけくわえときますわん。♪
Unknown (Ageha)
2015-07-02 10:42:23
BROOKさん、どうも。

中途半端な知識と思い込みがいちばんいけない。
それをたしかめもしないで噂に流されるのがいけない。
・・・わかっちゃいるけど、実際ありますよね。
それはハンセン病に限らず。
悪意のないつもりでもそれで傷つくひとはどこにでも。

徳江さんが小豆を「もてなす」シーンが好き。
風やさくらや月の声を聞いているシーンが好き。
決しておしつけることなく、あなたも自由になりなさいって諭すおおらかさがとてもとても好き。
あの境遇でああいう人間になれるってとてもとてもステキなことだと思いました・・・。
佳い作品でした。 (のぶりん)
2015-07-02 12:17:26
作中、徳江さんが作る「あん」のように、実に丁寧に煮詰められた佳作と思いました。河瀬直美監督の、乾いた、ある種、厳しさのあるタッチが印象的な作品でした。
こんばんわ (にゃむばなな)
2015-07-02 23:43:52
樹木希林さんってまだまだお元気なのに、まるでこれが遺作であるかのようなあの名演技。
何をどうすればあんな演技が出来るのか。
この作品は樹木希林さんでなくては成立しなかった作品だったのでしょうね。
他人事に思えず (メビウス)
2015-07-03 10:15:37
Agehaさんおはようございます♪TB有難うございました♪

ハンセン病を扱った差別や偏見が結構濃い内容でもありましたが、それでも樹木希林さんの素朴な演技や河瀬監督の自然美を多く取り入れた演出等もどこか『癒し』にもなっていたので、結果的に観ててそれほど重苦しい感じを抱かなかったのが良かったですね。

しかしハンセン病に限らず、無知がもたらす風評とかって本当に怖いですね。それに自分もそういった渦中にいた場合、周りに流されずにいられるか正直分からないので、どこか他人事とは思えなくなります(汗
Unknown (Ageha)
2015-07-03 22:33:36
のぶりんさん、どうも。

上手くは言えないのですが、むしろおおらかであったかくて誰も恨まず誰も憎まず
目の前のことを受け入れてそれでもなお微笑んでいようとする強さ・・・を思いました。
徳江さんだけじゃなくって千太郎もワカナちゃんも
ある意味いかにも日本人というかなんというか・・・。
それにしても樹木希林さんのすごさを改めて感じた作品でした・・・。
Unknown (Ageha)
2015-07-03 22:38:40
にゃむばななさん、どうも。

・・・もちろんどの俳優さんも
毎回これが最高の演技ってのをしてらっしゃるとは思うんですが、
・・・なんていうたらええのか、希林さんて
それこそ体に病を抱えているのだからなおのこと
これが遺作になるかもしれんなんていう気持ちは
実際あるのかもしれません。
だからこそ尚更自分に厳しくあるのかもしれず
最後のつもりでくらいの緊張感は持ち続けてるのかもしれませんね・・・。
Unknown (Ageha)
2015-07-03 22:44:40
メビウスさん、どうも。

コメントでもちらっと書いたのですが
誰かに文句を言うとか怒りをあらわにするとかがないので
重たいテーマの辛い映画のわりには
全編に流れてる徳江さんの独特の雰囲気が
映画を心地いいものにしちゃってるんですね。
ほかにも、季節感のある風景だったり
美味しそうに炊けてるあんだったりと
そういうパーツがくみあがって優しいものだけが
こちらへ伝わるええ作品でした。

誰にも恨みつらみを言わないだけになおさら
見てる私たちは我が身を振り返って
簡単に人の言葉に流されてやしないだろうかってやっぱ思いました・・・(´・ω・`)
Unknown (ふじき78)
2015-07-20 15:40:44
心の狭い私としては、
とりあえずあのお好み焼き屋は失敗しろ、とか思わずにいられない。
Unknown (Ageha)
2015-07-21 14:17:36
ふじき78さん、どうも。

アハハハハ、同感。
いや案外失敗して店をたたんでしまって
千太郎は働く場所がなくなってしまったのかもしれません。
でもそれが自分からであれ、お払い箱になったのであれ、
「どこででも仕事は出来る」って思うことと
「心からどら焼きが好きになる」ってことで
千太郎に笑顔が戻ったのはええことやったと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【あん】ザ・樹木希林劇場! (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
{{{[http://eiga.com/movie/81499/ eiga.com 作品情報 『あん』]}}} {{{: ■解説:「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を...
劇場鑑賞「あん」 (日々“是”精進! ver.F)
生きる意味が、ある… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201506170001/ 【送料無料選択可!】「あん」オフィシャルブック (キネマ旬報ムック)[本/雑誌] / キネマ旬報社価格:1,000円(税込、送料別)
『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希...
あん~“異物混入”の風評被害 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。日本=フランス=ドイツ。ドリアン助川原作、河瀬直美監督。樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、太賀、兼松若人、浅田美代子。ハンセン病を患ってい ...
あん  ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...
月とカナリヤ~『あん』 (真紅のthinkingdays)
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連...
あん/樹木希林、永瀬正敏 (カノンな日々)
河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...
あん (のぶりんブログ)
映画『あん』予告編 2015年5月30日   イオンシネマ明石   にて鑑賞 「あ」・「ん」への飛躍と解放 シネコンで、河瀬直美監督作品を観るというのはどんなものだろう。不思議な感覚である。商業映画の対極にあるアート系、芸術作品に限りなく近い作品...
鳥籠から解放されたカナリア。『あん』 (水曜日のシネマ日記)
どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。
あん (映画的・絵画的・音楽的)
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...
『あん』 (こねたみっくす)
陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。 まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河荑直美監督作品で味 ...
あん (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】河瀬直美 【出演】樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀/太賀/兼松若人/浅田美代子 【公開日】2015年5月30日 【製作】日本 【ストーリー】 縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単調な日々をこなしていた千太郎。そのお店の常連で...
「あん」みた。 (たいむのひとりごと)
樹木希林さんを見に行った。さすがは希林さんというものだった。そして市原悦子さんが見事にとどめを刺してくれた。優しくて厳しい、厳しくて温かい、奥深い映画だった。
「あん」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
[映画『あん』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老...
あん (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ドリアン助川の同名小説を「殯(もがり)の森」「2つ目の窓」の河瀬直美監督が映画化した人生ドラマ。小さなどら焼き屋の雇われ店長と、粒あん作りの腕を買われて働くことになった老婦人の心の交流と、次第に明らかとなる老婦人が辿った過酷な人生を優...
あん (映画好きパパの鑑賞日記)
 河瀬直美監督がこれまでの作風を若干かえ、有名キャストで東京を舞台にした作品。これまで、彼女の作品は数本みており、すべて途中で寝てしまいましたが、初めて、最後まで見た作品になりました。  作品情報 2015年日本映画 監督:河瀬直美 出演:樹木希林、永瀬正...
『あん』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>...
映画『あん』 (健康への長い道)
 『萌の朱雀』『殯の森』の河瀬直美監督の初の商業映画(という言い方は語弊がありますが、あえて)であり、初の原作あり映画を、シネスイッチ銀座で。  私の観たのは14:00の回でしたが、16:35の回の後には、監督と著名なカメラマンであるレスリー・キーさんのトーク・...
『あん』をユーロスペース1で観て、永瀬がいい顔ふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ...
ショートレビュー「あん・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
残したい、最後の声。 餡は甘いものだけど、映画はちょっとビターだ。 明け方、桜並木に近い古めかしいビルの屋上で、たばこを燻らせる一人の男。 彼の背負っているものの重さ、静かなる葛藤を、映像だけで端的に感じさせる秀逸なオープニング。 長瀬正敏演じる千太...
「あん」☆行間の美 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あえて言葉にしない。 なのにこんなに胸の奥にまで響くとは・・・・ 想いがいっぱい、その行間から次々と溢れてくる。
あん (とりあえず、コメントです)
ドリアン助川著の同名小説を河瀬直美監督が樹木希林主演で作り上げた人間ドラマです。 原作は未読でほとんどタイトルしか知らなかったので、どんな物語だろうと気になっていました。 静かな空気を通して、生きるということは何だろうなあと考えさせられるような物語が綴ら...
『あん』 (soraの日常生活)
『あん』、観ました。 上映館が少なくていつも行くシネコンではやってなくて、 ネットで調べてあまり行ったことのないシネコンで観ました。 主人千太郎は小さなどら焼き屋を営んでいます。 そのどら焼き屋さんに一人の老女がやってきます。 「あんこはどうしている...
あん (C'est joli~ここちいい毎日を♪~)
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長とし...
あん (にきログ)
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江...
あん (まてぃの徒然映画+雑記)
河瀬直美監督の最新作は、ドリアン助川の原作物。河瀬監督が原作をもとに映画を撮るのは珍しいことです。予告編では樹木希林の作るあんこが美味しそうな映像ばかりだったから、まさかハンセン病という重いテーマがあるとは思っていませんでした。 公園の片隅のどら焼き....
あん  監督/河瀬 直美 (西京極 紫の館)
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は....
あん (2015) (のほほん便り)
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間......