ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

いや~もうやめて~ってくらい体感するよ。(^_^;)~「ザ・ウォーク」TCX3D

2016-01-26 01:02:27 | 映画


この映画は、ストーリーより映像ありきで最初から見に行ってるんで
高所恐怖症のくせして3D鑑賞。しかもくずはのTCXだから結構大きめのスクリーン。
いや~すんごい迫力でした。
矢が飛んでくるシーンは思わずよけた。(爆)



冒頭のシーンからして、モノクロだの、奥行きだの、町並みだの
一枚一枚にしてプリントしたいわ~ってな目線で見ていて、
サークルにはいってきたやつの靴をわざと一輪車で踏むシーンの靴の茶色、
警官の制服の青、コインの代わりに帽子に入れられたビー玉をカラースプラッシュでそこだけ
うき立たせたりしてるだけで、もう心の中でキャーキャー言うてる自分がいました。
・・・このへんは完全にカメラ大好き目線ですね。まだ序盤の回想シーンだけでも
瞳キラキラしちゃってました。このあたりはまだストーリーはどうでもよかったわけで(わわわわわ)

 
それがCGだとわかっていても、おもいっきりドヤ顔で解説してるわけだから成功してるし生きてるしってわかってても
この景色はやっぱギョエーーーーーでございました。
いくらほかの場所でやったことあるいうたかて、高さがちゃうでしょ?風とかきたらあーーーーーーでしょ?
ぶっつけ本番、2回目はないわけです。成功しても逮捕ですしね。この度胸!

・・・・ワイヤーの上で立て膝ついたり、からだを横たえたりって信じられん。
ワイヤーの上にいる限りは捕まえられないから来れるもんなら来てみなって「往復」しますねん。
1回でええってばーーーーーーーーってもう、マジで自分は椅子に座って見てるだけやのに
なんか生きた心地しなかったですよ。気持ち入り込むと自分がそこにいる気分になっちゃうんですかね~。
足元からゾワゾワゾワ~~~~ってきました。3Dでこんだけ臨場感を味わったのは初めてです。


メインは綱渡りをするそのシーンだけやし、そこに至るまでの話を綴るわけですけども
ビルに潜入して、情報集めや共犯者集めをするシーンも
実際にワイヤーを張るまでのプロセスもスパイ映画みたいでワクワクドキドキしたし、
まるで父親みたいなパパルディにはほろっとくるし、ストーリー展開もそれなりに見せてくれました。
アメリカに来てからのシーンは俄然クライマックスにむけて加速していきます。
内容自体にはあまり期待してなかったので(わわわわわ)こっちの部分でも十分楽しめました。

B002S8BNUIマン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]紀伊國屋書店 2011-10-17by G-Tools

アカデミー賞受賞したドキュメンタリーのほうは未見ですが、
こっちはこっちでCGでつくったド迫力の映像とはまた別の意味でリアルがもたらす恐怖感でもって
じわじわくるのでしょうね~・・・・・。それこそ、成功したからよかったようなもののといったような、
生きてるから作れた映画でしょ?


「500日のサマー」以来、ジョセフ・ゴードン・レヴィット結構好きだったりして。(*^_^*)
人懐っこい少年みたいな顔して、アップになるたびニマ~っとしてました。
それゆえ尚更、きゃ~もうええやん、戻って~~~!!!って心で叫びまくってましたよと。(;´∀`)
・・・・それくらい手に汗握ったわよ~ハラハラしたわよ~~っていうのを観客に感じさせたら
充分、この作品成功やと思います。(^-^)/




ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山田池公園 1・17 | トップ | ブラックな秀吉。(´・ω・`)... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (BROOK)
2016-01-26 05:51:42
3Dで観るべき作品でしたね♪
最後のWTCの綱渡りのシーンは掌に汗が…
CGだと分かっていても、あのシーンはやはり怖かったです(汗)

そこに行きつくまでの展開も飽きさせず、
最後までテンポ良く進んでいました。
Unknown (Ageha)
2016-01-26 17:53:16
BROOKさん、どうも。

ほんとに心臓に悪い映画でしたね~。(^_^;)
それだけ怖かった、怖がらせたってのは
CGとわかっていてもブラボーでした。
ほんとに体感したような錯覚をおこしました。

ドヤ顔で回想するんで絶対大丈夫だとわかってるんですが
それだけに実際に綱渡りしてる場面にくるまで
退屈なんちゃうんとおもいきやなかなかスリルありましたね~。面白かったです。(^-^)/
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-01-26 23:25:47
時代が時代だっただけに、こんなことをやろうと思われたのでしょうけど、本当に凄いですよね。
今の時代では考えられないこと。
でも逆に考えると、こういうことをする人がいないのも淋しくもあると思えたラストも秀逸でした。
Unknown (Ageha)
2016-01-27 10:07:29
にゃむばななさん、どうも。

エッフェル塔より高いビルができる⇒綱渡りしよ~っと。!っていう発想自体が考えられないですよね。(爆)
どうせやるなら徹底的に。凄すぎます。
これ、マジで風とか天気まで計算にいれてたんでしょうか?
実際鳥が一羽自分にむかってきただけでもやばいのに
よう無事だったと今でも思います。運も味方したんでしょうね。

違法だからもちろん逮捕されるのだけど、
ワールドトレードセンターのイメージアップになったといって、逆に感謝されちゃったりして、そのへんはアメリカですね。無期限のフリーパスをもらったのに
そのビル自体が今はない。なんとも皮肉なはなし。

今もグラウンドゼロで祈りをささげるひとは数知れずだろうから、日本はともかく、アメリカではこれ
どんな思いで見てるんでしょうね・・・やっぱりそこに思いは行ってしまいます・・・・。
こんにちは (yukarin)
2016-01-28 13:00:24
いつもは3Dなんてーと思ったけどこれは別でした。
高所恐怖症なのでよりいっそう硬化ありましたわ。
私もジョセフは好きなんですが今回は前髪があるからかなんなのか可愛かったですね~同じくアップにはニンマリしながら観てました^_^
Unknown (Ageha)
2016-01-29 11:34:27
yukarinさん、どうも。

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
これはぜひ、3Dで体感してほしい作品ですね。
私も高いとこ怖いくせにこれは
心の中できゃーきゃーいいながら喜んでました。(え)

ふたたび(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
ジョセフが妙に可愛かったです~~(≧∇≦*)
高低差で吐きそうに・・ (メビウス)
2016-02-10 19:36:56
Agehaさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

確かに本作は自分もストーリーそのものよりもあの綱渡りシーンを含め、ロバート・ゼメキス監督の映像手法に興味がわいた部分があって、そして案の定とても驚かされたのですが、色彩の演出に注目して観てた辺り、写真好きのAgehaさんらしい目線ですね^^自分もツインタワーの地上から屋上までのゾッとする高低差を視覚体験させてくれた奥行きの表現は凄いなと思いました。映像だけでォエ・・となりそうだったので、直に体験してたプティさんはどんな気持ちだったんでしょうねぇ?・・まあ考えたくも無いですけど^^;
Unknown (Ageha)
2016-02-10 21:55:25
メビウスさん、どうも。

この映画に関してはもともと映像目的だったんで
っていうと、中身はどうでもエエのかって感じですが。

ドヤ顔で本人が回想してるわけですから
成功してるんだ生きてるんだとわかっていても
映画として、
あれだけ見てるもんを怖がらせることができたってのは
すごいと思いますよ。(*^_^*)

そうそう、完全に余談ですが、
まだ序盤の背景に関してはほんと、一枚一枚写真として
飾りたいような、カメラ好きとしてはほんとに
こういうアングルで写真撮れたらかっこいいだろうなって
そんな目で見てました。ストーリーそっちのけで。(^_^;)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ザ・ウォーク」 (日々“是”精進! ver.F)
天空を、歩く… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201601240000/ <期間限定!お得!クロネコDM便ご選択で送料無料!>■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【...価格:5,790円(税込、送料別) フライト(Blu-ra...
ザ・ウォーク~仰げばあの世が見える (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Walk。フィリップ・プティ原作、ロバート・ゼメキス監督。ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・ ...
「ザ・ウォーク」高いよ~!恐いよ~!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 1974年、当時世界で最も高い建物だったNYのワールドトレードセンターに、1本のワイヤーを張り、その上を歩いて渡った男がいた。男の名はフィリップ・プティ。「ザ・ウォーク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。最初に言っておきますけど、高所恐怖症の...
『ザ・ウォーク』 身体が自然に反応する、そんな映画 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや『フォレスト・ガンプ/一期一会』のロバート・ゼメキス監督の最新作。  今回は試写会にて一足先に鑑賞させていただいたのだが、劇場公開は本日23日から。  主役のフィリップ・プティにはフランス語の堪能なジョセフ・...
ザ・ウォーク (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆)
ザ・ウォーク(3D) / The Walk (勝手に映画評)
フランスの綱渡り芸人フィリップ・プティの自伝を下にした作品。自伝がベースであるためか、主人公フィリップの視点で物語が進みます。なので、自分に都合がわるい所は省かれているかも。 ジョセフ・ゴードン=レビットは、フランス文学に傾倒していたことがあるためか、...
ザ・ウォーク 3D字幕 (♪HAVE A NICE DAY♪)
わー凄い!これは劇場で3Dで観る映画ですね! これは、劇場で観るのと観ないとじゃ面白さも半減しますね ドキドキ感も。3D映像が素晴らしかった フィリップ・プティさんの夢は二つのビル ワールド・トレード・センターの 屋上と屋上にロープを張って空中で歩くこと....
『ザ・ウォーク』 (こねたみっくす)
高所恐怖症にはあまりにも怖すぎる青春映画。 膝がガクガク震えてしまいました。作り物の映像だと分かっていても、スクリーンを見続けることが苦痛になる映画でした。 映画を見続 ...
「ザ・ウォーク」:ぞわっとし、手に汗握る緊張感 (大江戸時夫の東京温度)
映画『ザ・ウォーク』は、2009年日本公開のドキュメンタリー『マン・オン・ワイヤ
【cinema】『ザ・ウォーク』(試写会) (・*・ etoile ・*・)
2016.01.14 『ザ・ウォーク』試写会@ソニー・ピクチャーズ試写室 cocoで当選。いつもありがとうございますこれは見たかった! JGLことジョゼフ・ゴードン=レヴィット好きとしては見なきゃね(笑) でも、JGL出演作であるということ関係なく見たいと思ってた。ということ....
【映画】ザ・ウォーク (アリスのさすらい映画館)
ザ・ウォーク(2015)アメリカ 原題:The Walk 監督:ロバート・ゼメキス 脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ ベン・キングズレー / シャルロット・ルボン /ジェームズ・バッジ・デ...
ザ・ウォーク (3D字幕版) (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【THE WALK】 2016/01/23公開 アメリカ 123分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デール 地上411メートル/ワイヤー幅2.2センチ STORY:1974年。フランス人の大道芸人フィリ...
『ザ・ウォーク』 (beatitude)
8歳の時、故郷フランスで“世界一の綱渡り一座”と呼ばれるサーカス団“白い悪魔たち”の妙技に魅せられたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、独学でトレーニングを積み、“白い悪魔たち”の門を叩く。ところが、座長....
『ザ・ウォーク』4DX禁止項目に「高所恐怖症」を入れるべき!? (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ...
映画「ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ザ・ウォーク(3D・日本語字幕版)』 (公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 なお、原作小説である大道芸人フィリップ・プティのノンフィクション『マン・オン・ワイヤー』は未読。 また、本作...
ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK (我想一個人映画美的女人blog)
1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化! 2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の 監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一....
ザ・ウォーク (風に吹かれて)
ひえぇぇ~~~ 公式サイト http://www.thewalk-movie.jp 実話の映画化 原作: マン・オン・ワイヤー (フィリップ・プティ著/白揚社)監督: ロバート・ゼメキス 8歳の時にサ
ザ・ウォーク (Akira's VOICE)
その歩み、威風堂々。  
「ザ・ウォーク 3D」☆手汗でギトギト (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
じっとりと汗をかく?とんでもない!! 汗で手がびしょびしょになって、膝に乗せた上着やカバンが、困ったことになるよ!
『ザ・ウォーク(THE WALK)』ロバート・ゼメキス監督、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ザ・ウォーク』THE WALK監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ジョセフ・ゴードン=レヴィットベン・キングズレーシャルロット・ルボン、他物語・1974年。フランス人の大道芸人フィリップ・プティ(
ザ・ウォーク (映画好きパパの鑑賞日記)
 手に汗握るというけど、見終わった後、本当に手のひらが汗でベチョベチョに。高所恐怖症なので、見ている最中、「これは映画だこれは映画だ」とずっと念じていました(笑)  作品情報 2015年アメリカ映画 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴ...
ザ・ウォーク (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・ウォーク』(3D)をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)予告編から面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭には、「これは実話である」(True Story)との字幕が出ます。  次いで、黒いタートルネックを着た本作の主人公フリップ・....
ザ・ウォーク 3D (そーれりぽーと)
予告編を観る限り、真面目で熱い男のノンフィクションというイメージで、観ないでおこうかと思っていたのですが、とりあえず大好きなロバート・ゼメキス監督作だし、でも前作の事も有るしと葛藤しながら『ザ・ウォーク』を観てきました。 ★★★★★ 映画館で、3D公開し...
フィリップ、君はいかれてる ロバート・ゼメキス 『ザ・ウォーク』 (SGA屋物語紹介所)
1974年、NY世界貿易センタービルで行われた伝説のパフォーマンスを、名匠ロバー
ザ・ウォーク (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロバート・ゼメキス 【出演】ジョセフ・ゴードン=レビット/ベン・キングスレー/シャルロット・ルボン/クレマン・シボニー/セザール・ドムボイ/ジェームズ・バッジ・デール 【公開日】2016年1月23日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 8歳の時、故郷フ...
ザ・ウォーク・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
極限の縁を歩く。 ?ワイヤーの上のアーティストの、創造の夢と狂気。 ?1974年8月、当時完成目前だったニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーの間にワイヤーを渡し、地上411メートルで命綱なしの綱渡りを行ったフランス人、フィリップ・プティの挑...
ザ・ウォーク(ネタバレあり!) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[ザ・ウォーク] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2016年4本目です。 【あらすじ】 パリの路上でジャグリングや綱渡りを披露し人気の大道芸人になっていたフィリップ・プティ(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、ニュ...
ザ・ウォーク (C’est joli ここちいい毎日を♪)
ザ・ウォーク '15:米 ◆原題:THE WALK ◆監督:ロバート・ゼメキス「フライト」「Disney's クリスマス・キャロル」 ◆主演:ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン 、ジェームズ・バッジ・デール、クレマン・シボニー、...
綱渡り男の挑戦 ~ 実写編 (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
ザ・ウォーク 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
70年代にワールド・トレード・センターでの空中綱渡り に挑戦した、フランス人フィリップ・プティの実際の 出来事を基にした映画『ザ・ウォーク』が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品でしたので3D字幕版を選択、シネコン の大きいスクリーンで上映...