ペパーミントの魔術師

不定期更新ですが「マイ」ペースで書いてます(^-^)/
なお、思いっきり大阪弁です(^_^;)

誰かのヒーローになるということ。~「イン・ザ・ヒーロー」~

2014-09-08 14:53:32 | 映画


こちらは正直予告は地味だったんだけど、どうしてどうして
私は感動いたしました~。ちとウルウル。こういう作品にはヨワイ。(^_^;)

唐沢さんはホントにスーツアクターの時代があったんですね~。
おまけにブルースリーの大ファン。
この映画ある意味唐沢寿明のリアル~な話とも言えそうです。
若い頃は一ノ瀬リョウみたく反発もしただろうし
尊敬できる先輩に出会って自分が変わっていったってこともあっただろうし。
んで、年を重ねても変わらないものってきっと
唐沢さん本人も持ち続けてると思うし。

裏方のお仕事にスポットをあてるというと
まだ未見ですが「太秦トワイライト」もありまする。
こういう人たちがいてはじめて1本の素敵な作品ができあがる。
これは実際に華やかなスポットライトを浴びている表舞台の俳優さんたちが特に、
そのありがたみを感じる作品ではないでしょうか。
なにより出演していた俳優さんたちが一番心を新たにしたのではないかと思います。


高いとこから落ちるというとまたぜんぜん設定は違いますが
「蒲田行進曲」の階段落ちを思い出してました・・・(;´∀`)
落ちてもなお演技しなきゃいけないノーワイヤーというと
「プロジェクトA」でジャッキーチェンが時計塔から落ちるやつを思い出してました。
確か、藤岡弘、は自分で変身後もやってましたよね~(^_^;)
もしなんかあったら撮影が止まるってとこで体をはるのはほんとに大変なこと。
でも大概は、主演俳優のかわりにこういう危ないことを引き受けるひとたちがいて、
その人らに関しては、ホント、体いくつあっても足らないですね・・・頭が下がります。
それでも縁の下の力持ちは傍目には評価されない。
映画に限らずそういうとこで頑張ってるひとたちはあるあると思うだろうし
きっと感動するだろうなって思います。(^-^)

ましてや首に爆弾かかえた本城にとってはそもそもが無茶な話だったしね~・・・。
「武士道とは死ぬことと見つけたり」っていうてたけどほんと映画バカ。
でもそれくらいの気持ちでやらないとホントにええ作品は撮れないんでしょうね・・・。

マスクをかぶって動こうとしてもあんなに視界が狭い。
息苦しいし暑苦しいしあの状態でアクションでもって感情や個性までも
伝えるというのはすごいことで、
体を鍛えることと並行してちゃんと演技もしてるわけですよ。顔が出なくても。
戦隊ものや仮面ライダー系の変身ものは最近特に
若手俳優の登竜門ですが
アイドルが怪我したら大変・・・でもってきついとこを全部しょってる
こういうひとたちのありがたみをしっかり感じて欲しいもんです。(って、誰に言うてる?)



諦めなければ夢は叶う・・・そういうモチベーションでやってないとやってられない。
でも心のどっかで選ばれるやつとそうでないやつがいるってのはわかってる。
誰かのためじゃなく「自分のために」最後の最後トンデモスタントを引き受けるわけですが
1度でいいからちゃんと顔だしてヒーローやりたいを叶える事以上に
日本にええスタントマンがおらへんって思われたくない意地と
諦めかけた夢をもいちど頑張ろうって誰かがおもってくれたらいいっていう願いとで
そこまでするかって話ですが、とにかくクライマックスは相当かっこよかったです(^-^)/


たまたま、数日前に嵐の番組に唐沢さんが出ていて
こんな役だけは絶対やりたくないと思ってたのに、その役を引き受けたことで
いきなりブレイクしてしまって、それからは人の意見を聞くようになったことや、(^_^;)
脚本も演出もひどかったとしても「唐沢だったらなんとかしてくれるんじゃないか」って
俺がなんとかしなきゃってのがあってねって、
視聴率にはこだわらないけど駄作だとかいわれても諦めたくないんだってことを語っていて
これはこれで「ヒーロー」としての信念を見た気がしました。
主役には主役の意地があって
今回のように「たくさんのひとの協力があって1本の作品ができる」んだっていう認識のもとに
絶対負けられないんだっていう、俳優唐沢寿明そのもののアツさも伝わってきた気がしました。

ストーリー展開はベタかもしんない。でもマジおすすめ~のホメホメ~♪

PS:

やっぱ笑っちゃうよ、寺島さ~~ん。(^_^;)


経験の浅いのは仕方ないとして
何がしかの役が振られたときに俳優さんていっぱい準備するやないですか。
スタントもふくめて全部自分でできたらたしかにそっちのほうがいいと思うけど。

アイドルがチャラチャラしてっていうのは
裏方側からは思うのだろうけど
その準備に時間をかけることができない「忙しさ」が問題で
これはこれでおたがい分かり合って欲しいもんです。
綺麗な顔に傷付いたら大変とかいう理由だけじゃなくてね。(>_<)
どんなことにもエキスパートはいる。得意分野からみたらできないもんをバカにするけど
唐沢さんはなんでもしなきゃいけない嵐のこと感心してましたよ。
歌もバラエティも映画もドラマもって俺絶対無理って。(^_^;)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たしかにいろいろ残念だな~(わ... | トップ | 自己犠牲、自己満足、自己完結ー... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんはー♪ (kira)
2014-09-08 21:19:32
キャスト陣、主題歌、挿入曲も含めて、
凄くよかったですよね~!
超~お気に入りの作品になりました

今回、いつになく唐沢さん出演番組を録画しまくりで観ましたが、
もう、惚れ直した!(笑)山口智子が羨ましい~~っ(爆)
で、仰ってましたよね?
「アノ頃には戻れないよ」
アツイだけではない、頭のいい人だと、番宣いろいろ見て思いました~。
これはもう一度観ると思います。
Unknown (Ageha)
2014-09-08 23:14:13
kiraさん、どうも。

一見地味で、最初は2時間ドラマみたいなもんやんって
思ってたのが途中からどんどん引き込まれました。
これは確かに唐沢さんの努力の賜物かもしれません。
ひとつまちがえば松岡修造みたくなっちゃうアツさも
(わわわわわ)ちょうどいい感じだったのではないでしょうか。
・・・味ぽんのCMやらバラエティに出てる時のトークやら
やたらおもろい唐沢さんを時折思い出してしまって
真剣にやってるのにクスクスもしちゃいましたが。

もちろん番宣目的で出てるんでしょうけど
そこで語られる内容たるやなんか惚れるもんがありましたね~。禿同~(≧∇≦*)

彼と同世代のおっちゃんたちもきっと元気になれる映画やと思いますよ(^-^)/
こんばんは (ituka)
2014-09-09 22:30:47
『プロジェクトA』と『蒲田行進曲』の2本とも記事に入ってる!嬉しいじゃないですか(笑)

白忍者の長回しスタント見てて思ったのが、アレだけ次々敵が出てきても
立ち回りする敷地が限られているわけで
下手すると死体役の人につまづくんではないかとヒヤヒヤもんでした(笑)
でも、あのスタントやったことでいくらのギャラが入ったのか気になります(おい)

それと、『ラスト・ブレイド』に出演決まった一ノ瀬リョウのシーンも少しは見せてくれればいいのに!でしたよ^^;
Unknown (Ageha)
2014-09-09 23:49:39
itukaさん、どうも。

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)真っ先に浮かんだのがこの2本でした。私もちょっとは映画見てる部類に入るかな?(^_^;)

たしかにあの狭い場所であれだけ相手にすると
その心配もあるか。(;´∀`)
長回しってたしかに難しいですよね。
もいっかい落ちて~なんでできないし。(爆)

そだね~。どうせなら本城ファミリーが仲間たちといっしょに一ノ瀬くんの映画を見に行くシーンがあってもよかったのにね~。
・・・ってそこまでやるとベタベタか・・・(^_^;)
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-09-11 00:33:22
この映画もまた唐沢さんが何とかしてくれた作品でしたね。
監督の演出の雑さが目立つのが残念でしたが、それを唐沢さんが見事にカバーしていたのはよかったです。

でも脇役にスポットを当てた作品なら『太秦ライムライト』の方が遥かに素晴らしいですけどね。
こんにちは♪ (yukarin)
2014-09-11 10:17:03
裏方さんのお仕事があってこその表の人が映えるという...
実際に唐沢さんもスーツアクターをしていたこともあって、いろいろと説得力ありましたね。
クライマックスのアクションシーンはスクリーンに釘付けでみておりましたよ。
頭が下がるー (メビウス)
2014-09-11 21:14:40
こちらにもお邪魔します。

普段顔見せで当たり前のように演技をしている俳優さんたちではありますが、その裏では本作のこういった人達の力があってこそなのだというのを改めて気付かされた作品ですね。映画を通してスーツアクターという職業の人達の過酷さも目の当たりにし、自分もホント頭が下がる思い。映画を楽しむ上で、自分達もこういうトコ忘れちゃ駄目なような気がしますね。
Unknown (Ageha)
2014-09-12 09:49:41
にゃむばななさん、どうも。

太秦ライムライト見れてないんですよ~。
賞取ってから行ったらいかにも
とったから見るんだろ~って言われそうだし(爆)

俳優がよくても監督がね~脚本がね~ってのがある反面で
こういう男気でもって
カバーしちゃったぜ~ってのもあるんですね。(^_^;)
自分が実際にスーツアクターやってたこともあるだろうし
自分を支えてくれる人たちのことをみんなに見てもらいたい、その気持ちはとても強かったと思いますよ。
Unknown (Ageha)
2014-09-12 09:53:27
yukarinさん、どうも。

これだけたくさんの人に支えられて1本の映画ができる。
ってことを唐沢さんも再認識して
心をあらたにしたかと思います。
だからこそ絶対ヒットさせたいっていう気持ちが
ものすご前にでてますよね~。
・・・もともとサービス精神旺盛な楽しいひとなんですが
今バラエティめちゃくちゃでてます・・・(^_^;)

あのクライマックスはほんと引き込まれました。(^-^)/
Unknown (Ageha)
2014-09-12 09:58:10
メビウスさん、どうも。

男の子のお母さんたちは何がうれしくてヒーローショー見に行かなあかんねんて思ってたのが
最近やたら「変身前」がかっこよくて
キャーキャービデオカメラまわしてたりするんですよね。(;´∀`)しまいには変身すな~って感じで。(おい)
仮面ライダーフォーゼの福士くんがいわゆる「変身前」やってたのがツボでさすがに決まってました。(;´∀`)

・・・でも目の保養でスルーされたスーツアクターさんたちってこんなに大変なのよってこちらも改めてわかった次第です。m(_ _)mなかなか報われないご苦労に
頭がさがりますね。m(_ _)m
Unknown (はるみん)
2014-09-13 00:21:21
「太秦ライムライト」も良かったけど、ストーリー的にはこちらの方が皆の熱い思いがあって好き。(^^)
でもなんかいろいろ話を詰め込んだりで、感動しかけは冷めみたいな感じになって。もっと素直に見ればいいんだけど。
松方さんは両作品に出演してはって、役どころは被ってました(笑)
観てきました! (テクテク)
2014-09-15 19:38:04
こんにちは
この映画は想像以上に良かったです

単に映画の中の物語ではなく
私たちが目にして純粋に楽しんでいる
映画やテレビ番組などの娯楽作品の裏には
製作に関わった様々な人たちの努力と苦労があるんですよね…

表舞台に立つ人気者でさえも
日々のレッスンとハードスケジュールに明け暮れているのでしょうし
それを裏で支える人たちも大変なのだと痛感しました

俳優にせよスポーツ選手にせよ音楽家にせよ
表舞台に立つ人の影には支える人が必ずいるモノですよね

どんな立場であれ
自分の夢を追いかけ続けられる人って憧れますし
打算で人生を生きない信念には頭が下がります
Unknown (Ageha)
2014-09-16 08:44:53
はるみんさん、どうも。

松方さんくらい大物になると
ほんのちょっと出ただけでもぴりっとしますね。
目立つ目立つ・・(;´∀`)

うん、松方さん自身も「役柄の松方さん」も
自分を支えてくれるこういう裏方さんに敬意を評したかったんじゃないかな。
後輩を見守るあったかい目と感謝の気持ちを
ちょっとした出演シーンで「演じたかった」のだと思いました。
Unknown (Ageha)
2014-09-16 08:52:39
テクテクさん、どうも。

地味でベタかもしれないけど
心にストレートにくる作品だったと思います。
私、泣いちゃいましたもん・・(単純~~(^_^;))

どんなもんにもエキスパートはいて
最高の作品をつくるには
自分で全部やりたくてもできないとこを
補って支えてくれるひとがいてええと思うんですよ。
ただ、お互いがお互いの立場を理解して
団結してはじめて感動作ができる。
舞台裏のあらゆるジャンルのエキスパートがそれを支えて
持てる力とアイディアをもちよった力が
映画になるのだと改めて感じた作品でした。

唐沢さんとうちら夫婦はほぼ同じ年なので
そういう意味でも胸をうつものがあったことも確かです。
できるできないではなく挑戦し続ける気持ちって
大事だと思いました・・。
観ました (ジョニーA)
2014-09-17 02:40:22
ようつべで「嵐にしやがれ」観ましたー。
唐沢さんは、素がリーダー気質なんでしょうネー
「一生懸命やっていれば、誰かがどこかで見て
いてくれる」というメッセージは、福本清三さん
の『太秦ライムライト』にも通じるテーマでしたー♪
Unknown (Ageha)
2014-09-17 11:21:15
ジョニーAさん、どうも。

親分肌であれだけチャラくもできる太鼓持ちですから(爆)
そら人気モノでしょうね~。
偉そうにしないだろうし。

・・・賞を取ってから見に行ったら
あ~やっぱりそういうので選ぶんだ~
じゃないとAgehaこういうの見ないよな~(爆)
・・・もなんか悔しく
変な意地はってたらダメですね~。
劇場は間に合わなくても
やっぱ「太秦ライムライト」はみます!(今頃かいっ!)
Unknown (Nakaji)
2014-10-09 21:17:47
>ストーリー展開はベタかもしんない。でもマジおすすめ~のホメホメ~♪
この映画かなり好きでした。本当におすすめ
なんか泣けました。
Unknown (Ageha)
2014-10-10 09:05:42
Nakajiさん、どうも。
失礼な言い方かもしれませんが
今年の邦画の掘り出し物でした。
最近予告がめっちゃよくて本編見に行ったら(・3・) アルェー?とか(爆)
実はおいしいとこ全部予告で見せとるやんけって感じで
予告にふりまわされてるとこあるんですけど、
ぶっちゃけ予告がまんまベタだっただけに
むしろ好感度上がっちゃってね~(おいおい)

よくダーリンにはその程度でなくか~って言われますけど
感動する気持ちをどう表現したかて
それがオーバーだってええとおもいません??(^_^;)
私は好きですよぉ~この作品(^-^)/
Unknown (ふじき78)
2014-10-12 23:01:12
そーだなー。唐沢くんは何か何気にそんな感じがするナイスガイだよな。企画の中心に唐沢君がいたのが映画の勝利だよなあ。変にジャニーズとか絡まんで良かった(美形役は一之瀬リョウくらいしかいなかったけど)
Unknown (Ageha)
2014-10-12 23:33:02
ふじき78さん、どうも。

福士くんは多分仮面ライダーフォーゼつながりで
”変身前”として申し分無かったんとちゃいますか?
(わわわわわ)変身ポーズを取るのが自然と決まるでしょ。(;´∀`)

唐沢さん自身、こんな役やりたくね~よを引き受けた結果
ブレイクしたってのもあるし(爆)
スーツアクターをやってた時代もあるし
いろいろ考えるとこがあって今があって
この映画引き受けるとっから思い入れがかなりあったと思いますよ。それがとってもいい効果をもたらしたんちゃいますかね~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『イン・ザ・ヒーロー』 2014年8月28日 スペースFS汐留 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『イン・ザ・ヒーロー』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はお勧め~ 前に公開した『女子ーズ』(これは観てない)の男子版かと思ってました。(スイマセン) 全然違う大真面目で泣ける映画でした。(反省) 【ストーリー】  下落合ヒーローアクションクラブの社長に...
イン・ザ・ヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
イン・ザ・ヒーロー@ニッショーホール
イン・ザ・ヒーロー (試写会) (風に吹かれて)
顔が映らなくても俳優です 公式サイト http://in-the-hero.com9月6日公開 ブルース・リーを崇拝する、この道25年のベテラン・スーツアクター本城渉(唐沢寿明)。いつか“顔出し”で映
イン・ザ・ヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(P) 大手スタジオ側のことを「我がままな奴ら」発言する監督さん。
イン・ザ・ヒーロー ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
唐沢寿明が「20世紀少年」3部作完結以来5年ぶりに映画主演を務めたオリジナル作品。特殊スーツに身を包み、映画やドラマでヒーローや怪獣の役割を演じるスーツアクターの主人公・本城渉を、下積み時代に「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」シリーズでスーツアクターを務め...
「イン・ザ・ヒーロー」 中の人 (はらやんの映画徒然草)
スーツアクターという言葉が使われるようになったのはいつくらいからだろうか。 この
『イン・ザ・ヒーロー』 (こねたみっくす)
ヒーローとは孤独に戦うもの。ただし仲間からの助けの手は決して振り払わない。 スーツアクターもまたプロの役者。顔や名前が銀幕に出なくても、その鍛え上げられた肉体と計算し ...
イン・ザ・ヒーロー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/09/06公開(09/04試写) 日本 124分監督:武正晴出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、加藤雅也、和久井映見 オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ夢は必ず叶うってことを 下落合ヒーローアクションクラブの社長にして、その道...
イン・ザ・ヒーロー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】武正晴 【出演】唐沢寿明/福士蒼汰/黒谷友香/寺島進/草野イニ/日向丈/小出恵介/及川光博/杉咲花/イ・ジュンイク/加藤雅也/松方弘樹/和久井映見 【公開日】2014年 9月6日 【製作】日本 【ストーリー】 この道25年のスーツアクター本城渉。゛顔出し゛で...
イン・ザ・ヒーロー (とりあえず、コメントです)
着ぐるみでアクションを行うスーツアクターが主人公にした物語を唐沢寿明主演で描いた作品です。 予告編を観た時、そう言えばスーツアクターってよく知らない世界だなあと気になっていました。 役者魂を感じる熱い物語に、これはアクション映画ファンで無くても泣けるなあ...
『イン・ザ・ヒーロー』 (2014) (相木悟の映画評)
夢をおう、熱き男の生き様に感涙したいのは山々なのだが…?! ストーリーを聞いただけで胸が熱くなるも、色々とひっかかり、終始ノレず。実に惜しい一作であった。 スーツアクターといえば、特撮ファンにとってはすっかりお馴染みの存在である。大野剣友会が回顧録で...
イン・ザ・ヒーロー (映画と本の『たんぽぽ館』)
あきらめない男のカッコ悪さ&カッコよさ * * * * * * * * * * ブルース・リーに憧れながら、25年間スーツアクターとして 作品に顔も名前も出ない裏方に徹してきた本城渉(唐沢寿明)。 しかしある日、ハリウッド映画のアクション大作からのオファ...
イン・ザ・ヒーロー (はるみのひとり言)
映画館で観ました。ブルース・リーを崇拝するこの道25年のベテラン・スーツアクター、本城渉。いつか&ldquo;顔出し&rdquo;で映画出演するという未だ叶わぬ夢を追い続け、愚直に鍛錬に励む日々。それでも、もはや身体は悲鳴をあげ、妻子にも愛想を尽かされ、おまけ...
イン・ザ・ヒーロー (花ごよみ)
  監督は武正晴。 主人公は唐沢寿明演じる本城渉。 アクション映画や着ぐるみを着て 特撮ヒーロー作品に出演する スーツアクターを熱演。 他に福士蒼汰、黒谷友香、 寺島進、和久井映見、加藤雅也らが出演。 終盤のアクションはほんと命がけ!! 殺陣もすばらしく....
イン・ザ・ヒーロー/唐沢寿明 (カノンな日々)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツを着て演技をするスーツアクターたちの姿を描いたヒューマンドラマです。まだ無名だった頃に「仮面ライダー」のライダーマンのスーツアクタ ...
『イン・ザ・ヒーロー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「イン・ザ・ヒーロー」□監督 武 正晴□脚本 水野敬也、李鳳宇□キャスト 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島 進、草野 仁■鑑賞日 9月7日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<...
『イン・ザ・ヒーロー』 (キュートなバアサンになるために)
     公式サイト  人気アイドル一ノ瀬リョウが戦隊物の映画に出演することになった。しかし、彼はハリウッド進出を狙っていて戦隊物への出演は不承不承だった。  そんな彼を伝説のスーツアクター本郷渉に紹介したのはリョウのマネージャーだった。 最初はふてぶて...
『 イン・ザ・ヒーロー 』やっぱ赤だよね (映画@見取り八段)
イン・ザ・ヒーロー      監督: 武正晴    キャスト: 唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見、角替和枝、片山景介、木下ほうか、小宮孝泰、山口大地、本多遼、白洲迅、小宮有紗...
熱い男たち。『イン・ザ・ヒーロー』 (水曜日のシネマ日記)
特撮作品などでヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターの物語です。
イン・ザ・ヒーロー (そーれりぽーと)
スーツアクターに焦点を当てた映画、『イン・ザ・ヒーロー』を観てきました。 ★★★★★ 想像してたのと違う、良い意味で。 もっとコメディー寄りなんだとばかり思っていたら、スーツアクターと映画の裏方さん達に本気で焦点を当てたリスペクト半端ない映画でした。 ス...
【イン・ザ・ヒーロー】 (ジョニー暴れん坊デップの部屋)
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] ...
「イン・ザ・ヒーロー」:ああ、小池要之助 (大江戸時夫の東京温度)
映画『イン・ザ・ヒーロー』は東映版『蒲田行進曲』、つまり「大泉行進曲」なわけです
「イン・ザ・ヒーロー」ラストチャンスに賭けた先にみた演技を積み重ねて実現できる最高の演技 (オールマイティにコメンテート)
「イン・ザ・ヒーロー」はアクション俳優を目指しながらスーツアクターを続けるベテラン俳優が危険なスタントとわかりながら一世一代の大作アクションに出演して大立ち回りを繰り ...
『イン・ザ・ヒーロー IN THE HERO』 (まっきいのつれづれあれこれ)
中の人などいない! などと、最近はゆるキャラなどが注目されていますね。 でも、皇
イン・ザ・ヒーロー (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆ 製作:2014年 日本 上映時間:124分 監督:武正晴  ヒーローや怪獣スーツの着ぐるみを着て演技をする人をスーツアクターと言う。彼等はもともとアクションスターを目指しているのだが、日本ではアクションスターとして活躍する機会が少ない。そこで時に
イン・ザ・ヒーロー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
イン・ザ・ヒーロー '14:日本 ◆監督:武正晴「EDEN」「モンゴル野球青春記 バクシャー」 ◆出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、日向丈、小出恵介、加藤雅也、及川光博、和久井映見、杉咲花、松方弘樹、草野イニ、イ・ジュニク ◆STORY◆下落合ヒーロー...
『イン・ザ・ヒーロー』を新宿バルト9-4で観て、順番間違えたふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★分かる、とても分かる】   こういうベタな話はとても好きなんだけど、 話の流れがかなり『太秦ライムライト』と被っている事もあって、 後から見たこっち ...
イン・ザ・ヒーロー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:武正晴 出演:唐沢寿明、福士蒼汰、黒谷友香、寺島進、草野イニ、日向丈、小出恵介、及川光博、杉咲花、加藤雅也、松方弘樹、和久井映見 【解説】 特撮作品などで、ヒーローや怪獣のスーツ、着ぐるみを着用し演技をするスーツアクターを題材にしたヒューマンドラ....