やわらか煮っ記 人生まだまだ5合目

東日本大震災の被災者の皆様、常総市の皆様、豪雨被害にあわれた皆様の一日も早い復興を願っています。

勉強しすぎはやっぱりよくない。

2016年11月08日 10時26分56秒 | Weblog
最近、東大生や慶大生など有名大学の学生による不祥事が目立ってる。

その内容は、なんで?と思うような、普通そういう事するか?ってなこと。

大体が他人に対する侮辱行為がエスカレートして事件になるような。

こうしてみると、子供の頃に他者に対するコミュニケーションが養われていないんじゃないか?

頭はいいんだろう。
でも、社会一般的に常識とされる概念が欠如している。

そのまま希望の大学に入れて、自分は成功者、勝ち組なんて思って、それ以外の人を見下すようになってるんじゃ。

そのまま社会に出て、会社勤めなんかして、問題にぶち当たっても対応できない。
他者とのコミュニケーション不足で相談もできない。

抱え込んでパニクって、事件起こす。

あるいは単純に暴力的になる。

彼女を線路に突き落とす、なんてその典型じゃないか。
頑張って慶応入って、結果が殺人未遂。
人望も失い、将来もなくす。

なんのための勉強だったのか。

これを、ゆとりとか、訳のわからんことでひとくくりにしていいのか?
だいたい、何のための「ゆとり教育」だったんだ?
逆効果になってるんじゃ。

これは子供を育てる大人の責任でもあり、社会全体の責任でもあることじゃないのか?

今のこの学生たちから、小学校の先生になる子も出てくるんだぜ。
そいつに自分の子供が預けられるか?

もちろん学ぶことは大切で、実際しっかり学んだ人たちが、世界をより良くしようと頑張ってるんだ。

だから、勉強の仕方、役立て方を考えて子供を育てなきゃいけないんだよ。
今の大人が。

柔道で子供を見てても、頑張らない子が多いんだ、最近。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親父を思い出す。 | トップ | いまさらの、デニスウィーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。