37歳らしからぬパパ日誌

***素晴らしい瞬間を切り取って紹介***

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第2子誕生につき

2007-07-01 10:25:16 | ザックバラン
今日は早朝から陣痛があったようで、待ってましたとばかりに
彼女は陣痛のインターバルを時計で測っていました。
そしてパソコンのメモ帳に1回ずつ記入していたところ、
どうやら10分間隔になってるようなので、病院に連絡しました。
しかし、「お昼になったら収まる場合もあるから」と言うことで、
もう少し様子を見てみることに。
それからは「陣痛なくなるなよ・・・」と願いながら時間を計る彼女。
昨日が満月だったこともあり私も「いよいよ」と期待してました。

昼食は私が作った焼きうどん。好評でした。
一度ソースで蒸らしたので味が染み込みなかなか美味しかったです。

午後、4時頃には約6,7分に1度の陣痛。
収まる様子もなかったので病院に行ったところ、即入院できました。
入院してからは陣痛の痛みが辛いらしく5分に1回くらいは、
下を向いて痛みに耐える彼女。
「今回は2回目だから」「前回の痛さを経験済みだから」と
初産よりは少し余裕のある私と彼女。
病院の夕食手配も間に合ったようで彼女は産婦食。
すき焼き風煮でした。
私は病院内にあるマルケー(サークルK)で買って来た、
お好み焼きと焼きそばとおにぎりセットでした。

夕食も終わり、彼女は病棟内をうろうろして陣痛促進。
私は病室の椅子に座って読書してました。
お互いまだまだ余裕満載。
夜の8時頃、彼女の陣痛も5分おきに痛さを増していたようなので、
病室から陣痛室に移してもらいました。
私も初回同様、今晩は付き添いです。

陣痛室にある通称「揺れる木馬」に彼女はまたがり、
ゆーらゆーらと揺れながら毎度来る痛みに耐えていました。
しばらくすると彼女が痛がらないので聞いてみると、
痛みを子宮口を開くパワーに換える術をマスターしたとのこと。
「陣痛見切った!」と喜ぶ二人。
これで今回の出産も余裕の勝利かと思いました。

しかし・・・、続けること1時間半くらい。
やはり痛さが増すとその術も効果なく「イタタタ・・・(泣)」
陣痛を見切るにはまだまだ修行が足りなかった様子。

次に彼女は「おにぎり食べたい」と言ったので、
病院内にあるマルケーへ・・・しかし閉店してました。
と言うことで、近くにあるはずのコンビに探して夜道を散策。
10分程度で見つけたコンビニで昆布のおにぎり買いました。
彼女は美味しそうにおにぎりを頬張り、
残った最後の一口を私に分けてくれました。
『昆布入ってないじゃん・・・』

さてさて陣痛の痛みも初回同様に激痛になってきたようで、
痛みが来るたびに彼女の腰をさする私。
FM802から流れるちょい古な音楽が聞こえてきます。
(確か前回も古い曲が流れていたような・・・そういう時間か?)
腰をさする私もその加減が分からないので恐る恐るだったのですが
助産師さんが豪腕を振るってゴリゴリさすっていたので、
私も力の限り腰を押さえてあげました。

それでも痛みが来るとすごい勢いでのけぞる彼女。
私は体で必死に彼女を押さえ込み腰に手をあてがいました。
「うあ~!」「イタタタタ~」「骨盤割れる!」
そんな彼女の痛みが治まっては、曇る夜空を見上げて思いました。
なぜ女性はこんな痛みを感じなければいけないのか、
男は何もしてあげられないのかと・・・(初回同様です)
結局、昼間は余裕を醸していた2人も今では必死のパッチ。
夜中の2時頃、とうとう彼女は目を閉じながら痛みに耐えては
休憩していました。(寝ながら陣痛こらえてる?)
しかし私は寝るわけにも行かないので、
「カンバレ、ガンバレ、赤ちゃん頑張ってるよ」と言ったり、
意味不明の言葉も、その時ばかりは励ましに聞こえるのでした。

そして今回も初回同様の激痛の嵐だった彼女が分娩室に
GOが掛かったのが午前4時頃。
それから30分程度でしょうか、少し小さな声でオギャーと第1声
廊下で待っていた私は安堵しました。
すぐに御両親にメールで一報。

それから彼女と一緒に赤ちゃんを眺めてはかわいいねと
写真をとり手を触り辛かった時間を喜びで取り返しました。

一睡も出来なかった私、その後病院から家に帰る車内では、
結構危ない状況でした。目を必死に開けて脳みそだけ寝てる状況。

それにしても無事第2子(男の子)が誕生しました。(7/2)
母子ともに健康。陣痛は何度でも大変な痛みだそうで、
私も少しは助けてあげられればよいのですが。
女性だからこそ耐えられる痛みなのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メガデビュー | TOP | ミキティとふたりで »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます。 (miyu)
2007-07-04 21:29:03
コメント久々になってしまいました。
(ご存知かもしれませんがHN変えました)

ちょっと遅れちゃいましたが
第2子誕生ほんとうにおめでとうございます。
ますます忙しくなることと思いますが
そのぶん賑やかで楽しくなりそうですね♪
(私は経験ナイのであくまで想像ですが…)

ひとまずはプチ独身生活をエンジョイしてくださいませ。

こんばんわ (sola)
2007-07-04 21:52:00
無事にとゆうことでホントによかったですね。
おめでとうございます♪。
これからパパ日記が更ににぎやかになるのを
楽しみにしています。
では。

ありがとうございます。 (speedysilence)
2007-07-06 01:58:39
>miyuさん
こんばんわです。
先日はミキティがmiyuさんに電話したようで申し訳ありません。
ター坊は3300グラム台で現代にしては若干大型、
男の子らしく(?)授乳したら離さないようです。
ミキティ、ター坊とも今後もよろしくお願いします。

>solaさん
母子ともに無事出産に至ったのでよかったです。
一姫二太郎三茄コースになればと思っています。
これからも嫁ログとともにパパログも
よろしくお願いします。

Related Topics