SpeedLander

深夜からの飲酒ゲームでストレス解消・負ければストレス増加(笑)

空撮スキッド組み立て ブラシレスジンバル搭載

2017年06月20日 01時39分57秒 | Drone radio control
ゲーム遊びすぎて放置していた空撮スキッドを用意!


ふと以前購入していたジンバルプレートと今回購入したブラシレスジンバルのプレートを
比較すると同じカーボン製厚みは同じくらいですがブラシレスジンバル側はウェットカーボンの様です
前回購入のプレートはドライカーボンなので叩いたとき金属音がし全く撓らない・・・まあそれほどの強度は必要無いけど・・・


で穴位置もかなり違いますね!!付属FRPプレート使わずに直ジンバルプレートを使用
2カ所はちょうど良いピッチ穴有るけど後方には無いので穴開けやはりウェットカーボンなのは直ぐに穴空きました
リューターで修正いらず(笑)


ブラシレスジンバルを取り付け空撮スキッド完成!!


電源供給しカメラ位置自動固定!!
どうも付属のマジックテープ固定が弱々しいので天吊りに設定しました、真下は必要なさそうだし・・・


後はカメラレンズ中心位置と重心位置を調整すると完成なにか物々しいドローンになってしまいました
デカくて怪しい感じで目立ちすぎるこの機体でテストフライトは近場では無理そうな~~ペラガードもポチ!


この空撮スキッドは取り外し可能にしF450は、これと同じX500フレームに交換するので脱着可能に予定
まず5200mAバッテリー載せるため!!

そして純レーサーZMR250制作用にDELTA8ポチ!

ツーショット!!何時も休みには旅のお供の本体長はペラより短いH501Sですが完全な航空法対象のドローンなのです
X500だと手軽にとは言えません・・・特にコンパスキャリブやりにくそうな・・・
WIFI/FPV組み人や車両が写るとBC2のUAV見たいにトリガーボタン押したりして・・・FMODE/AUX4割り当て無しにしておこう(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロポのスマホアダプター | トップ | H501S 30Cバッテリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Drone radio control」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。