SpeedLander

深夜からの飲酒ゲームでストレス解消・負ければストレス増加(笑)

珍しいESC発見

2017年08月09日 00時57分26秒 | Drone radio control
と言うのがSYMA X8CにSTM32系FC使用可能、かなり以前から考えていましたが
単体12A AMP4個買う程の価値はなさそうだしで保留のままで、たまたま今回見つけた

入力は普通にPWMなので殆どのFCを組NAZAでも・・・
NAZAは使いませんがINAV NAZE10DOF GPSならば普通に空撮ドローンになります
ブラシモーターギヤダウンとは言えX8Cの揚力はこのブログでも紹介していますが軽く2000g以上のスラスト発生!!
カーボンブラシなので寿命も有りそうですし大型ロイドローンですが海外サイトでも人気、評価高いのだ
毎度の大陸からなので到着は気長~~に!!


ブラシモーターアンプが6個(HEXまで対応)搭載されたPCB
SOPのFET一個で10A?と唱っているがもしもの時はX8CのFETを使用、と言うかふと考えると回路的な要素は無いのだが!?


•Naze32、SP RACING F3、Skyline32などのCleanflightに基づくブラシレスフライトコントローラのサポート
•6方向出力のサポートは、hexacopterとquadcopterで使用できます。
• 大電流MOSトランジスタで、出力ごとに10Aまでの動作電流。
•1020コアレスモータを含むすべてのコアレスモータのサポート。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NAZA-M LITEのフレームは | トップ | 空撮スキッド »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Drone radio control」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。