裏面打法は単板で

10mmの単板に両面ラバーを貼っている男が,卓球についてまとめます。

ペンの肩身狭きこの時期に……

2016-10-19 23:27:02 | 選手
今年のオリンピックのメダルラッシュで卓球がマスコミでも注目されたものの,スポットライトにあたるのが常にシェークという構図にげんなりしながら生きている今日この頃orz

そんな中で,ペンにとって明るい話題を提供してくれる選手が現れた

その人物とは,小塩悠菜

今年の全日本ホカバの中でバンビで久々にペンとしてチャンピオンに輝いた選手である。

たぶんブログが始まって以来最年少とちゃうかな


バンビの部決勝のダイジェスト。

察するに反転ペンのドライブマンだが,何よりもその特異なグリップとスタイルが特注である。

ペンでありながらハンバーガー持つようなグリップで裏面ツッツキからの攻撃を主体とし,この試合ではあの張本智和の妹を破っている。

しかもこのように海外の人間が動画にして世界に広めてるあたり,相当なインパクトだったと思う。

間違いなくミウミマの後は,彼女が継ぐに限る,。

そしてペンの未来に少しは光が差してきたと確信したのであった。

では,また
ジャンル:
びっくり
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半島の北から | トップ | 変幻自在のドライブマン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。