裏面打法は単板で

10mmの単板に両面ラバーを貼っている男が,卓球についてまとめます。

半島の北から

2016-10-18 23:40:21 | 選手
前回に続いて半島系のネタになりますw

国際舞台にあまり姿を見せないことで知られている北朝鮮

いつの日か紹介したリ・チョルグクもさることながら,最近知ったある人物もまあまあええなあって思ってしまう。

その人物とはキム・ソングン

先に紹介したリ・チョルグクは日ペンだが,こちらは中ペンで裏面を駆使するスタイル。


今年の平壌オープンにて。

見た感じ台上処理のセンスも良く,裏面でのバック対バックのラリーでも問題なくラリーを展開出来ている。

それだけに,もう少し爆発力さえあれば世界でも通用するとも思える。

北朝鮮のほかの選手と同様,大会にはあまり出てこないだけに,これからの活躍に期待したい。

では,また
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国から久々に……。 | トップ | ペンの肩身狭きこの時期に…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。