穴村久の書評ブログ

小説と哲学書の書評ならびに試小説「反復と忘却」(仮題、連載中)

ニーチェの言い間違い「神は死んだ」

2016-11-12 08:36:28 | 現代哲学

神は死んでいない。現代において、むしろニーチェの時代よりも活発である。彼はこう言うべきだった。「哲学は死んだ」と。哲学教師に残されたのは哲学史だけである。

諸学の残飯を集めて二次的料理を作ってもしょうがないではないか。ニーチェにおいて現代哲学者ほど露骨に目立たないが、彼も当時の諸学の残飯を彼の構築物のセメントにしようとしていた形跡が有る。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 哲学は諸学の母か | トップ | アガサ・クリスティーのベス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

現代哲学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。