ことのは

初めに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神であった。と、ヨハネは言う。まことに、言葉とは不可思議なものである。

いよいよ共謀罪

2017-04-25 15:37:16 | 日記・エッセイ・コラム
森友の件は何となくおさまったようだが、
今度は、
共謀罪の事案で与野党がぶつかっている。
正式には、テロ等組織犯罪防止法と謂う。
ちゃんと審議すればいいのだが、
民進党など野党ははなから否定している。
いつもながら、
どうかと思う。
・・・・・
最近のことでは、
特定秘密保護法や平和安全法制の件がある。
今度もそれに似た展開になりそうだ。
特定秘密保護法のときは、
知る権利やプライバシーの侵害になるとか、
ジャーナリズムへの締め付けだとか、
有ること無いことを言っていた。
法案が通って、もう2年以上になる。
今のところ不都合は聞かない。
リベラル人士が言っていたようなことはまったく起こっていない。
つまり、無いこと無いことを言っていたのだ。
反対の為の反対でしかなかったのだ。
平和安全法制も同様である。
字義のごと平和安全の為のものだ。
それを戦争法というレッテルを貼って反対した。
おまけに徴兵制になるとか…。
徴兵制になど絶対ならない。
これは絶対だ。
なぜなら、その為には新たに法律を通さねばならないから。
嘘と無縁のものを持ち出して反対したのだ。
まあそれが彼らのやり方なのだが。
余りに酷いやり方である。
・・・・・
しかし、今なかなか際どい状況である。
朝鮮半島で戦争が起こるかも知れない。
そうなれば安全保障法制により参戦することになる。
むろん直接ではなく後方支援だが。
それでも参戦には違いない。
そうなれば、やはり戦争法であったと言うのか。
それは違うだろう。
法律があるから戦争になるのではない。
戦争になったらどうして日本を守るか、である。
話は逆なのだ。
しかし彼らは自分が何を言ってるのか知らない。
否、知ってて言っている。
初めから結論ありきは自分の思想だけが正義だからだ。
分かっていても、これが結構苛立つ。
怒りはいつだって無益だ。
辛抱!辛抱!
・・・・・
ちなみに破壊活動防止法というのが戦後早い時期に創られている。
当然これも治安維持法の再来だとかで反対された。
細かい経緯は知らないが、ともかく成立している。
戦後の最も奇怪な事件にオウム真理教事件がある。
地下鉄サリン事件で有名だ。
教祖は逮捕されたが組織は未だ存在する。
その組織をこの破防法の対象にするか検討されたことがある。
しかし結局却下された。
つまり法律があっても、それがすべてではないということだ。
適用するには判断がいるのだ。
新たな法律は勿論のことその内容をしっかり吟味する必要がある。
それは当然だが、初めから否定しては意味がない。
それは法律は必要ないということで、法治社会の否定に繋がる。
まさに国会の否定である。
昨今の野党の議員は自ら国会を否定してるのか。
そして自身の議員の身分をも。
しかし彼らは自分が何をしてるのか知らない。
私ごとき人間は、
イライラしっぱなしだが、
辛抱!辛抱!、
結局ほっとくより他ない。
次の選挙まで。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当のところ | トップ | 改めての確信 »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。