ことのは

初めに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神であった。と、ヨハネは言う。まことに、言葉とは不可思議なものである。

またまた化けの皮

2017-01-25 11:21:08 | 日記・エッセイ・コラム
また化けの皮が剥がれた。
例のごとくシナである。
今、ネットで溢れているアパホテルの問題だ。
ほっとけばいいのに、自分で火を付けている。
いよいよ末期症状か。
・・・・・
一民間企業のことである。
それにマスメディアで宣伝した訳でもなく、単に部屋に置いていただけである。
見る見ない、また見たとしてどう思うかは個人の自由である。
それを超大国?が直接口を挟むのである。
もちろん正式の抗議ではなく、コメントとしてではあるが。
でもそれがシナのやり方だ。
それに政府支持で公然と不買運動もやってるようだ。
お隣の韓国も同じようにやられている。
例のミサイル防衛システム・サードの問題で。
でもそれは国の問題であり正に政治である。
まあ自業自得だとも言える。
それにしても国を挙げての不買運動とはあきれる。
詳しくは知らないが、韓流を全面的に禁止してるらしい。
他にもいろいろあるようだが。
実に子供っぽいやり方だ。
親の喧嘩で子供の頭を殴るのである。
超大国?が泣いている。
アパホテルの件はそれ以前の問題だ。
なのになぜ自分で火を付ける。
たぶん最も痛いところを突かれたのだ。
蟻の一穴を恐れたのか。
もはや逆効果でしかない。
・・・・・
所詮、嘘は嘘である。
20万人しかいないのに30万人は殺せない。
20万人の人口が数か月後に25万人に増えている。
時に外国人が公人・私人を含め相当数いた。
その証言がない。
少しはあると言うが、もし事実なら少しばかりではないだろう。
公式記録に残されていてもおかしくない。
それに遺体がない、どこに消えたのかさっぱりない。
結局、納得できる証は何もないのだ。
もちろん事件はあっただろう。
酷い事件の一つや二つは。
でも犯人が日本兵かどうかは分からない。
大混乱のさ中だ。
ところで、アメリカでは殺人事件が日常茶飯事だという。
だからといって毎日大虐殺が行われているとは言わないだろう。
事件と大虐殺とはまったく別物だ。
嘘は嘘である。
どこまでも嘘である。
先日もネットにアメリカ人とシナ人のやり取りが載っていた。
アメリカ人曰く、
その時シナ軍(事実は蒋介石軍だけだが共産党軍も含めて)はどこで何をしていた、
見殺しにしたのか。
シナ人調べて答えると言う、
結果は……。
韓国もそうだがシナももはや崩壊するより他ない。
経済より何より、心の崩壊が決定的だ。
金の問題は金で何とかなるが、心の問題はどうにもならない。
シナ・朝鮮の歴史は破壊と殺戮そして屈服の歴史である。
そんな中で心を立てる暇がなかったのだ。
止むを得ないことである。
・・・・・
しかし日本人も悪い。
有りもしないことを謝罪してきたのだから。
シナ・朝鮮の国民に嘘を付いてきたということだ。
ある意味同罪である。
私は団塊の世代だが、学校でちゃんと歴史(日本史)を教えられた。
戦後間もない(15年余り)頃だったが、
太平洋戦争終結まで教わった。
しかも自虐史観ではなかった。
アパホテルに置かれているという本だが、
そこに記されている日中戦争に至るまでの経緯などは、
教えられたことと何ら変わらない。
南京大虐殺などもちろんなかった。
ということは、その後徹底的に自虐史観に染められたということか。
GHQが引き上げていたにも関わらず、
かかる事態に至ったのは、
それは日本人自身の手によるものだ。
団塊の世代として情けない。
実に情けない。
ただ最近確信したのだが、
日本人の中には日本人の振りをした外国人もいるということを。
GHQはしっかり置き土産を置いて行ったのだ。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化けの皮 | トップ | 風の神様 »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。