ことのは

初めに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神であった。と、ヨハネは言う。まことに、言葉とは不可思議なものである。

日本の不思議

2017-07-30 13:03:45 | 日記・エッセイ・コラム
やっと加計問題が終わりそうだ。
火の無いところに煙どころか大火事であった。
放火犯はたぶん反省などしない。
むしろ、ほくそ笑んでいる。
戦後日本は明らかにアメリカの頸木の中にある。
だが最近何とか対等に近づきつつある。
そんな中での火事である。
犯人はどこにいるのか。
こんなあからさまな攻撃がアメリカにできるのか。
アメリカは自身の内に問題を抱えているのに。
なら、これは何なのか。
・・・・・
日本は世界最古の王朝国家である。
なので、その支配者層も入れ替わっていない。
欧米などと違うのは、
支配者層が庶民と断絶していない、
ということだ。
何しろ一君万民であり、天皇以外は皆臣民なのだ。
だから奴隷がいないのである。
にしてもだ、あきらかに支配者層はいるだろう。
でなければ国家を維持できない。
これほどの長きに渡って。
このことは当然なのだが、そこが実の所よく分からない。
天皇は権力者ではないのだ。
権力を行使しようとした天皇もいるが。
後醍醐天皇のように。
それは例外である。
なら権力はどこにあるのか。
それが分からない。
学校の歴史では、これはさっぱり分からない。
歴史学者の言うことは、これまた要領を得ない。
結局藪の中…。
・・・・・
権力闘争は勿論ある。
政治には付き物で、歴史上幾らでも見られる。
普通は勝った者が支配する。
だが奇妙である。
例えば曽我・物部の戦いである。
神道派と仏教派との争いであったと言われる。
で結局曽我氏が勝ち、物部氏は都を追われた。
なのに、その曽我氏も乙巳の変で滅んだ。
勝った方も負けた方も退場である。
同じことが源平の戦いである。
源氏が平家を滅亡へと追い込んだ。
その源氏も鎌倉三代実朝で血が途絶えた。
あとは北条氏の執権である。
これも、勝った方も負けた方も退場である。
別の様相もある。
東西対決である。
ひとつは壬申の乱である。
天智天皇が崩御した後、大海人皇子が天智派を退け天皇に付いた。
それが代を重ねたが、長屋王のとき謀略により天智派に交代した。
ひとつは応仁の乱である。
西軍の山名宗全と東軍の細川勝元の戦いである。
結局決着が付かず、ただ都が荒廃したのみ。
何の為に戦ったのかも未だよく分からない。
不思議な戦いであった。
ひとつは関ケ原の戦いである。
西軍の豊臣側と東軍の徳川側との争いである。
東軍が勝って徳川氏の天下となった。
宗教的には寺請制度などにより仏教を主軸にした。
それが幕末になって政権を朝廷に返上した。
これが明治維新となるのだが、
結果薩長藩閥政治となり、
それはつまり西軍の復活であり、
宗教的には神道主軸となった。
さらに奇妙なことがある。
なぜか南朝の復活ということになってるのだ。
その現れが皇居前に建てられた楠木正成像である。
何があったのか。
・・・・・
ちまちまと述べたが、
言いたいのは、
天皇には権力がなかったこと、
では権力がどこにあるのかと言えば、それがよく分からないこと、
権力には大きな二つの流れがあるということ、
それは概して神道と仏教とに分かれるのだが、
それにしても神道と仏教は一体でもあること、
…。
大きな二つの力の綱引きがあるようだが、
さて今回のもりかけ騒動は、
そんな綱引きと関わりがあるのだろうか。
あるとしか思えないが、
もしそうなら、
真に興味深いことです。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕掛け人は | トップ | 藤原氏の不思議 »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事