はばねろ庵

都会でのひとりごとを思うままに・・・

分かってはいたけれど・・

2016-10-18 | 日常のひとりごと
CSも突破し、あとは1勝ぐらいしたらいいなぁと気楽に見ようと思った日本シリーズ。
そんな中、とうとう黒田引退のニュースが・・・。
最初Yahooニュースで見た時、「分かってはいたんだよ・・」と言いながら泣いていました。子供も引退は驚いていましたが、私がひたすら泣いているのにはそっとしておいてくれました。
ご飯を作りながら涙し、テレビのニュースで流れては涙し・・・。

シーズン途中から予感はしていました。この前の“情熱大陸”を見て確信しました。
でも、現実に文字にしてみると・・悲しいでもなく、寂しいでもないと思うのですが・・・涙が出てきます。引退会見はリアルタイムで見られませんでしたが、先程YouTubeで会見を見ました。するとなんだか、妙にすっきりしました。なんだろうね、この感じは。

黒田とそして新井は間違いなく“広島”の象徴です。
ある選手が言っていましたが、「カープは広島の証であり象徴」だと。
これは他の球団には無い感覚だと思います。他県から来た選手は、『えらい球団に来たなぁ・・』とでも思っているんじゃないでしょうか
そしてこの感覚は、きっと生まれたときからカープファンという、広島=カープと普通に思っている我々には当たり前のような感覚で、だから流行りのカープ女子だったりファン歴が浅い人達とは相容れないんだろうなぁと思っています。
だって、彼らはカープが好きなわけで、カープ=広島にはならないでしょうから。
それでも、もちろんファンとしてはいいと思いますが、一緒にされるとやっぱりちょっと無理があるかな・・とは思います。
だから私は「カープ女子」と言われると、思いっきり否定します。だって違うもん。
うーん・・文字にすると、『何言ってんだろうなぁ』って感じになるなぁ・・。どう書いたらいいんだろうか。難しいなぁ・・この感覚を説明しようとすると。
ちょっと話がずれました。それはさておき・・・

たくさんの選手がいて、それぞれにファンがいる中で、カープを象徴する人は?と言ったら今は黒田と新井の名前が上がるでしょう。
チーム事情もあったりしますが、FAもせずに広島一筋でいてくれる選手はもう別格です。
黒田も新井もFA宣言する前もカープの、そして広島の象徴でした。黒田はメジャーに行ったのでそれは仕方ないとして(メジャーは別世界だし、メジャーに行ってまた帰ってくる人もいたので)、新井は広島一筋だと思っていたので、更に我々の怒りを買ったのだと思います(余計な一言もあったし・・・)。
その二人が戻ってきて、より大きな象徴となった。だから今年優勝できたような気もします。
その象徴の片翼が無くなってしまう・・・仕方ないことですし、いずれは来ること。
そのうちもう片翼も去ってしまうでしょう(あと数年後にしてもらいたいものですが・・)。
その後はキクマルや更にその後には大瀬良くんや誠也に期待しているのですが・・・まだ若いし、FA恐怖症としては、ちょっとそれが怖い・・。特に誠也は東京愛が強いからなぁ・・・。

なんだか感傷に任せて色々書いてしまいましたが・・・ともかく、これで日本シリーズも気楽には見られなくなりました。
船にいるダンナと黒田の引退についてちょっとLINEしましたが、その際に
「気楽に見られない」と書いたら、
『麻痺に悪いな・・』と。更に『2ヶ月に1点なのはこのせいでは・・』とも。
そうね、今年は特に試合に振り回されてきたので、そのせいかも・・。
これはもう、責任を取って日本一になってもらわねばっ
と言うのは冗談ですが・・・。
家に飾っているビールかけTシャツ。
その中に黒田の名前が入っているので、更に記念のものとなりました。


あと最大でも7戦。その中で、“レギュラーシーズン中のカープらしい戦い”をしてくれたら、勝ち負けは別としても満足できるような気がします
そして終わってから「お疲れさまでした」と言いたいと思います。
でもまだ終わってませんから・・・・・カープらしい戦い、期待してますっ。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 後期始まりました | トップ | ハロウィン? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL