goo

タクシー初乗り410円!ちょい乗りする?しない?需要はどうなる!?



2017年1月30日の今日から、東京23区と武蔵野市、三鷹市のタクシーが新しい運賃に移行して、「初乗り410円」になった。

今までは2キロメートルで730円だったが、1.052キロメートルで410円になったのである。

1キロメートルは、徒歩で計算すると約12分かかる。

※ちなみに、不動産屋や住宅サイトなどで表示される「徒歩○分」は「徒歩1分=80メートル」という基準がある。

お金を使わない代わりに、約12分を歩いて時間と体力を消費するか?

あるいは、410円を使う代わりに体力を温存し時間を短縮するか?

どちらもメリットとデメリットがある。


とにかくタクシーの初乗り運賃が安くなったのだから嬉しいと思うかもしれないが、そういうわけにはいかない。

なぜなら、初乗り後の加算が従来の280メートルごとに90円から、新しい運賃では237メートルごとに80円に変更され、加算スピードが増した。

そして、約1.7キロメートルまでは値下げになるが、約6.5キロメートル以上だと値上げになってしまうのである。

要するに、短距離の場合は値下げで、長距離の場合は値上げになるということである。


新しい運賃によって、タクシーの需要の増加につながるのだろうか?

私はならないと考えている。

たしかに短距離で利用するお客さんが増えるはずだが、従来の730円を稼ぐのにタクシーの運転手さん2回分も走らせなければならない。

また、近年は健康志向のため「短距離なら歩こう」と考える人が多いのではないだろうか。

そして、長距離をお客さんにとっては、新しい運賃は“ただの値上げ”である。

なるべくタクシーを乗らないように控えるのではないだろうか。

今日から始まったばかりなのでどうなるかは分からないが、私はタクシーよりもはるかに安いバスや電車を利用すると思う。

ただし、急ぎで時間内に移動しなければならない場合は、タクシーを利用することになるかもしれない。


SpareClock〔スペアクロック〕 : yumeto


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 残業の上限月... AirPodsの使用... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。