goo

喫煙者を採用しない企業が増えている!禁煙の輪が広がりつつある



ニュースで「喫煙者を採用しない会社が増えている。」という情報が出ていた。

健康増進法の制定によって受動喫煙防止の対策がとられ、分煙・終日禁煙などが各所で設けられている中、さらに禁煙の動きが強くなってきたと感じる。

社員の健康増進・業務効率の低下防止・企業イメージダウン防止というのが喫煙者を採用しない企業の理由だそうだ。

喫煙者にとって、ますますタバコを吸える場所が減ってしまい嫌なニュースであろう。

この背景には、健康増進だけでなく喫煙者の中でマナー違反をする人の行動が大きく影響しているのではないかと考えられる。



タバコのポイ捨て


ボランティア活動で駅前を掃除していた時、一番多く出たゴミがタバコの吸殻であった。

どうしてこんなにあるのか、掃除をしながら様子を見ると、喫煙者の中でタバコを路上に捨てて足で消す人がいることに気づいた。

火を消したかと思えば、そのままにしておくのである。

タバコのポイ捨てをする人を見ると非常に残念に感じる。

携帯灰皿をぜひ使用してほしいものだ。



火災の原因


タバコによる火災が大変多い。

不注意(寝タバコ・灰皿に吸殻がたまる)によってふとん・座布団・衣類などに火がついてしまったり、集積所のゴミに火が燃えうつってしまったりしているのである。

また、タバコはライターを使うため、そのライターで遊んでいた子供が火災を引き起こしてしまうこともある。



歩きタバコ


火をもって歩いているのと同じくらい危険な行動である。

すれ違った際に、タバコの火が顔に当たって火傷をさせてしまうこともある。

そのような事故を未然に防ぐため、歩きタバコを条例で禁止している地域が増えている傾向も見られる。



受動喫煙と臭い


タバコを一切吸わない人にとって、タバコの煙と臭いは不快なものである。

周りに気を遣って外に出て吸うなどマナーを守る人もいるが、その反面、全く気にすることなく吸い続ける人もいる。

また、タバコの臭いがついた服も不快に感じるため、喫煙者は周囲に注意をする必要がある。

受動喫煙によって周囲に健康被害が及んでしまうことは言うまでもない。

現在、タクシーの中でタバコを吸うことは禁止になっている。

お客さんが不快な思いをしないようにとの対策(会社のきまり)だとタクシーの運転手の方が教えてくれた。

喫煙する場所が狭くなっている状況だからこそ、タバコのマナーをしっかり守ることが重要ではないだろうか。

このままマナーを守らない人が出てきてしまえば、ますますタバコを吸える場所がなくなっていくだろうと思う。


SpareClock〔スペアクロック〕 : yumeto


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 美容師が店... 〔iPhoneアフ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。