*begejstring for DANMARK*

Apple製品&ガジェット&コーヒー&漫画&お絵描き大好き☆ いろんなことを書き連ねています♪

【ユーリ!!!】中野サンプラザ『フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義(昼の部)』レポ #yurionice

2017年03月04日 | *【アニメ】ユーリ!!! on Ice*



3月3日、私の“初”のユーリ!!!イベントとなる『フィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義(昼の部)』に行ってきました〜!

TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」公式サイト



会場となった中野サンプラザは、もう何年ぶり? 前回来たのはなんの用事だっけ? と思い出せないほど昔のような……(全然覚えてないw)。


そしてまず最初の用事は、このイベントのみで販売される、久保先生書き下ろしの学ランを着た3人のグッズ購入!

この日を逃すと他では買えないレアものなので、今まで割とグッズ系はスルーしてきた私でも「欲しい!」と並ぶことを決意。


……けれども最初の物販行列はチケットを持ってる人限定、としていただいたのが功を奏して、並んでいる間も非常に穏やかな雰囲気で思ったよりも早く購入できてほくほく顔。


私は、こういうアニメグッズを並んでまで買う、ということ自体が実は“人生初”!で、そういう意味でもドキドキしながら並んでました……。


一応これでも元オタクで昔は同人誌(ちゃんと毎回オフセット本の新作出してた)作ってコミケ毎回参加してコミケスタッフも同時にやってたぐらいに超濃いオタクしてましたが、その後オタクから……というか絵を描くこと自体、筆を折ってその世界から離れてしまったので、そんな私をオタクに出戻りさせてしまったユーリ!!!という作品はなんて罪深いんだ!と思います……自分でもビックリです……。

でもその当時は本出すことに精一杯だったのとオタクという存在が世に認められていない時期だったということもあり、今のようにアニメグッズとかほとんどない時代だった、というのもありますが。


並んでいる時に近くの人とちょっとしたきっかけで少しお話をさせてもらったり、なんか色々感動しながら並んでました……ホント尊い……。私とお話ししてくれたお嬢様、ありがとうございます……(爆)



……あ、私のそんな話はど〜でもいいですねそうですよね、さっさとレポします(笑)






並んでいる間に注文票が配布されました。

ちゃんとカラーのなのが感動。素晴らしい。

鉛筆も配ってくれたし、寒さ対策のカイロまで配布してたりしたのですごく対応が良かったと思います。

アリガタヤアリガタヤ。






私が何を購入したかは後に回して、このように販売しているグッズの実物も展示されてました。こういうのってありがたいですよね!

それにしてもこの日は暑いほどの良い天気で、並ぶのにも最適で良かったです♪



グッズ購入後は中野の街をぐるぐる散策し(これも後で)、そしてついに開場時間の午後2時少し前から会場へ少しずつ人が入って行きました!






中では3人がお出迎え♪

これ、写真ではよく見てましたが実物見れたのは初めてだったので嬉しかったです!






これが会場で配布されたもの♪

本日の授業メニュー、時間割、そして3人の学生証が♪

嬉しい〜!(詳しくはまた後で)



そしてそして!





ついに私も会場入り!


おおおおおおお〜!

舞台の上には大きなスクリーン、そして本当の学校のように黒板と机、椅子が並んでました。


……そして午後3時、開演!



で、当然のことながら本番中はiPhoneの電源切ってるし録音録画なんてご法度ですので、これから書く内容は私の書きなぐってメモった内容のみ(そして汚すぎて本人も解読不能w)で微妙に間違ってたり私の表現や主観が入ってたりする部分もあるかと思いますが予めご了承くださいませ。



さて、授業は出演声優の豊永利行さん(勝生勇利役)、本城雄太郎さん(ジ・グァンホン役)、土岐隼一さん(レオ・デ・ラ・イグレシア役)、3人の生アフレコから始まりました。

少し某氏がトチったりしたのもナマならでは!w でも臨場感があってとても素晴らしかったです。


……朝、勇利が目が覚めてみると、そこは自室のベッドの上ではなく教室の机の上で居眠りしていたのから目が覚めて『え、ここどこ?』という感じで始まりました。

そこにレオくんとグァンホンくんがやってきて……。

ここは、フィギュアスケーター養成のための学園、という設定。



中でも注目されたのは勇利のセリフ『……少しジャンプの成功率が上がってきたから、ヴィクトルがカツ丼ちょっとだけくれて……』みたいな感じの。

おお、少しご褒美あげてたんだ♪みたいな、なんだこの二次創作的な展開は!(爆)というw



そんな感じでまず最初に生アフレコから、その後もまるで本当の授業のようにチャイム音が入ったりと学校のような雰囲気で行われました。


司会はテレ朝アナウンサーの三上 大樹さん。実際にフィギュアスケートの実況もされてます。


その後、1人ずつ生徒を呼んで、学ランを着た声優さん3名と、学級委員長としてブレザー着て缶バッジいっぱい付けた痛バッグ持った久保先生が登場。

久保先生、最高ですw


そして本日の講師として、振付師で元アイススケーターの宮本賢二先生、元フィギュアスケーターで現在振付師もされている鈴木明子先生も登場!

二人とも非常におしゃれでしたねぇ♪ 

そして明子先生のお美しいおみ足! 素敵でした……スポーツマンらしいあのスネは最高でした!(鼻血)






改めて、本日の時間割。


これは先に書いておきますが、私はフィギュアスケートは全くの素人で、ユーリ!!!見る前はニュースで試合の結果を見るくらいと、けれども昔からなぜかフィギュアスケートの漫画は好きで小さい頃から読んでたな、くらいで知識はほとんどありません。

なのでそんな私がこのイベントに参加しても大丈夫だろうか、と申し込む時点で少々ためらったのですが、蓋を開けてみたらもう本当に面白くて楽しくて、実際のフィギュアスケートの話はもちろんのこと、ユーリ!!!の中での話もたくさん出てきて非常にバランスよく構成された素晴らしいイベントだったと思います。

参加して本当に良かった!

私自身、周りに迷惑かけないようにあまり声出さないように気をつけながら(なぜなら、私は変に肺活量があるので少し笑っただけでもひどく響いてしまうから)、そして周りの方も丁度良い反応をする方々ばかりで非常に環境のいい席でとても良かったです。

2時間半、とても幸せでした……周りの方、本当にありがとうございました♪




【第1限目 覚えんばいけんばい! これが世界のフィギュアスケーター!】
(ちなみに、各授業名は3人の声優さんが1回ずつ変わりばんこで役の声で読みあげてくれました♪)


ここでは、ユーリ!!!のダイジェストや実際の(現実の)フィギュアスケーターの皆さんの美しい演技を観ながらの解説などがありました。

……といきなりごめんなさい、ここはもう美しい画像とか皆さんの楽しい解説とかでうっとりしていてメモ書きしてませんでした(爆)

参加していた皆さんならこの気持ちがわかるはず!w



でもやっぱり……このイベント中、何度となくやっていた勇利役の豊永さんの例のアレ。





このヴィクトルの『さぃ〜ん』を終始真似されていてその度に会場から笑いがこぼれて楽しかったですねw

(ああ、そしてやっぱりヴィクトルのアオリ顔は美しい……うっとり♪)



あとついでにもう1つ、





勇利のこの腕の形。

これも豊永さん、何度もワイプ画面でされてましたね(笑)

でもその度に『腕、逆!』とか思ってました。ごめんなさいw




【第2限目 僕がエロスでエロスが僕で!? 表現力育成! 超がんばらんば!】


ここでは授業名の通り、フィギュアスケートでは欠かせない表現力のことについてのお話でした。

第1限目の方だったかもしれませんが、明子先生が実際にやって見せた右腕のちょっとした動かし方で表現が変わる、というのが素晴らしかったです。

ふわん、とした感じで腕をあげるのと、シャッとした感じであげるのと、力を込めて(魔女っぽい?感じ)であげる、というのが全く違ってたりとか。

ここだけでぞわっときましたね。すごい。これがプロの表現力……!と思いました。ナマならではの迫力。筋肉のちょっとした動きだけでこんなにも変わるのか、という。



以下、箇条書きで。


・エロスの表現〜体に指を添わせる。

・アガペー〜形を作らない、つながるように、透明感あるように

・(チャコットで作った勇利のFS衣装登場!)本当に細い。←豊永さんが着てみたい!と言ってました。

・久保先生が講師2人に質問『フィギュアスケーターは筋肉つけすぎてはいけないと聞くが?』→賢二先生『(そんなことはないっぽい)、筋肉で力でもっていく人もいれば瞬発力の人もいる』(ごめんなさい、この辺微妙に違うかも)

・クリス演技の振り付けについて〜最初はシャワーを浴びてびしょ濡れな感じで(!)。クリスのあのお尻部分は久保先生の趣味(笑)

・南くんの演技のギタープレイのところやスンギルのマンボーの演技のところは賢二先生が実際に演技してる時に久保先生ずっと笑ってた。


〔表現力向上委員会〕←授業の途中で入った。


・賢二先生〜水族館・動物園・博物館に行って、例えば魚のヒレの動き、鳥の羽の動き、彫刻の(一瞬を切り取ったような)美しさなどは忘れない。あとは葉っぱが落ちる様、ソフトクリームが溶けて垂れるところとか。

・明子先生〜風が吹いてなびく、木々のしなり方、鳥が飛んでいるところ、そこに音楽が流れてくる感じ。

・明子先生〜試合中、実際の氷は真っ白だけど、演技の内容によりそこには湖が見えたり、場面転換ごとに変わっていく。

・ユーリ!!!の中で試合中、選手たちは心の中でいろいろなことを考えているシーンがよく出てくるが、実際はどうなのか? →実際にあんな感じで考えている(2人とも)。

・(先日、羽生選手も実際に行っていたが)試合中、急に回転数を変えることはあるのか? →ある。それには情熱も必要だが冷静さも重要。冷静さだけが出ると淡々と演技しているように見えてしまうので。

・ゾーンに入ると何も考えなくてもできる。……が、実際は少ないし「ゾーンに入るぞ!」と考えただけでは入れない。




【第3限目 本当にあるの!? あんなシーン!】





最初にまず映像が流れ、要はこういうコーチが送りだす時にこんなことあったりするの?というコーナーでした。


・明子先生〜(試合の直前、この時は)スイッチというより覚悟を決める瞬間。

・明子先生自身はルーティンとして「鼻をかむ→水を飲む→屈伸をする」というのがあった。

・明子先生のコーチの話として「何十年この仕事をしていても最後のこの瞬間に何を言うかは非常に迷う」

・明子先生〜コーチとの喧嘩も多かった。10何年か一緒にやっている。長くやっているとお互い考えていることがわかると思い込んでしまう。『そんな言い方しなくていいじゃん!』と言い方が直球になる。本気でぶつけられる間柄。言い合いはよくしてた。お互い本気でないとぶつかれない。本気だから本気で返す。

・現役時代の小塚選手の送り出し方は、最初はコーチが「姿勢良くね」という意味で背中を撫でていたが、だんだんおまじないみたいな感じになって「背中をくるくる撫でてポン」という感じになっていった。ちなみに今日、舞台に上がる寸前に久保先生も明子先生からやってもらった。緊張をほぐす意味で。




【最終授業 どんなジャンプも跳んでみせる! 僕が跳べるって僕より信じてよ!】


4回転フリップなどのジャンプの見分け方などを賢二先生と明子先生が実際にやって見せてくれたりとしてくれました。 ←でも何度説明聞いても難しい!(汗)


〔ジャンプの回転数わかるかなクイズ!!〕

久保先生を含めた4人の生徒が実際の選手たちの映像を見てクイズに答えていきました。

クイズに不正解だと学園を追放される……?(笑)


・コンビネーションは最初はなんであれ、トウループに繋げることが多いイメージ。

・(生ランビエール、が生ビール、に聞こえるw)

・技は左足のトウでついてるのか、右足のトウでついているのかで見分ける。

・予想外の入り方で加点につながる。戦略もわかってくる。

・先日、ネイサンは4回転5回も飛んだ。教科書に載るような、まさしく歴史が今動いているところ。前は2種類だけだったのに。

・ネイサンはバレエもやっていたので動きも綺麗。これから表現力がより高まっていくともっとすごいのでは。

・フィギュアスケート通っぽい言葉があったら教えてください。 

→グリンコ。グリッと氷を削るから。回転数が足りないこと(聞き違いだったらごめんなさい)

・(地方によって違うらしいが)パッタン。ダウングレード。

・クロス少なくね?(クロス少ないのにすごいスピード出てる。←違ったらごめんなさいw)


Yuzuru Hanyu 羽生結弦 NEW SP RECORD 110.95 (Grand Prix Final 2015)



・↑羽生選手のこの最高記録の映像流れる(実際会場で流れたのはこれとは違いますけどw)

・久保先生は実際にこのバルセロナ会場に行っていて、前から3列目のいい席とっていた。目の前でこの演技を見れて感動した。

・明子先生〜羽生選手のこのイーグル→ジャンプ→イーグルは、簡単そうにやっているように見えるが非常に難しい。実際、自分はイーグル自体ができない。(ここで賢二先生も含めイーグルの動きを実際に説明)




【ホームルーム】


・出演者の皆さん、全員前に。

・4月20日〜のテレ朝後援『世界フィギュアスケート 国別対抗戦2017』の紹介。

・最後、出演者全員から感想。




【最後の生アフレコ】


・結果から言うとこの学園は勇利の夢だった、といういわゆる夢オチでしたw

・ここでも3人の生アフレコ聴けたので幸せ〜♪

・アラームが聞こえ、自室のベッドで寝てる自分に気づき、そして遅刻してる自分にも気づいて慌てて起きてヴィクトルの待つリンクに向かう勇利……頑張れ!w



……って感じでしたかね、昼の部は!

だいぶ抜けてる部分もあるのは承知ですが皆さんのお話を聴くのにも夢中でなかなかメモも書けず(涙) 中途半端な感じですいません……。


この後の夜の部では、どうやら内容的には半分くらい違っているのと、ガイドブック発売や4月29日イベントのライブビューイング発表まであって昼の部しか観てない私としては正直『ええっ!ずるい!』って感じでしたが、昼の部はLVもなく、テレビで放映されるのも実際夜の部のみ?っぽいので、昼の部に直接行った人しか聞けない部分もたくさんあった、とポジティブに考えるしかないですね! そうですね!(爆)



さてそれでは、私が買ってきたグッズや配布物の紹介。








配布物詳細。

実際は会場では中を見てなかったので、家に帰ってから見ましたw








買ってきたグッズたち。

ヴィクトル好きですいませんw

キーホルダーとか買ってしまったけど、どうするんだ私……(自分でも戸惑いw)



では次は、会場のあった中野ってよく知らないので時間つぶしにぶらぶらしてきたのでその辺の写真。

中野ブロードウェイも初めて寄ったので、いろいろカルチャーショックを受けてきました……今のオタクの世界ってこういうものなのか……(昔のオタクなのでまだよくわかってないw)。








まずはコーヒーは当然のことながら食べ物が美味しいという喫茶店『アザミ』さんで、オススメのナポリタンとソフトクリームをば。

開店前から並んでる人がいるくらいで人気のほどがうかがえました。

両方とも本当に美味しかったし、お店の雰囲気も良かったので(しかも全面禁煙!)、まだ来たいと思える場所でした。

コーヒーも美味しかった♪








近くの商店街で、ここでしか売っていない『コアラのマーチ焼』を買ってみました。

これ、とりあえず買ってはみたものの味は大して期待してなかったのですが(爆)、実際に食べてみたらめっちゃ美味しかった!

なんだろ、大きさとか生地の感じが絶妙、というか?

これもまた食べてみたいですね〜!






食べたり飲んだりしてばっかりでごめんなさい(笑)

しかも今回載せてないけどこのほかにスタバにも寄ってるしw

前から寄ってみたかった、中野ブロードウェイ内にあるコーヒー店『Bar Zingaro』にも。

今回はコーヒーは飲まなかったのですが、次回来た時はエアロプレスの飲もうっと。



……という感じで、中野という街自体も満喫してきました♪

中野、いいですね! いろんなごった煮感が、まさしくサブカルの街って感じでw

どんな人でも受け入れる、って感じがたまらなかったです。




では最後に、ここまで読んでくれた人のためだけの私の落書きです。

学ラン好きだからこそ描きたかった学ランのヴィクトル(というより、昔よくあった学ラン漫画に出てくる番長の格好をしたヴィクトル)です。



そうそう、今回の『学ランを着た3人』の私の中での(絵の)設定は、


・勇利〜どこにでもいる平凡な生徒。けれども、以前からなぜか人を惹きつけるところがあって、今回もライバル校の番長にさらわれる(爆) ←このライバル校の番長、というのはクリスでもJJでもいいし、意外にも(?)ピチットくんでもいいかもしれない。

・ヴィクトル〜学園の生徒会長。優秀で教師からの信頼も厚い。けれども実は学園の裏番長(笑。表の番長はモブで他にいる) 勇利を取り戻しに行く。

・ユリオ〜ヴィクトルの子分的な。ヴィクトルの裏番狙ってる。そして勇利に対して(いろんな意味で)ライバル心燃やしてる。



……という設定のもとで、それではどうぞ!(笑)







えっと、今の若い方々には『昔の漫画によく出てきた番長の格好』というもの自体がよくわからないと思うので、以下に説明の絵も載せておきますね!w







こ、これで少しはわかってくれますでしょうか……?(滝汗)

まぁ要は、車田正美先生的な(笑)


服着てるヴィクトル描くの久しぶりだったので描けてよかったです(爆) ←ブログとかに載せてる順ではなく、本当に描いてる順で言うとw




さて、これで今回のイベントのレポは終わりますが、今度は4月29日のイベントのLVを申し込んだので、それが当選すればまた書こうと思います(本当は本会場でみたいけど……というかLVすら当選するかわからないけど……)。

長い駄文、そして落書き、お目汚しですいませんでした(^◇^;)















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ユーリ!!!】宿題『動物』〜... | トップ | 【ユーリ!!!】VICTOR ON ICE♪... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む