旅行会社 スペースワールド スタッフの旅行記

スペースワールドのスタッフが、現地視察した時の旅の情報をブログにしました。

スリランカ視察④ <ダンブッラ~キャンディ>

2017-05-19 11:06:41 | 旅行
こんにちは
旅行会社スペースワールド桜井です

≪ ダンブッラ ≫


シーギリヤの「ついで」というような雰囲気で訪れると度肝を抜かれる仏教寺院それが
ダンブッラ』です
まずエントランスの建物を見て、何事かと思うでしょう。。。
好奇心がくすぐられる気もしますが、これは併設の博物館のようなもので、本体では
ありませんのでご安心を(笑)



岩肌に沿って階段を上がると、スリランカ最大の石窟寺院が出現します
このタイミングで帽子と靴は脱ぐのがマナーですね。
滞在中にだんだん慣れてきました♪
早速、中を見学します


どーん


ばーん

ファンタスティック (笑)
伝わりますでしょうか、この感じが。。。



仏教というと、どちらかというとシックなイメージだったり、東南アジアですと赤、緑、金
など、ビビットなイメージが多いかなと思います。
一方でダンブッラの壁画は、独創的なデザインかつ、色彩豊かで、とても宇宙的に感じます
洞窟内の独特な丸みや、いびつな様子が、余計にそう思わせるのかもしれません。
今までタイやカンボジア、ミャンマー、ブータンまで色々と行きましたが、好きな仏教遺跡
ランキング上位に位置します。※ 独断です(笑)



洞窟内は第1窟~5窟と分かれており、中でも第2窟が広く印象的です。
ダンブッラの黄金寺院の歴史は紀元前3世紀~前1世紀にまで遡ることができ、歴史の変遷
とともに少しずつ少しずつ規模を大きくしていきました。
現在の姿になるまで、優に1000年以上の時間がかかっています。
写真ではなく、訪れてみて初めて迫力が分かる遺跡ですよ


≪ マータレー/スパイスガーデン ≫

ダンブッラのあとは、キャンディを目指します。
道中では、ナチュラルプロダクトで有名なスリランカならではの、「スパイスガーデン」へ!
ここでは様々な健康効果のあるハーブやオイルが手に入りますので、興味のある
方はレッツショッピング



移動続きにマッサージが効きました
アジアのおみやげ屋さんでは、こういう場所へ行くとしつこく売られることがありますが、
このスパイスガーデンは人気があるということもあって、販売接客はアッサリ。
ちなみに私はというと、日本語が堪能なイケメンスタッフがいたので、ついつい買って
しまいました(笑)
お客様は本当に必要なときにだけお買い求め下さいね!


≪ ピンナワラ/ゾウの孤児院 ≫

スパイスガーデンを出て、昼食の前に「ゾウの孤児院」へ。
ゾウの水浴びの時間に合わせてくれたそうで、ちょうど出てきました
こちら、施設を出まして、ゾウが歩いているのはなんと普通の道路です



非常に近くに見れて、驚きましたよ
目の前を、のっしのっし行列で歩いていきます!
国立公園の伸び伸びした雰囲気とは違いますが、きちんと管理されているので、公園よりも
至近距離で見ることができました。
ゾウの気分で、途中でピタッと止まったり、目が合ったりして、少しドキドキしました(笑)



ランチは川沿いのレストランですが、この川でゾウが水浴びしています。
とても気持ち良さそうですね
中々面白い情景でした!


≪ キャンディ ≫



そしてスリランカ最大の聖地キャンディ』へ!
仏教の経典の一説に、ブッダの死後、歯と遺骨はインド各地に分割されたという記述が
あると言われています。
ここダラダー・マーリガーワ寺は別名「仏歯寺」と称し、ブッダの歯が安置されている
とされ、信仰を集めています。
真意のほどは私には分かりませんが・・・本物かもしれませんね!!



廊下の壁画は、ストーリー仕立てのようになっており、きれいに描かれています
また途中、建物の中に建物が現れますが、こちらがもともとあったお寺で、あとから一回り
大きい建物でカバーしたということです。



また、毎日夜にお祈りの時間が設けられますので、キャンディへ訪れる多くのコースでは、
その時間に合わせて訪問するようプログラムを組んでいます。
伝統的な服装の男性が、大きな音を響かせます
日本のお寺では木魚ですが、祈りと音楽はとても密接ですね。
この他、世界各国の仏像の展示があり、日本との関係も垣間見て頂けるかもしれません



翌朝はキャンディの街中を少し散策しました。
イギリス時代のコロニアルな建物と、アジアの雰囲気がよく融合していて、気持ちの
よい街並みです



暑い国スリランカでは、特にフルーツの多さに目を奪われます
特にバナナは、スリランカ内だけで20~30種もあるとのこと!
市場は活気があって良いですね、アジアらしい一面でした



好物のオクラをパシャリ(笑)
キャンディのあとは少しマイナーな地域をめぐります
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スリランカ視察③ <ミンネリ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。