SPACE MASTERミュージアム

世界最高のシンセマスターであるハスキーさんの
伝説の一人ユニット、SPACE MASTERのミュージアムです。

SpaceMasterで使われたCubaseSX

2016-10-18 14:14:36 | 日記

SpaceMasterで使われたCubaseSX

 http://dawcom.wiki.fc2.com/wiki/%E7%89%B9%E9%9B%86%E3%83%8F%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%BC%E7%AC%AC%E5%8D%81%E4%BA%8C%E5%9B%9E


Cubase SX は

 

過去のCubaseVSTに

 

Nuendoのプログラムが採用され
より高精度で高品質なサウンドが出せるようになった
音楽向けのDAWです。

 

ハスキーさんはCubaseVSTの時代から
VSTインストルメント(ソフトシンセ)を駆使した
音楽を創ってきました。

 

そしてCubase SXになり
より洗練された音楽を生み出すことが可能になったのです。

 

CubaseVSTはMIDIプログラミングにおいても
ミキシングにおいても独特な扱いずらいソフトでした
それがSXになりより使いやすい一般的なDAWに
変化していったのです。

 

また、VSTインストルメント(ソフトシンセ)
Waldorf A1が付属してくるようになったのも
SXになった頃でした。

 

しかし、世間の認識では皆、LogicやPerfomerを
使っていて、Cubaseは音質が劣ると皆が思っていたのです。

 

そしてプロはProToolsのみを主に扱い
Nuendoでさえまともに取り扱うことはありませんでした。

 

しかし、いつしか
ハスキーさんのSPACE MASTERでの活動により
その認識は一変します。

 

Cubase SXは音質の優れたDAWだと皆が思い始め
やがて世界的な人気を得ることになったのです。

『楽器』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SpaceMasterで使われたRoland... | トップ | SpaceMasterの傑作アルバム「... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む