宇宙麻雀理論

最先端を行く、時代を先取り

鳴きチャンタの応用編

2016-12-17 23:12:00 | 何切るを解説

麻雀で何切る No.12254の問題

東場 親 ドラ 六順目
上家からが出た鳴くかどうか?

これは非常に難しい。
ここでチーでも、まだこの時点では鳴いて切ってるだけなんで、捨て牌的にも字牌はまだケアされないだろうと。
でも上級者相手ならどうか。チーでダブ東はそう簡単に出ないだろう。俺は少なくともそう簡単には出さない。
弱い人ならむしろチーよりかも知れない。

また、この手を面前でいくってのは考えにくい。現時点では七対子赤1止まりであり、ちょっと手が伸びて混一や対々三暗刻系はやや遠く感じる。
仮に混一や対々三暗刻系になったとしても結局鳴いちゃうだろうし、ま、18000まで値段が見込めるとスルーのメリットもあるように思えるが。
鳴かないでもうちょっと形整ったら鳴くっていう手もあるだろうけども、とか引いちゃうと逆にカンが残って嫌かも知れない。
鳴き易いの形何とかして活かしたい気もする、それならここでチーで全帯狙いか。

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咄嗟のメンタルの維持(実践編) | トップ | 相手の和了牌や入り目で和了... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。