宇宙麻雀理論

最先端を行く、時代を先取り

獲りたくないトップ

2017-11-21 20:00:55 | その他

親23000
南家14000
西家13000
北家40000
自分が親で南場に入り役牌のをポン
ドラ6順目くらい
ポン  がカミチャから出る。

ここで鳴くかどうかの選択と鳴いた後どうするかの選択である。
カンがややアガリ安そうだし、チーしてドラを切ってテンパイに取り、前の記事にも書いたが、
の鳴き易さ。
・トップとの点差。

なども考えると、スルーで様子見か、ホンイツ寄りの打ち方の方が良いかと思えた。
ただ、戦略的に速攻守備型で字牌はそこまで重視しないスタイルに拘りすぎて、細かいことを無視しがちなので。
無造作にテンパイをとってしまった感じも否めない。
結果と被り、おそらくカミチャから12000をアガっていた。
ま、ネット麻雀でそんな細かいことまで考えすぎると他のことに頭が回らなくなるし、それでもいいと思っているが。問題はその後である。

オーラス

親41000
南家24000
西家9000
北家26000

10順目くらい ドラ
親はタンヤオ仕掛けでアガりヤメを狙っているのか、ポンチーの2フーロしており、3着目も2着取りだろうかチーしていた。
しかし、ラス目からかなり字牌とソーズの高い河でリーチが入る。

降りるのか?捨て牌的にも降りる牌はあるはずである。にも関わらず、2順くらいしてソーズを切り、明らかに強い牌である。
理由としては以下の所だろうか?
・2着目3着目にアガられたくない。
しかし、俺はベタ降り気配な上に、3着目も安仕掛けであり、ここからはまずまくられることはなさそうである。
・ラス目にアガられたくない。
まぁそれはある、しかし倍ツモでも届かないくらいの点差であり、
トリプルか役満ツモでトップを獲られるが、その些細な可能性だけに掛けてリスクを負うのはどうだろうか?

そして、親が当たり牌を掴む。ロン16000。どんな手で押したのかみた所、タンヤオドラ1のクソ待ちであった。

これがリアルの麻雀ならこんなクソみたいなトップを獲った俺はそいつをこっぴどっく批判するであろう。
テンパイしてたら押すことしか頭にないのか?俺と西家からはまくられることはないし、普通にあの河なら倍直以上は考えるだろ。
しかも、何でそんなクソ待ちで押したんだと。
それは、ここまで順調にきてこの結果ならそんな怒りを飛ばすことはない。
何と言っても南1で乞食麻雀をして結果的に失敗したにも関わらず、こういうトップはないと思えるし、これだからネット麻雀は嫌なのである。

しかし、逆に開き直られ、何でオマエがトップ獲ったのに負けた俺が怒られなきゃいけないか?と言われそうでならないw

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 守ってれば放縦率を下げられ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事