宇宙麻雀理論

最先端を行く、時代を先取り

打牌の強弱を見極めることの重要性とは?

2017-08-09 20:13:05 | 戦略

ネット麻雀のような初心者ばかりの麻雀ではこんな考えはほとんど通用しないことが多いが、
リアル麻雀のようなそれなりに打てる人間になると、こういうシグナルを見極めることも大事に思える。

かなり終盤でリーチ者に対して強い牌を切ってるにも関らず、リーチ者の現物を安易に切って振り込んだり
(リーチ者しか見えてなく、全体が見えてない)。

親の捨て牌が強くドラが全く見えてないにも関らず、形聴で突っ張って高いダマに振ったり。
昨今の赤アリ麻雀では序盤~中盤でのノー聴罰符(東風戦は別かも知れないが)はそこまで重要視する必要もないように思える。

大体、振り込んでも黙聴だからしょうがない、黙聴の確率なんて低いんだからとかいう人がいれば、
そんなの自分の失敗を認めたくない人間の言い訳だろとかいう人間もいる。
交通事故的な黙聴も存在するのでそれは仕方ないと思えるが、私はどちらかというと後者に近いし、そっちの方がより上級者の発想に思える。
そもそも、確率が低いからとか言うのは一般論に近く、麻雀は状況や相手のレベルなどを無視して一般論だけで打つことほど危険なこともないからである。

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トップ獲り麻雀を目指す為に... | トップ | 運が悪い時の対処、質問の回答 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-08-13 16:02:45
うん。君はとりあえず全く上級者ちゃうよね。
典型的な上手ぶってる雑魚やん。
Unknown (Administrator)
2017-08-15 00:14:35
もう、そのパターン飽きたわw
少しは他のパターン考えてこいよ。
ま、同じような批判しかできない脳みそしかないから無理かw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

戦略」カテゴリの最新記事