宇宙麻雀理論

最先端を行く、時代を先取り

メンホンVS一気通貫、ドラ?

2017-09-16 23:45:43 | 何切るを解説

麻雀で何切る No.13129の問題

東1局 8巡目 東家 ドラ

A君
切り立直
鳴きも少なめで面前立直でガンガン立直掛けるタイプ。
メンホンにいくにしても値段が安すぎ、索子の手代わりなんて何順待てばいいのか、萬子の手代わりも薄すぎこれはもう待てない、これで最終系。

Bさん
切りダマ
手役打点派でダマが多いタイプ。
ツモだけでなく字牌単騎でもいい。

C君
切りダマ
放銃の少ない速攻守備型タイプ。
理由はB君と同じだが、危険そうなは(も危険だけどw)さっさと処理の違い。
と言ってもドラ表で残り2枚しかないし、単騎の方が和了目はありそう。
というか、メンホンにかなり決め打ちという感じか。引きでも良い待ちになるし、安定感あるように思える。


切りダマ
大して良い待ちでもないので引きや引きも考慮したい。
引きはドラを切るリスクもあるが、親満確定聴牌なら十分切るメリットはあるので。
俺も正直A君と同じ考えで手代わりが微妙という感じだし、そう大きな打点向上もない。 

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多くの人は麻雀というものを... | トップ | 麻雀のブラフの効果とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

何切るを解説」カテゴリの最新記事