宇宙麻雀理論

最先端を行く、時代を先取り

最近の打ち手は個性がないのか?個性がないことの問題点。

2017-03-13 18:47:24 | 戦略

麻雀はまだまだ未開の分野であるが、かなりのセオリー化がされているのと戦術本が多く普及されている昨今である。

昔に比べれば牌効率とか計算とかも、効率的にかつ的確に出来るようになっているだろうし、それは良い側面でもあるだろうけど、何も良いことだけじゃない。

それに伴い自分で考えて開拓する麻雀から、他人に考えさせられて他人化する麻雀も強くなっているように思える。
それは分かり易く言えば昔の混沌CHAOSの麻雀から、現代の秩序COSMOSの麻雀に移り、それはまるで宇宙の誕生を物語るような変化があり、それはこのサイトのタイトルであり原点でもある。

ネット麻雀サイトの天鳳が良い例である。
鳳凰卓とか見れば分かるが、ほとんど皆かなり打ち方が似通ってると感じることがある。
それはカオスとは程遠く、かなり秩序的である。
まぁ、他人と同じ打ち方をすれば勝てると思ってる部分が大きいのだろう。
ある意味セオリー化の弊害でもあるように思える。
もちろん厳密には打ち方が同じなんてことはないし、多少の誤差は生じるものであるけどもね。
しかし、、、

Q1、なぜ他人と同じ打ち方をしてはいけないのか?
理由は単純で皆と同じ打ち方をすれば、皆と同じレベルに留まるからである。
もちろん運の要素を完全に排除することはできないが。

Q2、同じようなスタイルが固まってる相手がたくさんいることはある意味戦い易いことではないか?
4人とも皆が同じ行動を取るということは、相手の嫌がることを徹底的にやれば、そこそこの利益が期待できるかも知れない。
例、足止め立直が多いなら敢えて押し返すとか、
守備重視なら、攻め気味にいくとか。鳴きが多いなら、面前立直でぶつけるとか。

Q3、あなたは何の為に麻雀を打つのだろうか?
平均レベルの戦績を残す為に麻雀を打つのではなく、上の戦績を残したくないだろうか?
それには、他人を真似をするだけじゃ勝てないのではないのだろうか?

捨て牌を目を皿のようにしてみろとか、集中力を上げろとか、努力しろとか、技術的なことを極めろとか、そういうことを言いたい訳じゃない。
むしろ、そんなことよりも、もっと機転を利かし、全体を俯瞰的に見て、根本的な何かを変える必要があるということである。
そこを理解できてない人も多い気がする。というか、麻雀においてそのような麻雀観を持っているのは俺くらいだろう。

ただし、天才と狂人は紙一重であることを分かって欲しい。
セオリーを無視しすぎて、相手の意表を付くことばかりやっても、単なる無謀だし狂人に他ならない。

『ギャンブル』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三色の関連牌は残すべきか?2 | トップ | 上級者同士でも差が出る先打... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雀青)
2017-03-16 09:21:47
言いたいことは概ね間違ってなかったけど、解ってるのが俺だけとか言うのが寒い。

セオリーだけにとらわれずに、きちんとその場その場で最適な対応を考えなきゃ集団から抜け出せないみたいなのは他の人のブログでも言ってるよ。
Unknown (Administrator)
2017-03-18 00:55:57
あなたのそのマジレスの方が寒いかとwww
Unknown (Unknown)
2017-03-21 12:54:04
ぶw 明らかにあんたのコメの方が寒いでしょ。
俺しか知らないとか、他の人のブログ読んでないで知ったかこいてるだけだろw
Unknown (Administrator)
2017-03-21 13:10:35
あんた、単に上のコメの奴に乗っかってるだけで上の奴と同じことしか書いてねえけどwww
つか、だろ?って誰に同意求めてるん?俺?
そんな読む価値の欠片もないコメで、同意を求めるようなオマエの方が寒い、だろw?って話だがwww

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。