音の四季~風の彩

作曲家、しの笛・龍笛奏者、ジャズピアニスト、城山如水の徒然日記。
オカリナ、フルートの事も・・・・

20世紀~輝かしい原発の世紀

2011年06月29日 | 日常雑感
電力会社と原子力発電所は20世紀の輝かしい日本の発展を支えた。 それは資源の少ない日本を救うという、崇高な使命感に支えられたものだったと思う。 電力会社と原子力科学技術者は、燃えるような使命感と責任感に溢れていたと思う。 今でもそうかも知れない。 これほど日本の発展に誠心誠意尽くしてきたのに、今はなぜ、悪魔・犯罪者のように罵られなくてはならないのかと。電力会社と原発科学技術者は思っておられ . . . 本文を読む
コメント

風の音~蛍恋夜(城山如水作曲)

2011年06月29日 | しの笛(篠笛)入門教室
夏の風物詩といえば蛍。 和泉式部の名歌に、  ものおもえば 沢の蛍も わが身より    あくがれいづる たまかとぞ見る 物思いにふけっていると、沢に飛び交う蛍の光も、わが身から、憧れ出でた魂のように見える・・・という歌だ。 自分は世界中で一番美しい光は、蛍の乱舞だと思っている。 闇の中に幻想的に舞う蛍は、ほんとに美しい。うっかりすると、我が魂かと錯覚しそうになるほどだ。 和泉式部 . . . 本文を読む
コメント

日本壊滅を招く? 浜岡原発 と 高速増殖炉もんじゅ

2011年06月29日 | 日常雑感
電力会社の株主総会の報道を見ていると、企業も株主も呑気なものだなあ、と思う。 阪神淡路大震災も、東日本大震災も誰も実際に起こるとは思っていなかった。 福島原発事故にしろ、誰も起こるとは予想していなかった。 ことほどさように、災害事故は起きて初めて分かるものでもある。 人類が学ぶべきは、自然への謙虚さであるのだが。 企業活動、経済活動、科学者の傲慢は、それを忘れている。あるいは懸命に忘れよ . . . 本文を読む
コメント

福島を踏みにじる株主総会

2011年06月29日 | 日常雑感
日本全国は被災地東北を支援している。中でも原発事故で壊滅状態の福島に特別の思いをもっている。 昨日の東京電力はじめ、中部電力の株主総会の報道を見て、企業は福島原発事故から何も学ばなかったのだなあ、と感じた。 巨大原発利権の実態とはこういうものか、と非常によく理解できた株主総会だった。 脱原発の意見の割合も、国民全体の世論とは全く違う。 それは当然だと思う。株主なのだから。株が下がっては困る . . . 本文を読む
コメント

原発賠償 東電を潰すべき!?

2011年06月29日 | 日常雑感
昼の朝日テレビを見ていたら、東電の株主総会について報道していた。 コメンテーターから驚くような意見が出ていた。 福島原発事故の賠償の為に、国費を投入したり、電力料金を値上げしたりすることは、結局は税金の投入であり、われわれが電力会社の損害を負担することになる。 これは国民感情がゆるさない。 国費投入や電力料金の値上げに踏み切る前に、電力会社の役員・社員が資産、年金、給与をすべて放出してから . . . 本文を読む
コメント

高速増殖炉もんじゅ の 徹底情報開示を

2011年06月28日 | 日常雑感
先日、友人と喫茶店で2時間以上にわたって話し込んだ。 話題は、<高速増殖炉もんじゅ>について。 その驚くべき危険性と、その背景にある原発利権についての井戸端会議だった。 井戸端会議なので、テレビ報道番組、報道解説番組、インターネット情報の持ち寄りによる、噂のやりとりなのだが。 高速増殖炉は一般軽水炉とは全く違う構造で、炉心冷却には軽水ではなく、ナトリウムを用いる。このナトリウムの制御が非常 . . . 本文を読む
コメント

原発宗教 絶対安全信仰

2011年06月28日 | 日常雑感
原発の絶対安全神話はもはや崩れた。 しかし<原子力ムラ>では、アカデミズム、企業、政治、マス・メディアが一体となって、再度、絶対安全神話を作ろうとしているように見える。 <絶対> というのは信仰といえるもので、<原発絶対安全>というのは宗教と同じといえるだろう。 当然のことながら<絶対安全>などない。 いくら安全基準を高めたとしても<想定外>の事態は起こる。それを<想定>するべきなのだ。 . . . 本文を読む
コメント

播州城山流しの笛(篠笛) 花の北市民広場教室 8月開講

2011年06月27日 | しの笛(篠笛)入門教室
播州城山流しの笛入門教室の、姫路労働会館教室(白鷺城、千姫・輝政教室)は、8月より花の北市民広場(花北市民センター)に会場を移して新規開講します。 播州城山流しの笛入門教室<花の北市民広場~白鷺城、千姫・輝政教室>  2011年8月開講  第1、3土曜日 14:00~ 初級教室          15:15~ 入門教室  グループでお稽古 定員25名   受講料 ¥2000(月額)  花 . . . 本文を読む
コメント

風の音~室津 海風(城山如水作曲)

2011年06月27日 | しの笛(篠笛)入門教室
「 風の音~室津(城山如水作曲) 」は5曲からなる、しの笛曲集。 その中の一曲、「 海風 」は懐かしい故郷の海を吹き渡る風を奏でる曲。 なつかしく、さわやかに演奏したい曲だ。 夏を迎えて、各地の「播州城山流しの笛入門教室」でお稽古をしている。 しの笛が醸し出す郷愁の音色は、ふるさとの海を吹き渡る風を奏でるのにふさわしい。 姫路市・市民センター教養講座 <姫路市勤労市民会館~黒田 . . . 本文を読む
コメント

風の音~雨の紫(城山如水作曲)

2011年06月23日 | しの笛(篠笛)入門教室
「風の音~雨の紫(城山如水作曲)」は緩急緩の三部構成の、しの笛組曲。 「序」、「花想」、「恋雨」の三曲からなる。 この組曲は、雨の季節にひっそりと咲く、花菖蒲、紫陽花の風情を歌っている。 「序」は静謐に始まる緩やかな曲想。雨の中に、ひっそりと、ひっそりと咲く紫の花の風情。 「花想」は秘めやかな花が抱く情熱のように、華やかに速い曲想。 「恋雨」は雨の中に、ひっそりと想い人を待つ、そんな哀切 . . . 本文を読む
コメント

松任谷由実  春よ来い

2011年06月22日 | オカリナ、フルート~大人の為の音楽教室
ユーミンの「春よ来い」は感慨深い曲だ。 阪神・淡路大震災が起きた日は、アンサンブルミューズの新春演奏の仕事の日だった。 前日から音響の配置をし、二日間の演奏の仕事が始まる朝だった。 演奏中止の連絡があり、昼ごろにはとんでもない大震災の映像がテレビに流れた。 この頃、NHKの連続ドラマ主題歌の、ユーミンの「春よ来い」が大ヒットしていた。 震災後すぐの2月にアンサンブルミューズの「ハートフル . . . 本文を読む
コメント

しの笛の調べ~雨の紫、恋文・愛  6月26日(日)

2011年06月22日 | しの笛
6月26日(日)14:00~15:30 姫路市勤労市民会館にて、 「しの笛の調べ~雨の紫、恋文・愛」を開催します。 出演:しの笛・龍笛~城山如水&しの笛・風の音    シンセサイザー~池田桂子 曲目:風の音~雨の紫(城山如水作曲)         序、花想、恋雨    雨の季節の抒情歌      雨~雨降りお月~てるてる坊主~雨降り    風の音~室津・海風(城山如水作曲)     . . . 本文を読む
コメント

アイライク・ショパン  ジョイフルピアノ

2011年06月17日 | クラシック、ジャズ
梅雨時にピアノで弾きたい曲というと、「アイライク・ショパン」が思い浮かぶ。 だいぶん昔のことになるが、ガゼボ が、ユーロビートに乗せて歌い、大ヒットした。 日本語バージョンはユーミン・松任谷由美が作詞し、小林麻美が歌ってヒットした。 けだるく、物憂い歌いぶりで、アダルトポップとして好感された。 自分もフレンチポップスが好きだったので、この曲はとても気に入っていた。 以前、レストランやラウ . . . 本文を読む
コメント

オカリナ 我が母の教え給いし歌~ドヴォルザーク

2011年06月17日 | オカリナ、フルート~大人の為の音楽教室
第1、3水曜日午後は14:00~15:00 姫路リバーシティの姫路カルチャーセンターにて、 「心を癒す~オカリナ」教室。 第1、3木曜日午後は14:30~15:30 広畑の、K&Kカルチャーにて、 「心を癒す音色~オカリナ」教室。 どちらのクラスも、先日の「多世代交流サロン~オカリナ風の詩」に出演して、楽しく演奏を披露した。 6月のレッスンでは、雨、雨降りお月、夏は来ぬ、夏の思い出・・・ . . . 本文を読む
コメント

姫路リバーシティ しの笛教室 音の葉~海風

2011年06月16日 | しの笛(篠笛)入門教室
第2、4火曜日 14:00~ は姫路リバーシティ・姫路カルチャーセンターにて、 「播州城山流 しの笛講座」教室。 このクラスは14:00~入門教室、15:00~中級教室 のお稽古。 夏の抒情歌、雨の季節の抒情歌をお稽古。 夏は来ぬ、雨、などを。 「音の葉~室津・海風(城山如水作曲)」も。 「海風」は懐かしく爽やかな、ふるさとの夏の海を吹き渡る風の風情。 基本練習に「風の音・序(城山如 . . . 本文を読む
コメント