市街・野 それぞれ草

 802編よりタイトルを「収蔵庫編」から「それぞれ草」に変更。この社会とぼくという仮想の人物の料理した朝食です。

どくんごテント芝居「OUF」宮崎市公演

2014-11-19 | 演劇
公演当日。2014年11月14日(日曜)夜は雨という天気予報が出ていた。どくんご到着の14日金曜日は最低気温3度、真冬並みの寒波が来ると予報された。金曜日現在、直接売った券は、去年の半分に届いていなかった。雨に寒さ、観客は来るのかと、不安が膨れ上がってくる。それでも冷たい曇り空の下、KITEN広場にテントが設置されると、賑わいが生まれ、劇団員に混じりつつわれわれ4名も、高揚感が沸いてきだした。雨でなく曇りとなり、曇り空が寒気をゆるめ、無風となった。気温もゆるんできた。予感どおり出足があまり良くなかった。そして夜の暗闇が広場を覆いだしてきた。そのとき、暗闇からぞくぞくと来場者があらわれだしたのだ。午後5時半の開演時間を越えると、心配をよそに、またたく間にテントは、満席となり、臨時の席を舞台ぎりぎりに並べ、テントは、観客で沸きかえったのであった。昨年と同じことがおきた。新しい観客の来場であった。

 どくんごテント芝居公演は、1995年宮崎東口公演を受け入れて19年目にして、公演場所の安定的提供を受けられ、売券の労苦から開放される見込みができたようだ。探検地への道が出来たようなものである。リスクはつづくが、目標には近づける。この探検の冒険の意味はなんなのか、観客とテント劇団「どくんご」は、なにを冒険しているのであろうか。それは、生きる場所と自分についてである。つまりどう生きるかという共有点を課題としうるのではないかと、ぼくはこのごろ、思うようになってきていた。

 今回ほど終演後の観劇アンケートを読んでみたいと思ったことは無かった。今はまだその機会がない。なにが、観客にその若者たちに、生じた意識を知りたいのだ。そのことで、当ブログに先日紹介した森川弘子さんの「テント芝居を観に行こう!!」に沿って芝居と観客の接点を推し量ってみよう。前々回のブログでも言ったように、文章では表現するのが難しいどくんごテント芝居が再現されている。今もう一度みると、「こんなにおもしろいものが、まだまだあるんや!!」「あふれる魅力、パワーに圧倒された」の駒と「その名は劇団どくんご」の団員の似顔絵が駒の並んだ2駒に前に見落としたものを気づかされた。これは、芝居の面白さへの賞賛だけでなく、かれらの生き方にむけての賞賛であったのだと・・。このマンガの本質は、ここにあるのだと思えだした。まだこのように生きられる、このような楽しさが、破れかかった地球に咲いていると、この希望が彼女をゆすぶったのではなかったか。その後、彼女はテントの四国順延17日に同行、ブログにただ一言だけ、観に来てくださいとだけ、毎日書き綴った。この行為の純粋さに圧倒された。「いつでも楽しく 暮らしたい!」この連載マンガのタイトルである。現在、希望をもつことの意味は、消費という受身でなく、冒険であり、それこそが、楽しく暮らす意味であることを、どくんご芝居で語っているのだ。

 この生き方が、どくんごテント芝居が、観客を納得させる、実は内容なのだと、ばくはこのごろは思えるようになった。どくんごテント芝居には、われわれがいつのまにか忘れていた、脱ぎ捨ててかえりみなくなった生活衣装を、気づかせる。その最大のものの一つは恐れるなということである。消費社会という繭を目的もなく編み続ける安全な暮らし、この生き方を止め、繭の外に出て、裸の無防備の幼虫となる。自分で生きると嘯く。安寧の繭の外部に転がり出て、怯えるものに今日も立ち向かう。まさにドンキホーテ的幻想と行動に観客は哄笑しつつ、いっしゅんにして、自分の現実を見る目を与えられるのだ。実は繭の中こそ、繭を永遠につむぎ続ける暮らし方こそ幻想ではないかと、気づかされるのである。
 
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにが要因 ランパス | トップ | とある街角の物語 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL