市街・野 それぞれ草

 802編よりタイトルを「収蔵庫編」から「それぞれ草」に変更。この社会とぼくという仮想の人物の料理した朝食です。

テント劇団どくんご上演実行委員会

2009-07-31 | 演劇
 今日で7月が終る。あっという間に今年も猛暑の8月かあ。まさか、こんなに暑くなるとは、毎年経験しているのになってみないと分からないとは。いよいよ、テント劇公演の実行委員会を立ち上げねばならない。10日以内に委員会を開き、チケットを数百枚、チラシを数千枚配布する目標を具体化しなければならない。もし、実行委員になる人がいなければ、これを、3人でやらねばならない。

 それにしても上演場所を許可されたみやざき臨海公演の「多目的広場」はいい。ここに遊びにくるだけで解放される。だが、それをどうやって大衆に知らせるか、チケットをどうやって売っていくかこれから始まるわけである。

 テント劇上演では、テントを設営する場所さへ確保できれば、ほとんど仕事は終ったような気分になるのであるが、いざ、チラシやポスター、入場券がどさりと宅配便でとどくと、いよいよこれからだなと、ずしーんとくるのである。これからたくさんの人に会い、セールスをやっていかねばならぬ日がつづく。なんでや、それしか道がないからである。
 
 とにかく今日午後、山崎さんと会い、小林さんは仕事で日南に行くので、月曜からの展開を、8月3日月曜日に計画していくことにした。イオンの安いコーヒーショップで、軽食で話を煮詰めて、月曜に3人であい、おそらく携帯をかけまくって、委員となるような人をあつめなければならない。

 なんか、上演までの数ヶ月のこういうプロセスは、プラモデルを時間かけてくみ上げていくようなワークにどこか似ている。山崎さんは、この計画にかかったとき、これで年末まで遊べると、楽しげであった。あの言葉をときどき思い出して、にやりとしているのである。

 あそべること、これこそ、プラモデル製作の本質ではあるのだ。出来上がったからといって、世界になんの影響もあるわけではない。しかし、あそばせてもらいます。そう思うと、この猛暑も、近くに開店した、マクドナルドの、これまたお変わり自由の120円というクールコーヒーでたのしめるというもんだ。


 
ジャンル:
文化
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美々津町で大道芸人の祭り | トップ | テント劇団どくんごと全国公... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mk)
2009-08-03 11:57:57
どくんご楽しみにしてます。
チラシまきくらいならお手伝いできるかも。必要なら言ってください。

「これで年末まで遊べる」って、いいですね。映画祭もそんな感じに、するまでにはもうちょっと経験値が要りそうです(00ゞ
だんだん実現へ (shaigaiya)
2009-08-04 11:39:28
mkさん ありがとう。だんだん上演実現へ
進んでいます。やってみると、やはりおもしろいことではありますね。

 金曜日にクリニックの事務長室で実行委員会をスタートいたします。どうぞ、お暇なら顔をだしていだけると、望外の歓喜ですけど。でもいつでも結構です。チラシ、チケット持参いたします。ご連絡まっています。

コメントを投稿

演劇」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL