Welcome to Gallery SPACE M

アートと人を結ぶ“空間(space)”を作り出す画廊「ギャラリー・スペースM」のブログです。

ギャラリー・スペースMのご紹介

3011-02-13 01:59:26 | オーナーより


ギャラリー・スペースMは、群馬県前橋市にある画廊です


長 岡 知 展
2017年3月18日(土)~3月26日(日)※22日(水)休廊
10:00~18:00


■スタッフ・ブログ……スタッフが企画や作品のご紹介、講習会のご報告などをしています。
■オーナーのエッセイ……オーナーが日々感じたことをしたためております。



■ハルのページ……オーナーの愛猫“ハル”がつぶやいています。


この記事をはてなブックマークに追加

長岡 知 展 ーゆらぎー

2017-03-12 12:40:59 | 企画展のご案内



長 岡 知 展 ー ゆらぎ ー

2017年3月18日(土)〜26日(日) ※22日(水)休廊
10:00〜18:00


日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

この度、ご紹介させていただく長岡知(さとる)さんは群馬県甘楽郡甘楽町に生まれ、現在も在住されています。
非常勤講師として県内の高校を駆けめぐって頑張っていらっしゃる作家さんです。
思慮深く、豊富な知識をお持ちのお話好きの長岡さん。どこか懐かしさを感じさせ、詩情を漂わせる作風は長岡さんご本人そのものだと私は思います。

今回は蜜蝋を使った緻密な作品の発表です。

ちょうど店前にある公園の桜も咲く頃。是非、春風にのって遊びにお出かけ下さいませ。

2017年 春
ギャラリー・スペースM 吉田明子

この記事をはてなブックマークに追加

〜会津木綿展〜会場風景

2017-02-19 18:35:32 | 企画展のご案内
皆さまこんにちは。

寒いながらも、小さく春を感じ始めている今日この頃です。
まだまだ雪深い会津に想いを馳せながら、『会津木綿展』の会場風景をご紹介したいと思います。


バラエティ豊かな会津木綿作品が展示されています。

エプロンドレス(真ん中)はワンピースとしても着ていただけます。
柄選びに迷ってしまうミニトート(右)。トートバックは大きなものから小さなものまであります。
左に少し見えるのは、三年ズボン。
三段階にウエスト部分を調節して履いていただける、子ども用ズボンです。

人気の高いストール。右の正方形のものは風呂敷です。

可愛らしい小物類も豊富です。

どちらの作品も、会津木綿の独特な色合い、手触り、とても素晴らしいものです。
どうぞこの期間中、多くの方にお手に取っていただけるよう、お待ち申しあげております。
〜26日まで開催中。(22日休廊日)

吉田 明子



この記事をはてなブックマークに追加

〜会津木綿展〜

2017-02-10 10:40:14 | 企画展のご案内


会津木綿展

2017年2月16日(木)〜26日(日) ※22日(水)休廊
10:00〜17:00


皆さま、ご清祥のことと存じます。

この文を書きながら「会津は雪の中だろうな…」と思っています。
昨年初夏に会津を訪れた時は、青々とした空の下に涼やかな緑の風が吹きわたり、心地よい旅ができたものです。

会津木綿の老舗、原山織元さんが、近年2015年3月より「HARAPPA」として活動を始めたことを知り、会津木綿とより深く関わりたくて訪ねた念願の会津若松市と会津盆地巡りでした。
そして半年後、ようやく皆さまにご紹介出来ることになり、この度、企画展の開催となりました。

四国の伊予木綿が原点と言われる会津木綿は、徳川幕末の時代より会津若松市周辺の人々によって受け継がれて来た伝統織物です。
元々は野良着、仕事着として使用されていましたが、近年では日常着に重宝される布として普段使いに、またお洒落アイテムとしても人気が高まっています。

風通しが良く、味わいのある風合い。優しい手触り。それでいて洗濯の縮みも少ない丈夫さを持つ素晴らしい会津木綿。
ぜひ一度、お手に取って頂けたら幸いです。

ギャラリー・スペースM
吉田 明子

HARAPPAホームページ >> www.harappaaizu.com

この記事をはてなブックマークに追加

新年のご挨拶

2017-01-02 14:17:08 | ごあいさつ

新年 あけましておめでとうございます
平和で穏やかな一年でありますように。
本年も皆さまと共に、スペースMを盛り上げて行けますよう、宜しくお願い申し上げます。


さて、
新年は5日から、平井敦木工展を開催いたします。
少しだけ展示のご紹介をさせていただきます。

なお、新春の展覧会では毎回壁面に書家・藤原ジト氏の書「冠雪」を展示しておりましたが、今回は昨年12月4日にご逝去された正田壤先生の油絵の大作を展示いたします。
正田先生は自然が大好きでいらっしゃいました。
作品にも林、森、樹々が沢山描かれています。
そんな正田先生に敬意を表し、ご供養の意味を込めて、平井敦さんの許しを得た上で展示いたします。
ご来廊者の方々にも、正田先生の作品をご鑑賞いただき、お偲び頂きたいと願います。






平井さんの作品が装丁で使用されている、絲山秋子さんの『薄情』のサイン本も置かせていただいております。

お正月明けの気分転換に、暖かな木工作品をのんびり鑑賞して頂けたらと思います。

この記事をはてなブックマークに追加