イーダイブ スペシャルトリップ報告☆

ediveオペレートのインドネシア・コモドクルーズ、インド領アンダマン諸島クルーズのSPクルーズ報告!

コモドクルーズ2015(8月) 続き

2015-08-24 | 2015/8 コモドクルーズ

昨日に続き、コモドクルーズ【ワイド編】&【陸上編】を報告します。

いつ来ても本当にサンゴが元気で癒されます。


















コモドの大物と言えばマンタなんだけど、このクルーズでは
南エリアのマンタアレイと北エリアのタカマカサー2カ所の
マンタポイントを攻めます。

まずはクルーズ2日目にマンタアレイ。
情報では最近出てないらしいが。。。

水温23度、透明度8m、マンタは・・・・いませんでした~

濁った冷たいエリアはとっとと撤退し、温かい海へ
タカマカサーでは3日目、4日目と潜りいずれもマンタをGET!

水深10mよりも浅い光が差し込んだ根でマンタがずーーーっと
クリーニングしてた。
そのうちもう1枚、また1枚、さらにブラックも

こんなに流れのないタカマカサーでじっくりとマンタを見れたのは初めてでしたよ。



















今回は大型のロウニンアジがたむろするショットガンでも
2枚のマンタに会えましたよ~











キャッスルロック&クリスタルロックは相変わらず魚影が濃く最高!
クマザサハナムロの群れがロウニンアジやカスミアジのアタックで
さまざまな形に変わっていく様は圧巻です

















ラジャのように集まっていたイエロースイートリボン玉
水深は体に優しい25mほどでしたよ~






他にもサメやらカメ、ギンガメアジの群れやバラクーダのトルネードなんかも見れたよ~















クルーズ最後のダイビングはモヨ島のリトルエンジェルで
思いっきり癒されちゃいました。







このクルーズの見どころの一つでもあるコモドドラゴン。
コモド島とリンチャ島にそれぞれトレッキングコースがあり
今回はコモド島に上陸して約2時間のトレッキングコース







途中で鹿がいたり。。。



インコがいたり。。。



コモドドラゴンの子供が木の上にいたらしいけど。。。



朝から結構ハードです



もうすぐ山頂ってところにこんな標識が。。。



コモドドラゴンに注意? 
ちなみに下の英語はインドネシアで1番有名な電話会社です(笑)
ここでも携帯の電波が繋がるってことかな~




なんと山頂でコモドドラゴンがお出迎え?
こんなとこで見たの初めてだな~






山頂から見たマーメイド2号



お腹も減ってきたし、下山しましょう~



途中変な虫がいたり。。。



山に生息する野生のランがあったり。。。




そしてコースの終点地にはやっぱりいました
わざわざトレッキングはしなくても御覧のようにグダグダのやつが

みなさんポージングを決めて撮影大会が始まります(笑)










しかしやつはこんな感じです。






たまに元気な奴もいたりして




遠くないっすか~



と、思ったら近くまでやってきた




その日の夕方はリンチャ島の湾内で停泊することに
ディンギーでビーチに近づくと。。。







来るわ、来るわ、どこからともなくコモドドラゴンが集まってきました








船に戻るとちょうど太陽が水平線に沈みかけていて



撮影大会が始まります




今日も1日お疲れ様でした(^_^)




今回のクルーズではピンクビーチにも上陸







この赤いサンゴが砕けて砂と混じり合ってピンク色になるんですよ~



小高い丘からのナイスビュー







今回のクルーズで記念ダイブを迎えた皆様
おめでとうございます!
これからも素敵な海と仲間に出遭えますように~

そしてクルーズ中に誕生日を迎えたTさん、HAPPYな
1年でありますように~










下船前にみんなで記念撮影
最初はどうなることかと思ったけど、無事に終わって
みんなの笑顔が最高なクルーズでした。

いつも安全に楽しいクルーズを提供してくれるマーメイドのスタッフ達
本当にありがとう!

またいつかこのメンバーで潜りたいですね~

ってことで、来年2016年は8月(お盆)と9月(シルバーウィーク)に
チャーターを予定していますので、ぜひ!お集まりくださいね~





今回のクルーズで潜ったところ、歩いたところをGPSを使ってまっつぁん(Mr.松澤)が
MAPを作ってくれたので気になる方は下記リンクをクリックしてみてくださいね

https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&authuser=0&mid=zLqvfcIokBWw.kee_r2bbS-LQ





Photo by Mr.ALEX Mr.Yさん Ms.Yちゃん Mr.Iちゃん

Text & Photo by Shoji



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コモドクルーズ 2015(8月)

2015-08-22 | 2015/8 コモドクルーズ


今年も行ってきましたよ~
インドネシアの世界遺産!
コモドクルーズへ。

船はお馴染みの勝手知ったるマーメイド2号なんだけど。。。
今年は世界中で人気が高まってるのか?
すでに1年前から他に予約が入っていたため
FULLチャーターは出来ませんでしたが、13名のゲストと共に
Shojiが行ってきました。

出港日は空港閉鎖によるトラブルがありましたが
全員無事にそろって出港~



ロンボク島を通り過ぎ、午後には予定通りモヨ島へ。
Let's Diving !






今年のコモドクルーズは今まで行ったクルーズの中でもBEST3にはいるぐらい
大物、群れ、マクロと充実した内容でしたよ。
長年一緒に潜ってる現地ガイドのケトゥーやワヤンも【バグース】だったみたい。


ではでは、そんなバグースなクルーズ報告。
まずは【マクロ編】から。。。


今年は例年に比べて水温が低かったせいか?
それとも異常発生なのか?
やたらとカエルアンコウが多かったな~



ツマジロオコゼみたいに顔の正面に白線が入ったやつ。
エントリー前にワヤンがいるって言ってたけど、入って
速攻見つけてたよ、しかもナイトで。。。


















極小サイズシリーズは小指の爪ぐらいでめっちゃ可愛い~









超極小サイズは3~5ミリほど! なんでこんなん見つけられるんだ?





今回カエルアンコウに続いて多かったのがハダカハオコゼ
カラーバリエーションも豊富でしたよ















シーホースは3種類 デニス、バキバンティー、オオウミウマ?













人気の高いパイプフィッシュ系のニシキフウライウオ





幼魚かな~これだけ透明だと擬態する必要もないね(笑)



パイプフィッタシュ系の中でも珍しいハルメイダ?



ゴミじゃないよ~カミソリウオ





ジョーフィッシュも3種類 リングアイ、ゴールドスペック、オレンジ?









ハゼ類はあまり興味がないのか?
ほとんど紹介しないんだよね。。。

インドネシア産のアケボノハゼは日本で見られるやつと
同じ色合いで、生息深度は20m以深からみられたよ



ケトゥーが喜んで教えていたアカメハゼ



黒砂にいるタイプは体色も黒っぽいアカハチハゼ



こちらはタイでも見られるタイプのアカハチハゼ



シリウスベニハゼかな?





他にも色々見れたよ~

























続いては甲殻類(エビやカニ)&軟体類(イカやタコ)

こんな格好で歩いてる?泳いでるスタリーナイトオクトパスは
茹でられる前からご覧のように真っ赤かです~






擬態系タコ御三家のホワイトV








ナイトダイブでリクエストの多かったボブテイルスクイド







これは同じ種類(ピグミースクイド)のボトルテイルスクイド





コウイカの仲間でクリノイドカトルフィッシュはイカなのに
英名だとなぜか魚?






ナイトになると、どこからともなく大量に現れる海のカマキリ。。。
和名はワレカラ、英名はスケルトンシュリンプ



ワレカラと同じく端脚類に属するクラゲノミ亜目のタルマワシ
ナマコやホヤに寄生するなぜか人気のある便所虫のようなやつ。
肉眼ではほとんど点にしか見えないので、とりあえずガイドが
指してる方向をマクロモードで撮影して後で確認しましょう(笑)










マンタポイントで一人だけが発見&撮影してたタイガーシュリンプ
ワヤンも『え~いたの?ホントに?』って言ってました



他にも色々いました~















<imgsrc="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/12/70/30cc35f3339e4cccdbf1f42c30555d3a.jpg" border="0">


















この他にもいっぱいいたけど、あまりに長くなり過ぎるので今日はこの辺で。。。

続きは明日(ワイド&陸上)編をアップしますのでお楽しみに~



Photo by Mr.Yさん Ms.Yちゃん Mr.Iちゃん





















コメント
この記事をはてなブックマークに追加